キーワードを入力

ユーザー ハッシュタグ
Shingo Ogaki
株式会社ギガスリート代表取締役
軟式野球リーグG-LEAGUEを設立し運営しているスタートアップです(G-LEAGUEとは世界初の相対レーティングによる完全ランキング方式の野球リーグです)
http://s.g-league.jp

野球情報サイトG-TIMES
http://g-times.jp/

野球動画紹介サイトG-MOMENT
http://g-moment.jp/

野球専用個人Q&AサイトG-ADViCE
http://g-advice.jp/

日米における、選手、エージェント、スカウト、球団運営、広報活動、地域振興など、現場レベルから経営レベルまで、できるだけ幅広い視野を心がけて、皆さんにスポーツビジネスに興味をもっていただけるように情報発信したいと思います(実は野球以上にコンピューティングの方が好きだったりするので、投稿はそっち関連の方が多いかもしれませんが、なるべくスポーツビジネス寄りを心がけたいと思います)

--私の経歴は以下です--
16歳で野球で渡米。当時はインターネットも携帯電話も普及しておらず、聡明期で情報がなかった中での手探りの毎日。プロ/アマを行ったり来たりの選手生活。

引退後:→情報システム系の担任教諭 →ERPソフトウェア開発→海外大学の高度ソフトウェア人材の現地採用 →株式会社ギガスリート設立

愛用するコンピューティング技術
-Haskell, Elm, Julia, Rust, NixOS, Neo4j

好きなもの
-アバンギャルドジャズ、オルタナティブジャズ、コンテンポラリーバレエ、認知科学、場の量子論
See More
VALUを売買する
Masaki Yoshida 3VA
Ryutaro Kato 3VA
Takero Fukunaga 2VA
新田賢吾 2VA
2VA
4023 2VA
なかめ・ぐろ 1VA
Takahiro Yanai@建築写真家 1VA
Nobuhiro Harada 1VA
maseda燻製士マセラティ 1VA
さいとうたくや@アニメーター 1VA
Yui Araki 1VA
入江千鶴 1VA
上田誠人@DeNAファン情報発信したいですよ 1VA
Shingo Ogaki

2018年は『記憶』を操れるようになることを目標に掲げたい。

人間にとって『記憶』というメカニズムは、今や我々を人間たらしめるほど最重要な機構であるにも関わらず、その起源は神経の とある特性 を流用して発達したものであり、不完全な機構である。

人は記憶で行動する。
人は記憶で欲求する。
人は記憶で判断する。
人は記憶によって生きている。
人は記憶を通して世界を見ている。

神経学的見地から記憶のメカニズムを理解しようとした2017年、そして2018年はそれを実用可能なものにしたい。

Shingo Ogaki

「ただ姿を現し、ゲームに参加し、人の行き交うところで遊べ。いろいろな人にそう伝えています。そうすれば、何か良いことが起きる。そもそも参加しなければ、何も起きません」

Shingo Ogaki

記事書きました

http://foreveryoung.pluralscareer.jp/2017/12/28/developers/

個人かチームか 〜開発者が”1人”と”2人以上”の違い〜

人数は少ない方がいい開発をし続ける場合、1人なのか2人以上なのかでは大きく状況は違うということについて。会社を興した当初は基本的に社内外向けのサービス(WEBサイトなども含む)を自分一...

Forever Young
Shingo Ogaki

弊社オリジナルの240ページのハードカバーノートを2週間ちょいで使い切るけれども、だいたいこんな感じにクタる。
左が新品、右が使い切ったもの。

Shingo Ogaki

記事書きました

http://foreveryoung.pluralscareer.jp/2017/12/28/willpower/

意志力を攻略するには『記憶』に集中せよ

意志力の重要性人間社会において最も重要な行為は『交渉』である。 そして人間の能力で最も尊ぶべき能力は『意志力』である。偉業を成し遂げる人物はこの二つを駆使している。 この二つのどちら...

Forever Young
Shingo Ogaki

なぜドーピングは禁止されるべきなのか

http://foreveryoung.pluralscareer.jp/2017/12/26/no_dope/

なぜドーピングは禁止されるべきなのか

スポーツにとっての重要な問題として、なぜドーピングは良くないのか、というものがある。一般的に認識されている点として『健康を害する』という側面であり、これは良く言われるものであり、今...

Forever Young