VALUを、パワハラ被害者への総合社会支援(心理サポート、経済サポート)のツールとして確立させます。

検索

ユーザー ハッシュタグ

三國 雅洋:パワハラ解決コンサルタント

行政書士・コーチ・コンサルタント

現在値 0.009244BTC
時価総額 9.244120BTC
発行VA数 1000VA
1980年生まれ 福井県敦賀市在住
https://about.me/artofchallenge

中学2年生のときに10人の集団から、ほぼ毎日、嫌がらせを受けたことをきっかけに、心理学・法律に関心を持ち独学を始める。大学在学中に行政書士資格を取得。卒業後、事務所を開業し、いじめ・パワハラ問題に取り組む。

パワハラサバイバー(被害経験者)として、被害者を法律・心理・経済の3側面から、法務相談・コーチングセッション・副業コンサルティングなどを行い、伴走者として毎日サポート中。

現在のゴールは「他者の悪意・害意によって辛い、悲しい経験をした全ての人が、ハッピーに生きている世界を作り上げること」です。

また、「子ども食堂」に参加。「子ども食堂」前の「宿題しよう会」で、家庭教師・塾講師経験を活かして勉強を教えています。

【kindle著者ページ】
http://amzn.to/2vPyUA7

【YOUTUBEチャンネル】(2000本以上の動画)
https://goo.gl/Byl9Kk

【実施中のプロジェクト】
・パワハラ脱出副業・起業プロジェクト
http://pawahara.info/program-win-pwhr

・小規模非営利活動の広報無料コンサル
http://pawahara.info/no-more-pwhr-project

・パワハラ被害者が、Twitterを使って、匿名で相互に心理サポートするプロジェクト

・フリースクール『ワクノソト☆』
https://wakunosoto.amebaownd.com
三國 雅洋:パワハラ解決コンサルタント

現在、妻と運営するスクール『ワクノソト☆』の関係で、動きを進めています。

私がもともとパワハラ問題に取り組んだ理由は、パワハラが「いじめ」だからです。
行政書士として「いじめ」問題に取り組んでいた延長線上に、パワハラ問題がありました。

『ワクノソト☆』はむしろ、原点回帰に近いものがあります。

私の地元にもフリースクールはあります。
ただ、そこのゴールは”学校に戻すこと”です。

『ワクノソト☆』は、学校に戻そうとはしません。
学校に行きたくない児童・生徒を、学校に戻そうとする理由がわかりません。

学校に行かないことによる不利益は、たしかにあります。
保護者の方々が、学業や進路の点で心配されるのは、仕方のないことです。

ですから、それらの不安や不利益を解消するスクール運営を心掛けています。
もし興味を持っていただけたら、こちらにも目を通していただけると嬉しいです。

また、もしフリースクール関連のお仕事をされている方がいらっしゃったら、ぜひご連絡を取り合えたら嬉しいです。

https://wakunosoto.amebaownd.com

ワクノソト☆(フリースクール) 福井県敦賀市

オルタナティブスクール ワクノソトの公式サイトです。

ワクノソト☆(フリースクール) 福井県敦賀市
三國 雅洋:パワハラ解決コンサルタント

パワハラ問題は、経済問題に行きつきます。
退職したいけれど、経済的に退職する余裕がないことが主原因です。
転職した場合に、収入が下がることを考えると転職できないのです。

職場外で収入を得ることができれば、パワハラから逃れられます。

ベーシックインカムが導入されるのが、理想的です。
しかし、導入されるまで耐え続けるなんて無理です。
ハラスメントを6ヶ月も受け続けると、命に関わります。

退職・転職は難しく、続けることも難しい。
そうなると、「副業」が現実的な選択肢です。

もちろん、副業だけで生活できるレベルになるには、時間が必要です。
しかし、転職によって下がる部分を補てんすることは、それほど難しくはありません。
もちろん簡単ではありませんが、独立・起業を目指すよりは、はるかに簡単です。

