世界中の人たちが笑いながら自由に生きられる世の中に!

検索

ユーザー ハッシュタグ

中村 幸也

作家

現在値 0.001000BTC
時価総額 10.000000BTC
発行VA数 10000VA
妻と四人の子どもたちを連れて、大阪から沖縄に移住してきたパパで本なんかも出しています‼️http://amzn.to/1lmkfGZ
「必要な言葉は必要な時に必要な人へと届く」を信条に、七年以上毎日欠かさず、ブログを書いている言葉の伝道師です📝

レターポットで「幸せレター」贈っています📪 https://letterpot.otogimachi.jp/users/7693
中村 幸也

‪沖縄のソウルフード「タコライス」美味い!妻の手作り。タコは入ってないよ🐙‬

中村 幸也

【人生を変える方法は三つ】
 
人生を変える方法は三つしかない。
 
一つは時間配分を変える、
二つ目は住む場所を変える、
三つ目は付き合う人を変える、
この三つの要素でしか人間は変わらない。
 
もっとも無意味なのは、
「決意を新たにする」ことだ。
 
かつて決意して何か変わっただろうか。
 
行動を具体的に変えない限り、
決意だけでは何も変わらない。
 
 
これは経営コンサルタント大前研一さんの言葉だ。
 
 
今までと同じ時間の過ごし方をしていては、
人生を変えることはできない。
 
だから人生を変えたいと思うのなら、
この三つを変えるのが効果的だ。
 
たとえば、住む場所を変える。
 
住む場所が変われば目線も変わり、
新しく発見できる事がたくさんある。
 
新しい街の風景、新しく歩く道、
初めて会う隣人や初めていく店。
 
 
すべてが新鮮で刺激も貰える。
 
 
しかし住む場所を変えるとなると、
それなりのエネルギーも必要だ。
 
僕みたいに大阪から沖縄に
妻と子ども四人を連れて引っ越すとなると、
かなりのエネルギーがいる。
 
でもそこでパワーを発揮できなければ、
そもそも他の事もできないのではないか?
 
 
人は年齢を重ねるごとに体力も低下する。
 
 
これからの自分の中で最も若いのは、
まちがいなく「今」だ
 
最も若い「今」できないことが、
体力が低下してからできるはずがない。
 
よく「老後は●●に引っ越して~」
なんて言う人がいるけど、
今、自分の人生を変えるエネルギーを発揮しない人が、
老後になってから何ができるのだろう?
 
 
だから大切なのは「今」この瞬間なのである。
 
 
さらに引っ越すとなると自分にとって何が必要で
何が不要かを考えるきっかけになる。
 
自分がいかに余計なものに
時間やエネルギーを使っていたかよくわかるから、
強制的に断捨離できるのだ。
 
無駄なものに時間を費やすことがなくなると、
時間配分も変えられる。
 
現状を維持する為に使っていた時間を減らし、
自分のやりたいことを達成する為に
時間を使うようにすればいい。
 
 
環境を変えれば思考の習慣も変わる。
 
 
もし人生を変えたいのなら、
決意を新たにするのではなく、
三つの方法を試してみよう。
 
自分で自分にいる環境を変えて創っていけば、
人生も大きく変わってくるから。
 

中村 幸也

今日は「海の日」という事で、家族で沖縄県東海岸にあるクリード西原マリンパークへ。実は東海岸に来るのは初めて!沖縄本島の海というと、リゾートホテルが立ち並ぶ西海岸エリアに注目が集まりがちだが、逆側の東海岸もやっぱりキレイ!今日は泳がずに海岸と西原きらきらビーチを散歩して、おやつは妻の手作りのサーターアンダギー。子どもたちはケブカガニを見つけて大はしゃぎ(^^)

中村 幸也

‪先日パソコンがぶっ壊れて修理に四万円以上かかると言われ難儀していた所、母が大阪からノートパソコンを送ってくれた。メッチャ助かるし、メッチャ有り難い!いい本書くぞー‼️‬

