AI技術を活かしたコンパクトなホスピタルを目指す!

検索

ユーザー ハッシュタグ

永江 航

医療法人永江内科 医師

現在値 0.001950BTC
時価総額 5.850000BTC
発行VA数 3000VA
医療法人永江内科小児科医院(佐賀市)をしております。専門は総合診療部(ドクターGの類)です。全人的に患者様を治療することを年中考えています。将来はAI技術を生かしたコンパクトなホスピタルを目指しています。新たな医療デバイスなども積極的に使用してより良い医療を提供できるようしております。そしてもう一つが「医者嫌い」の方を少なくしたい!と思っています。医者のイメージを変えられるように頑張ります!いつでも何でも困ったことがあれば、ご相談ください。既婚、心身ともに健康です。趣味はサッカーとサッカー観戦です。サガン鳥栖の大ファンで、ファン歴18年の中堅どころです。あと、食べ歩きも好きです。てきとーに自分のセンサーだけで食べるお店は決める派です。競馬も20年以上見てきて、勝つ馬や構想する馬は少しわかります。(ここ10年は7勝3敗です)では、よろしくお願いします!

はじめは、ツイッターのメールやFACEBOOKのメッセンジャーでアクセスしていただけると助かります!

追記:
【これからの日本をどうするかについての個人的見解!!】

私は、経済の専門家でもありませんし、AI技術には全く詳しくありません。
ですので、そんな何もわかってない人間の戯言だと思って読んでください。

今の世界情勢から考えて、近い将来起こりうることは
①大量生産が可能なハードウェアは、中国をはじめとした新興国に需要が集中し、その分日本人の雇用が少なくなる
②AI技術の発展で、肉体労働者、知的労働者のほとんどすべてが必要なくなる可能性がある。
③日本は少子高齢化から人口減少の流れとなる(技術の進歩で不老不死を手に入れているかもしれませんが(^_^;))。全体的な国力が落ちる。

そうなると、なにか高い値段を払ってでも購入したいユニークなサービスやモノ、ソフトウェア、そしてそれを「つくる」人の需要が残っていくはずです。今のamazonやfacebookを見ればおわかりです。それで今、アメリカ(正確に言うとシリコンバレーでしょうか?)は繁栄しています。これらのサービスは、極論をいうと衣食住には必要のないものばかりです。日本もベーシックインカムを制度化し、できたみんなの「ひま」な時間で新しいものを創造する国になった方が戦略的だと思うのです。もちろん、今まで通り働きたい人はどんどん働いてもらって結構、私はのんびりした生活がいいという人はベーシックインカムでやりくりできる社会。素晴らしいと思いませんか?

そこで、ひろゆきこと西村博之さんが考えたベーシックインカム案というものがあります。
☆概要
支給額:月額7万円想定(※18歳未満は3割)
☆必要予算
93.76兆円
(日本人人口1億2502万人、0~17歳 1915万人×25.2万円、18歳~ 1億0587万人×84万円)
☆財源
医療費全員3割負担 16兆円
生活保護費カット 4兆円
相続税1.5倍 3兆円 1兆円増
厚生年金と国民年金の支給額をベーシックインカムと同額にする 20.1兆円
 (↑BI月額8万円の場合は15.2兆円に減るため注意)
固定資産税5.6% 25.5兆円
解雇規制を無くすことで法人税10.8兆円(2015年度)から倍に 10.8兆円増
たばこを1320円にすることで 6.45兆円 4.3兆円増
パチンコ税35% 6.3兆円
現在の予算 88兆円
その他の財源候補
・ペットショップ税
・投資益を分離課税(20%固定)から、他の所得と合算しての累進課税に(ただし額の算出が難しく、年によって変動が激しい)
・富裕税(一定以上の資産に対する課税。ただし資産の把握が困難で実現(復活)は難しい)
・消費増税、国債や政府紙幣(とりあえずこれらは使わない方向で検討中)
☆給付対象
・日本国籍所持者

色んな団体からの圧力が凄まじそうですが、これはとても良い案だと思います。
永江 航

【備忘録】

・適度な距離感を持つこと。
・派閥は作らないこと。
・相手へのリスペクトを常にもつこと。
・決して感情的にならないこと。
・みんなと仲良くなれるわけないと自覚すること。
・地域で集まりすぎないこと。
・お金に執着しすぎないこと。
・自分の限界を知ること
・自分のできることを淡々とすること。
・過剰なアピールは要らないこと。
・投稿がストレスにならないこと。
・誤解があったときにはきちんと冷静にお話しすること
・話が通じない人は距離を遠くに置くこと
                      etc..

偉そうに書いてますが、自分がほとんどできてないので戒めのために書きました。

永江 航

今日は休日当番医!