パワハラを受けていて転職をしたいが、収入面の問題でそれができないなら、副業を始めましょう。
副業で定期収入が増えれば増えるほど、転職の選択肢の幅が広がります。

現状維持がもっとも安全そうに見えますが、もっとも危険です。
ハラスメントは着実に精神を蝕んでいきます。

独立・起業をいきなり目指す必要はありません。
また、いきなり退職をする必要もありません。
副業を行って、別の収入源を作りましょう。

その収入源が、あなたの転職先の幅を広げてくれます。
ぜひ副業に取り組んでみてください。

三國 雅洋:パワハラ解決コンサルタント

パワハラに限らず、ハラスメント加害者の行動を完璧に予測することはできません。
”こうすればこうなる”という因果関係を示すことはできません。

そのため、パワハラの完璧な処方箋を提示することは、残念ながらできないです。

だからこそ私たちは、できるかぎりのことをするしかありません。
自分が取り得るリスクの範囲内で、できることを実行に移すほかないのです。

だから、解決に向けて、できることをしているあなたは、それだけですばらしい。

あなたの行動が、どのように解決に役立つかは分かりません。
しかし、それが無駄になることはありません。

あなたができることをしていることは、それだけで価値があります。
そして、それはきっと後々も役に立ちます。

https://twitter.com/artof_challenge/status/988577630470291456

三國雅洋:パワハラ解決コンサルタント on Twitter

“加害者の行動を完璧に予測することができないため、パワハラの完璧な処方箋はありません。 私たちは、自分が取り得るリスクの範囲内で、できるかぎりのことをするしかありません。 だから、解...

Twitter
三國 雅洋:パワハラ解決コンサルタント

他者の評価は、確かに大切です。
そして、他者の評価はある程度はコントロールもできるため、完全に無視することもしにくいものです。
しかし、他者の評価は、単なる主観の1つに過ぎません。その意味で、あなたの自己評価と本来的には、重要性は変わりません。よく言えば、どちらも同じように重要であり、悪く言えばどちらも重要ではないのです。
もちろん、他者との関係においては他者からの評価は重要視せざるを得ません。他者との関係改善のためには、その人が自分をどう思っているかを注意せざるを得ないでしょう。
しかし、自分自身との関係において、他者の意見を重視する必要もないのです。他者から言われたネガティブな言動を、あなた自身の評価に反映させなくてもよいのです。あなたは他者との関係の必要に応じて、自分の言動を変えればよいだけで、自己評価を下げなくてもよいのです。
あなたはもっとご自身を高く評価してよいですし、ぜひそうしてほしいと思います。VALUという新しい仕組みに飛び込めるあなたは素晴らしいチャレンジ精神だと思いますし、きっとこれからもいろいろなことに挑戦されるのだと思っています。
リアルの場で、今、どのような扱いを受けていても、自己評価を下げないでくださいね。