中村 幸也

【人生は思ったとおりに進んでいく】
 
誰もが自分の思ったとおりの世界に住み、
自分が思ったとおりの人生を歩んでいる。
 
「思ったとおりになっていない」と言う人は、
「思ったとおりにならない」と思っている。
 
だから、思ったとおりのことが、
実現していると言えるのだ。
 
 
そう、「人生は思ったとおり」に進んでいく。
 
 
あなたが思うことは、
あなたの人生に大きな影響を与える。
 
「私はこんな人生望んでいない」
 
そう言う人も実はそう思っているからこそ、
その人生を歩んでいるのだ。
 
すべて自分の内側から生まれ、
外側に現れている。
 
 
これは言葉も同じだ。
 
 
どれだけ 恵まれた環境で育っても、
自分の不幸の部分ばかりにフォーカスして、
「私は不幸だ」という人はやっぱり不幸だ。
 
「つまらない。つまらない」と言う人は、
つまらなそうな人生を歩んでいるし、
「疲れた」が口癖の人は疲れた顔をしている。
 
マザーテレサはこう言った。
 
「思考に気をつけなさい。
それはいつか言葉になるから」と。
 
言葉は行動になり、行動は習慣になり、
習慣は性格になり、性格は運命になる。
 
 
だからまずは自分がどう思うかだ!
 
 
「思考」は凄い力であり、
やがて「思考」は「現実」になる。
 
時にはマイナス思考になり、
暗い気分になる時もあるかもしれない。
 
そんな時は「今の取り消しー!」っ て、
メンタルリセットすればいいだけだ。
 
 
過去の思考は過去のもの。
 
 
だから過去の思考に囚われないで、
今のあなたの思いを優先しよう。
 
あなたは思ったとおりの人生を歩んでいく。
だとしたら今、何を思う?
 

中村 幸也

えー!昨日の沖縄花火大会にミスチル来てたのか?行けばよかった!あー、ミスったー!

中村 幸也

人間というのは、自分に理解できない事柄はなんでも否定しようとするものだ。しかし否定し続けている限りは永遠に理解できないままだろう。

中村 幸也

子どもたちが沖縄の国際通りをぶらつきました!
https://youtu.be/gAwojtztWhY

【沖縄国際通り】うちなーYouTuber天才ゆたぼん兄妹の街ブラ!

「うちなーYouTuber」のゆたぼん、ゆぅゆ、 みーちゃん、ここさまです✿✿✿ 今日は沖縄国際通りをぶらつきましたー(^^) ブログもやってます(^^)↓ https://ameblo.jp/yymk-happy ゆたぼんがツイッ...

YouTube
中村 幸也

【沖縄は大阪より涼しい避暑地】
 
今日は全国の広い範囲で気温が上昇し、
今後も猛暑日が続く見込みだそうだ。
 
しかし、ここ沖縄は超涼しい。
 
沖縄に引っ越して来る前は、沖縄っていうと
かなり暑いイメージがあった。
 
でも、天気予報を見比べてもわかるように、
僕が以前住んでいた大阪府枚方市の方が、
今、住んでいる沖縄県宜野湾市より
かなり気温が高い!
 
沖縄はアスファルトの照り返しが少なく、
風も強いから気温がそんなに上がらない。
 
35度以上になる事なんてそうそうないから、
沖縄は避暑地と言っても過言ではない。
 
それと、これは僕の住んでいる家が4階で、
風通しが良いっていうのもあるが、
家ではまだエアコンなしで過ごしている。
 
窓を開けて寝ていても、
少し肌寒く感じる時があるくらいで、
扇風機も消す事がある。
 
 
もちろん、紫外線は半端ないけどね!
 
 
それと沖縄では西陽がかなり強くて、
すごく明るい!
 
まだ17時くらいかな?って思ったら、
19時過ぎてたりする。
 
こんなふうに実際に引っ越してきて体験し、
自分で何かを発見したりできる事って、
僕の中では凄く価値ある事だと思う。
 
色んな体験をした方が学べる事も多いし、
人生も味わい深くなる気がするし。
 
 
だから、これからも僕の冒険は続くだろう。
 
 
沖縄に住みたくて沖縄に移住してきたけど、
永住するとは限らないし、
もしかしたら数年後は北海道とか、
全然違う国とかに住んでいるかもしれない笑
 
って、まぁ先の事を考えても仕方ないし、
今この瞬間を楽しみながら、
過ごしていきたいと思う(^^)
 

中村 幸也

【沖縄に移住して今日で1ヶ月】
 
大阪から沖縄に引っ越してきて、
今日でちょうど1ヶ月。
 
引っ越しまではバタバタが続いたが、
沖縄に来てからはなんだかゆっくりと
時間が流れている感じがしている。
 
だけど、なんだかんだと、
あっという間に1ヶ月が過ぎた笑
 
 
沖縄移住は随分と思いきった決断だった。
 
 
沖縄には知り合いもいないし、
金もコネも何もない。
 
あったのは、ただ「沖縄に住みたい」という
思いだけ!
 
