キーワードを入力

ユーザー ハッシュタグ
広瀬隆雄
Market Hack編集長です。新しい働き方、生き方、ライフスタイルなどに興味があります。大学卒業以来、かれこれ35年近くもボーダーレスな生き方をしてきました。よろしくおねがいします。 See More
VALUを売買する
松坂維大@ブロックチェーン&不動産 11VA
Ryuta Miyamoto 9VA
Mana 6VA
森橋 新祐 4VA
たけいじろう 3VA
藤居和也 3VA
藤野英人 2VA
シホウデン 2VA
Masaki Suzuki 1VA
Koji Ishii 1VA
Yuki Fuse 1VA
Masaki Higashiura 1VA
Takahiko Muramatsu 1VA
kaeru 1VA
Hiroki Saisho 1VA
Takeshi 1VA
鈴木 雄一朗 1VA
保井崇志 / フォトグラファー 1VA
Okura 1VA
芹澤 豊宏 1VA
広瀬隆雄

【2017年のVALUを振り返る④】
僕は当初から「VALUは株じゃない。投資ですらない」と主張してきたので、「割高、割安」を論じることは控えてきました。

でもこれだけVALUの価格が下がると、みんな自信喪失に陥っていると思うので、ひとことだけ言っておくと、みんなの価値は、こんなもんじゃありません!

およそヒト、モノ、カネなどの経営資源の中で、もっとも値打ちのあるものは人的資源です。また人的資源に値段をつけることが、もっとも難しいです。

日本人は「終身雇用+給与の横並び」という雇用慣習が長かったせいで、人的資源に値段をつけることがとっても不得手です。

でも僕が考えるに、いまVALUでついているみなさんの価格は、べらぼうに安すぎ!です(笑)

(自分の価値は、こんなものじゃない!)

それをまず自覚し、タイムラインの更新を怠らず努力すれば、いずれ価格は戻してきます。

広瀬隆雄

【2017年のVALUを振り返る③】
さて、「VALUが2018年にやるべきこと」ですが、それは次のことに尽きると思います:

「VALUをやっていて、こんなに楽しかった。嬉しい事があった。励みになった……そういうフツーのユーザーの反響を、VALU内だけでなく、広く外部に向けて発信する仕組みを作ること」

これはたとえて言えばアマゾン・レビューみたいなものです。満足しているユーザーが多いことが外部の人にもわかれば(やってみようかな)という人も増えると思います。

このためには、たとえばVALUのタイムラインに「フェイスブックでシェアする」とか「ツイッターでシェアする」ボタンを設けるのも一案だとおもいます。


広瀬隆雄

【2017年のVALUを振り返る②】
言い直します。有名人だけに有利な仕組みなら、VALUの存在意義は大いに薄まるということ。
だから僕は当初からインフルエンサーにおもねるようなBUZZの作り方とかには大反対でしたし、「腕力相場」みたいな展開にも萎えたし、そういう有名人のVALUには、一切、手を出しませんでした。だからそれらのインフルエンサーのVALUが大暴落した局面でも無傷でした。

僕が好きな言葉は「草の根」です。
なぜならIPOの仕事を長くやった経験から「草の根の支持」をはぐくむことの重要さを痛感しているからです。それはVALUでもいっしょだと思います。

広瀬隆雄

【2017年のVALUを振り返る①】
年末なので今年のVALUを振り返る記事を書きます(笑)
まず僕は今年のVALU全体の動き方に、かなり満足しています。
もちろん、いまはVALU全体が閑散としているし、価格もずいぶん下がりました。
でもそれらは長い目で見れば、ちっとも悪い事ではないんですね。
僕が懸念していたことはVALUが鉄火場のような投機の舞台になり、怪しい連中ばかりが跋扈する、おっかない処に成り下がるんじゃないか?ということでした。幸いにも、これは起きませんでした。
いまVALUで着実に値を切り上げているのは、有名人やインフルエンサーではなく、まめにタイムラインを更新している、フツーのひとたちです。

これが最も重要な「収穫」だと思います。

広瀬隆雄

【ビットコインの話⑤】
誰かが計画したわけでもないのに、自然に頭打ちになるときがくる……これは新製品や新サービスのライフサイクル研究の根幹を成す概念です。限界があることは残念であると同時に素晴らしいことです。なぜなら、それは希少性を生むから。ビットコインのイシュー・スケジュールには、このような希少性が始めからビルトインされているため、おのずと希少価値を生みやすいです。これはドルや円とはぜんぜん違うスタンスです。

広瀬隆雄

【ビットコインの話④】
もうひとつ、経済学での成長カーブの例を出しましょう。下は鉄道ブームの頃の米国の鉄道の路線の総延長のチャートです。
出典:「CYCLES」Edward R. Dewey and Edwin F. Dakin

広瀬隆雄

【ビットコインの話③】
実は、同じようなカーブは自然科学だけでなく経済学でも存在します。下は米国の粗鋼生産。
出典:「CYCLES」Edward R. Dewey and Edwin F. Dakin

広瀬隆雄

【ビットコインの話②】
なぜか? それは自然科学では、個体の成長速度には同じような自律作用が働くからです。それが壊れるとガリバーみたいな巨人が出来てしまいます(笑) 下は白ネズミの体重。
出典:「CYCLES」Edward R. Dewey and Edwin F. Darkin