三國 雅洋:パワハラ解決コンサルタント

私のゴールの1つは、パワハラ被害者が、被害経験をする前よりも、高い自己評価を持って過ごせるようにすることです。
パワハラは自己評価への攻撃です。他人から低く扱われ続ければ、誰だって自分の存在価値は低いと思うようになります。テストで赤点が続けば、「自分は頭が悪い」と思うようにです。
テストによって「自分は頭が悪い」と思い込むように、パワハラを受け続けると「自分は存在価値がない」「自分は無能だ」「自分は人間関
係がうまく行かない」と思い込みます。
このようなネガティブな思い込みは、パワハラ職場を逃れた後でも人生に悪影響を及ぼしてしまいます。再就職をするのが嫌になったり、ちょっとした失敗をすると「やっぱり私は何もできない」と思ったりしてしまうのです。
私が目指しているのは、こういう悪影響を取り除くことです。パワハラを受けても自己評価を下げずに、むしろ高い自己評価をもって、その後の生活をしてもらうことです。自分に非がある部分は自分で改善しつつも、自分の人格否定はせずに暮らしてもらうことです。「あの職場は、私には合わなかった」とただ判断して、未来に目を向けて行動を起こしてもらうことです。そして、これは実現可能なことです。
私はパワハラ被害者が、パワハラ被害によって、再就職が困難になっている例を何度も見ています。そのような相談者が頻繁に出てきます。過去のパワハラ被害経験が、未来にまで悪影響を及ぼしています。
過去の悪影響は取り除けるか、少なくとも未来を制限しないほどに弱めることは可能です。それは、精神科医や、カウンセラーの仕事となる部分もありますが、私達コーチの仕事でもあります。
自己評価が低いのは病気ではなく、異常でもありません。だからこそ、放置されがちです。しかし、自己評価が低いと未来に向けた行動を行い続けることができなくなります。
ですから、私はコーチとして、被害者の自己評価を高める働きかけを行いますし、それは被害者支援には必須であるとも思っています。
パワハラ被害者支援に自己評価を高める働きかけが必須であるという認識が広まってくれたらと思います。そして、自己評価の重要性について、もっと心理系の人々が理論的な背景をもって、発信してもらえたら嬉しいです。

三國 雅洋:パワハラ解決コンサルタント
VALUER 限定公開 VALUERになる
三國 雅洋:パワハラ解決コンサルタント

《己の欲せざる所は人に施す勿れ》(自分がしてほしくないことは、他人にしてはいけない)により、「他人が自分がしてきたことは、相手にとってそれはされても許容できること」だと判断していいのです。

もし、同じことを仕返しして、相手が怒るのであれば、それは相手があなたを対等な人間だとは思っていない証拠です。

このようなことを書くと、必ず「反撃が反撃を生み出すことになる」という反論が出てきます。

たしかに無視したり、放置したりして、それで解決するようなことであれば、耐えるほうがよいです。あえて紛争の火種を作る必要はありません。
しかし、耐えても攻撃を受けるのであれば、なぜ反撃が許されないのでしょうか?どちらにしても攻撃を受け続けるのであれば、攻撃がストップされる可能性がある反撃をするほうが合理的ではないでしょうか?

ただ、ハラスメントの被害者は「自分がしてほしくないことは、他人にしてはいけない」というルールを持っている人が多いです。簡単に言うと、「いい人」なんですね。そのため、他人を傷つけることになる言動を実行に移せなくなります。
そこで、冒頭に書いた考えを持ってほしいのです。相手が自分にしてきた行為は、その相手にとっては自分がされてもよいはずの行為です。たとえば、タメ口で話しかけてきたなら、タメ口で話し返してよいはずです。もしそれが許されないとしたら、あなたと相手は対等ではないということになります。

反撃を奨励しているわけではありません。しかし、反撃は許容されるべきものです。「気にするな」「大人げない」という言葉を投げかけるようなものではありません。
どんどん「しっぺ返し」をしていきましょう。それが「いい人」が生き残るために必要な戦略の1つです。

三國 雅洋:パワハラ解決コンサルタント

パワハラなどのハラスメント行為に、NO!というのは勇気がいります。
そして奪われたものを取り戻そうとすることは、不毛に感じやすいものです。
どれだけ労力と時間を費やしても、マイナスがゼロになるだけだと思うと、動けなくなります。

しかし、マイナスをゼロにしようとすることは、決して不毛なことではありません。
「勇気を出した」という経験が手に入り、「取り戻した」という経験が手に入るからです。
そして、その経験はまた誰か別の人から嫌がらせを受けたときに、自分を支えてくれます。
自己尊厳を保ち続けるための、根拠となります。
マイナスをゼロにしようとする行為の結果は、決してプラスマイナスゼロではないのです。