無茶でもなんでもとにかくやらなきゃ、
後悔してしまうかもしれない。
 
人はやった事に対しては後悔せず、
「やっておけば良かった」って事に後悔する
ってよく聞く言葉だと思うけど、
それと一緒。
 
「オレも昔は沖縄に引っ越そうと
思っていたんだけど・・・」みたいな
会話をする未来の自分を想像した時、
そんなジジイになるのが嫌だったんだ。
 
 
だから、「今しかないな!」って。
 
 
今を逃したら次の今なんて、
いつ訪れるかもわからない。
 
それに同じように後悔するにしても、
沖縄に引っ越さないで後悔するより、
沖縄に引っ越して後悔する方が断然いい。
 
だからとにかく沖縄に引っ越して、
それからの事はそれから考えよう!って笑
 
もちろん、不安が全くないわけじゃないし、
先の事なんてわからない。
 
でもどうせ先の事はわからないんだから、
自分で楽しむって決めて楽しめばいいんだ。
 
 
世界ってのは本当は凄く広い。
 
 
でも狭い世界で生きている人は
自分で自分の世界を狭めてしまっている。
 
同じ時間に起きて、同じ道を通って
同じ職場に行き、同じ食事を食べて、
同じ時間に帰宅して、
昨日と同じように今日を過ごす。
 
もちろん、本人がそれが一番幸せって
いうならいいんだけど、
実際はそれしか知らないってケースが
多いんじゃないかな?
 
だからいろんな所に住んで、
色んな生き方をして、その上で
自分が最高だって思える場所で
最高な生き方をした方がいいじゃん。
 
ひとつしか生き方がないわけじゃないし、
自分の生き方は自分で決めていいのだから。
 
 
自分で世界を狭めずに、
自分で世界を広げていこう(^^)
 

中村 幸也

さっき家の近くのコンビニATMでお金をおろしに行ったら、二千円札が三枚出てきた!大阪に住んでいる時はまったく見かけなくなっていたけど、さすが沖縄の「守礼門」を描いているだけあって、沖縄ではまだまだ流通してるんだなぁ(^^)

中村 幸也

【生きているだけで丸儲けやんけ!】
 
生きていると苦しい思いをしたり、
落ち込む事だってあるものだ。
 
何か大きな壁に突き当たり、
凹んでしまう時だってあるだろう。
 
でも苦しい思いをしたり、
落ち込んで凹んでしまったとしても、
そこで人生が終わるとは限らない。
 
凹むだけ凹んだら上手に立ち直り、
それを踏み台にして超えていく事で、
タフな精神力がついてくる。
 
そう、それはまるで踏みつけられる度に
強くなる雑草のように!
 
 
雑草は踏みつけられる程、強くなる。
 
 
人間だって一度や二度踏みつけられた方が、
強くなっているものだ。
 
強い人は何かしらの過去を乗り越えながら、
同時に立ち直る術も身につけている。
 
それはきっとあなたも同じはずだ。
 
今日まで生きてきたすべての人が、
それぞれの過去を乗り越えて今を生きてる。
 
 
だからそんな時間も無駄じゃない。
 
 
なぜなら、
苦しい思いや落ち込む事があった方が
人生により味わいが増すし、
幸せを感じる事だって出来るからだ。
 
だから時には凹む経験を味わって、
「これも成長する為の糧だ」と考えよう!
 
雑草が踏みつけられて強くなるように、
人間も踏まれて踏まえて、
強くなることが出来るはずだから。
 
凹んでもいいし、弱音を吐いてもいい。
落ち込む時は落ち込んで泣き叫べばいい。
 
 
でも、いつかは笑って歩き出そうぜ。
 
 
どうせいつかは終わるこの人生、
生きているだけで丸儲けやんけ!
 

中村 幸也

沖縄県宜野湾市にある米軍基地で行われたフェスティバル「普天間フライトラインフェス」での様子をYouTubeにアップしました(^^)
https://youtu.be/HUwo8ijzwss

【沖縄米軍基地】普天間フライトラインフェアでセキュリティーチェックされて・・・

「うちなーYouTuber」の ゆたぼん、ゆぅゆ、みーちゃん、ここさまです✿✿✿ 沖縄県宜野湾市にある米軍基地「普天間基地」で開催された 「普天間フライトラインフェス」に行ってきました。 ブログ...