他者から見ればそれはマイナスをゼロにするだけの不毛な行動かもしれません。
しかし、あなたの中にはプラスの方向に進んだだけ、プラスなのです。

ですから、嫌がらせにただ耐えるようなことはしないでください。
あなたの尊厳を奪う言動に対してNOと言い、奪われた尊厳を取り戻すために動きましょう。

三國 雅洋:パワハラ解決コンサルタント

【Sarahahご回答】

労働局への相談は、解決に向けた布石にすぎません。
この「労働局に相談した事実」ことが大切なのです。
「労働局にも相談しました」と伝えた上で、内部で改めて相談をしてみてください。
私の経験上、50%の確率で担当者が動き出します。あなたが大学に勤めているのであればハラスメント担当者が、警察に勤めているのであれば観察室が、個人事業主のところに勤めているのであればその個人事業主の方が動き出します。

無意味となる行動はありません。
パワハラは、人権擁護委員にも相談が可能です。
もちろん、例によって相談したからといって動いてくれるわけではありません。
「相談した」という事実が大切なのです。
外部の相談機関に相談したと分かれば、組織内部は自分達の法的リスクを考えるようになります。
だからこそ、解決に向けた行動を取らざるを得なくなるのです。
そうやって、組織を動かしていく先に解決があります。

労働局への相談、人権擁護委員への相談などの外部機関への相談、同僚や上司などの内部への相談など、まだまだ行動できることはあります。
すでに同僚や上司に相談済みであっても、「外部機関に相談した事実」を伝えることで、また対応が変わってきます。
また、被害メモやボイスレコーダーでの録音をすることで、対応が変わることもあります。
大切なことは動き続けることです。
解決に向けた行動を取り続けてください。

http://pawahara.info/2018/02/20/3284

三國 雅洋:パワハラ解決コンサルタント

以前、簡単にツイッターでもご回答したのですが、より詳細にご回答します。

雪で今週中の仕事がキャンセルになったので、少し余裕がありますので(^_^;)

まず、日時の設定の主導権をこちらが持つように気をつけています。
次に、セッションを始めてから数分間は、信頼関係(ラポールの構築)を気を付けています。また、このときクライアントの表情の硬さ、声のトーン、リズム、目線の動きなども注意してみています。これは後半に向けて、違いをしっかりを把握するためです。

その後は、ゴールイメージを私が詳細にイメージすることを意識しています。できるだけ広い範囲に話を振ることも意識しています。この時に気を付けているのは、ラポールが崩れないようにすることです。また、クライアントがリラックスできるように誘導することにも気をつけています。また、表情なども気をつけています。対面でしているときは、特に足の動きに注意を向けています。

後半は、それまでに集めた情報を統合することを意識しています。その人のすべてのイメージが整合的になるように意識をしています。断片的な情報を集めて、1つの大きな情報の塊を作るイメージと言えばよいでしょうか。抽象度の階段を綺麗に整理して提示してみせることで、クライアントもすっきりします。これはまた、クライアントの私に対する信頼にもつながるので、最終的なイメージの提示の仕方は、できるだけインパクトがあるようには気を付けています。

言葉で書くとこのようなものになりますが、他にもいろいろと気をつけたり、意識していることはあります。営業ですが、受けていただくと体感していただけると思いますよ(^_^)

三國 雅洋:パワハラ解決コンサルタント

パワハラを受けていて、転職が難しいなら、副業・起業を始めましょう。

もちろん、転職活動は続けておく必要があります。
ただ転職サイトや、エージェントに登録しておくだけです。
これらの登録をしておいて損をすることはありません。

そして、ただ耐えるだけでは状況は改善しません。
パワハラは、耐えれば耐えるほど、エスカレートします。
無視をして状況が改善することはありません。
相談者の中には15年、パワハラを我慢してきた人もいました。
そして、そういう人がいうのは「この年齢では転職はできない」です。
このように思い込んでしまうと、何も行動ができなくなってしまいます。

経済的理由で退職ができないなら、経済的問題の解決に動くしかありません。
パワハラに耐えれば、パワハラはエスカレートします。そして、心身の状態が悪くなります。
年齢も上がっていくのですから、転職に対する自信も減っていきます。

転職が無理だと思うのであれば、副業・起業を始めましょう。
何もせずにただ耐えるのが一番よくありません。
解決に向けて動くことが、大切です。

動き続ける人が助かります。
動き続けましょう。

三國 雅洋:パワハラ解決コンサルタント

【与えよ。されど奪うのを許すな。】

パワハラなどの嫌がらせを受ける人には「いい人」が多いです。

人に与えることを喜びとして、積極的に与えようとします。
もちろんそこには、承認欲求があるのかもしれません。偽善があるのかもしれません。
それでも「奪う人」よりは、何倍も好ましいと思います。

しかし、「いい人=与える人」は「奪う人」と出会うと、大変です。
たとえば、連日連夜、深夜まで相談に付き合わされるようなことになります。
パワハラ被害者には、このような人は多いです。

与える人であってもほしいのですが、それだけでは「都合のいい人」になる可能性も高い。
そこで「奪う人」にだけ注意してほしいのです。
「与えよ」はそのままでいいので、「奪うのを許すな」を付け加えてほしい。
原則として与える行動を続けつつも、奪うのは拒否するのです。

これは具体的には交換条件を出すということです。
原則として与えつつ、あなたから奪おうとする人には交換条件を出すようにするだけです。
たとえば「30分相談に乗るから、30分乗って」と言えばいい。これは「シンク&リッスン」という学習ツールでもあります。

私は決して「いい人」ではないですが、それでもたくさんの「奪う人」にたくさん奪われてきました。「いい人」はもっとたくさん奪われているのだと思います。

与える人であってもよいので、奪うのを許さないでほしい。
これは切に願います。

三國 雅洋:パワハラ解決コンサルタント

会社に適合できない人を、社会不適合者と呼ぶのは間違っている。会社は社会ではない。

三國 雅洋:パワハラ解決コンサルタント

いじめ・嫌がらせは、嫉妬から生まれることが多々あります。

そして、もし嫉妬される要素があるなら、それこそがアピールポイントです。
そこはあなたの特出した部分であり、かつ、人々の感情を刺激する部分です。つまり、もっともアピールしやすいポイントなのです。たとえば「たいして働いていないのに、高い給料をもらっている」と陰口をたたかれるなら、その要素こそがあなたがアピールすべきポイントです。それは”驚異的に短時間で仕事を終わらせている”というあなたの能力の高さを表していますよね。

ここで大切となるのは、ただの”羨ましい”はアピールするポイントとしては弱いということです。「羨望」されるような要素は、たしかに自分の強みとなります。しかし、人々の感情を強く刺激するものではないために、アピールするポイントとしては弱いのです。私は月に100冊は本を読み、”すごいですね”とほめていただけますが、それはアピールポイントとしては少し弱いと思っていますので、それほど吹聴していません。

嫉妬されるぐらいのレベルがアピールするポイントとして、リアリティがあり、かつ人々の感情を刺激するものとして、ちょうどよいのです。

反対からいえば、いじめ・嫌がらせ経験から、自分が嫉妬され、妬まれた部分を取り出すことで、自分のアピールすべきポイントがわかります。そうすれば、自分のネガティブ経験も活きるじゃないですか。

ネガティブ経験をネガティブ経験のままで終わらせてほしくありません。自分のアピールポイントを見つけるきっかけにして、有効活用していただけたらうれしいです。

三國 雅洋:パワハラ解決コンサルタント
VALUER 限定公開 VALUERになる
三國 雅洋:パワハラ解決コンサルタント

クライアントからの信頼を深めるのに欠かせないこと|masahiro_mikuni|note(ノート)https://note.mu/masahiro_mikuni/n/n8f2bffa750ec