YouTube
中村 幸也

【リスクを考えずにその時に考える】
 
何かやりたい事があるのに、
なかなか行動できなかったり、
どこか行きたい所があるのに、
躊躇してしまうって人は意外と多い。
 
「本当はこういう事に挑戦したい」とか、
「本当はこういう所に住みたい」
って思いながらも、
何かと理由をつけてやらないでいる。
 
もちろん、僕にもそういう所はあるし、
その気持ちもわからなくはない。
 
ではなぜ多くの人がやらないのかというと、
それは「リスク」を恐れてしまうからだ。
 
人はリスクを考えると何もできなくなり、
現状維持に徹してしまう。
 
しかし真のリスクというものは、
リスクのない生活に潜んでいる。
 
その場に留まり続けるという事は、
同じ状態でい続ける事ではなく、
「劣化していく」と言えるのだ。
 
なぜなら、「何もしない」という事は、
得られるはずだった貴重な経験や人脈を、
放棄する事になるから。
 
 
だから、安定を求めるのはリスクになる。
 
 
もちろん、そのままでいたいというなら、
そのままでいてもいい。
 
だけどもしあなたがやりたい事があったり、
何かに挑戦したいと考えているのなら、
リスクの事は考えずに進もう。
 
本当のリスクは何かする事にあるんじゃなくて、何もしない事にあるのだから。
 
何かをしたら何かが起こるかもしれない。
 
でも、起こったら起こったらで、
その時に考えればいいじゃん!
 
 
僕はそんな感じで沖縄に引っ越してきた。
 
 
一度きりの人生だから後悔したくないし、
住みたい所に住んで、やりたい事をやって、
行きたい所に行って自由に生きたいから。
 
それにどんな事でもリスクはつきまとうし、
リスクを取らない事自体が、
そのままリスクになる。
 
だから変化を恐れずに思うがままに、
自分の人生の扉を開こう。
 
あなたの心はあなたが自由に生きる人生を、
求めているはずだから。
 

中村 幸也

【すべてがちょうどいい】
 
自分の身に起こるすべての事は、
自分にとって必要だからこそ起こる。
 
だから起きた出来事の中から何を学び、
いかに自分の成長に繋がるかが、大切だ。
 
お釈迦さまの言葉でこのような言葉がある。
「すべてがあなたにちょうどいい」だ。
 
今のあなたに今の夫がちょうどいい。
今のあなたに今の妻がちょうどいい。
 
今のあなたに今の子どもがちょうどいい。
今のあなたに今の親がちょうどいい。
今のあなたに今の兄弟がちょうどいい。
 
今のあなたに今の友人がちょうどいい。
今のあなたに今の仕事がちょうどいい。
 
死ぬ日もあなたにちょうどいい。
すべてがあなたにちょうどいい。
 
 
それは誰のせいでもない!
 
 
すべての出来事は必要だからこそ起こる。
だから自分がすべてを決めているのだ。
 
起きた出来事に対してどう捉えるかは、
すべて自分自身で選択している事で、
あなたがすべて決めているのだ。
 
ある人は困難に遭遇してもなお
幸せを更新していくのに対して、
ある人は恵まれた環境の中で不幸になる。
 
困難の中でも新たな幸せを見い出せる人は、
物事のプラスの面を探し出せる人だ。
 
しかし恵まれた環境の中にいるのに、
不幸になる人もいる。
 
そういう人は持っている物への感謝を忘れ、
「もっともっと」言って求め続ける。
 
 
あなたを取り巻く環境は、
今のあなたにちょうどいいものだ。
 
だから環境を変えたいなら、
あなたの内面から変えればいい。
 
そのままで満足しているなら、
そのままの今を楽しめばいいだけだ。
 
あなたに起こる出来事や
あなたの周囲の人に、
不満を言ったりしても意味がない。
 
だってそれらはすべて、
今のあなたに「ちょうどいい」のだから。
 
誰かの悪口や不平不満ばかり口にする人は、
実は全部、自分を暴露しているにすぎない。
 
すべてをあなたが決めているのだから、
すべてがあなたにちょうどいいのだ。
 
 
だから自分の心に目を向けよう。
 
 
僕たちは幸せに生きる事だって出来るし、
自ら不幸になる事だって出来るのだから。
 

中村 幸也

動画では伝わりにくいけど、台風8号の影響で風が唸っている。警報は出ておらず、子どもたちも無事学校から帰ってきたが、先島諸島が心配だ。