本当はゆっくりしたいですが・・

今日も頑VALU!(ごめんなさい、完全にパクりです(^^;)

永江 航

ある方から私に紹介され、強い衝撃を受けたこのYOUTUBEの動画。

正直、○○坂とか○○48とかまったく興味はないのだけど、
歌詞にはまさにVALUの世界観に通じる部分があり、認めたくないのだけどクオリティがすごく高い。

この伊藤万理華という方は、両親がファッションデザイナーで、小さいころからバレーを習っていたという。

よって、スタイリングもすごく上手だし、踊りも独特で彼女の可愛らしさとともに独特の魅力を放っている。

全く応援したいとは思わないが、要チェックしたいし、正直言うと軽く魅了されてしまった。

でもね、、でもね、、

もしも、この子がこんな顔じゃなくて、頭の大きさが1.5倍くらいあったらすくなくともアイドルにはなれていないし、よってこんなyoutubeも絶対に存在していない。いいところ、スタイリストの卵や表現者の端くれくらいだと思う。現実はそう甘くない。それくらいは素人でもわかる。

だが、"if"を取り除くと、客観的にはめちゃくちゃ羨ましい立場だと思うし、とても幸せなのかもしれない。

だけど、実際は本人に聞いてみないとわからない。なぜなら、残酷なことに「幸せ」はあくまで主観だし、個人的には「欠乏」のない環境における「慣れ」は人間の精神を悪い意味で麻痺させるし、結局のところ、「幸せ」は脳内のホルモンや神経伝達物質のバランスで決まると思っているから。

と、こんな妄想を深夜にしてみた。久しぶり暇人な私でした。

でも、こんな素晴らしい動画を紹介してくださった方に少なくとも「ありがとう」とは伝えたい。

https://www.youtube.com/watch?v=3HV5I2OCbjw&list=RD3HV5I2OCbjw&start_radio=1

伊藤万理華 『はじまりか、』

元乃木坂46メンバー・伊藤万理華の個展「伊藤万理華の脳内博覧会」にて使用された『はじまりか、』を公開!! http://www.nogizaka46.com/

YouTube
永江 航

★ヒトの脳は「脂質+糖質」を好むようにできている!!

ヒトの脳は、本能的に脂質と糖質の組み合わせを好むようにできている可能性のあることが、米イェール大学の研究で示唆されました。

この研究では、脂質あるいは糖質のいずれかを多く含む食品よりも、ファストフードや加工食品などの両方を含んだ食品の方が、脳内の報酬系のシグナル伝達を増強することが明らかになったといいます。

これまでの研究で、食欲を司る脳領域に空腹感や満腹感を伝えるシグナルは、主に腸管から伝達されることが分かっていました。

一方、最近の研究では、脂質を摂取したときと糖質を摂取したときでは、異なるシグナル伝達経路が使われることも示されています。

こうした結果を踏まえ、研究グループは、脂質と糖質の両方を含む食品を摂取すると、カロリーは同じだが一方だけを含む食品を摂取するよりも、相乗作用によってシグナル伝達系への影響が強まる可能性があると考え、今回の研究を実施しました。

研究では、健康なボランティアを対象に
(1)キャンディーなどの糖質を多く含む食品
(2)ミートボールやチーズなどの脂質を多く含む食品
(3)クッキーやケーキなどの糖質と脂質の両方を多く含む食品
のいずれかの写真を見てもらい、MRIによる脳画像検査を実施しました。
なお、対象者には、オークションで競り落とせば自分が好きなものを食べることができると説明しています。

その結果、脂質+糖質を多く含む食品に対して最も高額な値が付けられました。また、脳画像検査の結果、脂質+糖質を多く含む食品の写真を見せられた際に、自分の好きな食べ物や、より甘い食品やより高カロリーな食品、量が多い食品の写真を見せられたときよりも、報酬系を司る脳領域の神経回路が活性化していた事がわかりました。

この結果について追記すべき点は
①脳内の報酬系は単純にカロリー量の増加に応じて活性化するわけではないこと
②脂質が多い食品のカロリーを推測できる人は多いが、糖質が多い食品のカロリーを推測できる人は少ないこと

よって、多くの人は、脂質と糖質の両方を含む食品から正確にカロリーを推測することは難しいと思われます。

研究グループは、「現代人が食べるほとんどの食品は脂質と糖質の両方を多く含んでいるが、こうした食品は母乳を除けば自然界には存在しない」と説明し、「現代的なこれらの食品が脳内の報酬系のシグナル伝達をより増強するのであれば、肥満や糖尿病が蔓延していることの説明がつく可能性がある」との見方を示しています。

この事実は、食べ過ぎに気づかずに、スナック菓子、クッキーやケーキをついついたくさん食べてしまう理由とつながると思われます。また、こういったものは母乳が起源になっていることも今後の研究にとって、重要かもしれませんね(*^。^*)!

参照論文要約:DiFeliceantonio AG, et al. Cell Metab. 2018 Jun 6.

永江 航

男性の片頭痛にも女性ホルモンが関与している可能性が!

女性の片頭痛の多くは女性ホルモンの変動が密接に関係していることが知られています。
男性の片頭痛にもこのホルモンが関与している可能性があることが、新たな研究で示されました。

約40人の男性を対象とした研究で、片頭痛のある男性は、片頭痛のない男性に比べて女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が多いことが分かりました。

片頭痛患者の約4分の3は女性が占めており、その発作の半数は月経が引き金となって起こりますが、これらの関連はエストロゲンなどの女性ホルモンの変動で説明がつくと考えられています。

今回の研究を率いたオランダの研究グループによると、エストロゲンは片頭痛の前兆とされる“皮質拡延性脱分極(cortical spreading depolarization)”に対する脳の感受性を高めることが明らかになっています。(少し難しいですね(^_^;))

※皮質拡延性脱分極とは、脳の中の大脳皮質の興奮の高まりが波のように広がっていく現象を指し、この後、大脳皮質の電気活動が抑制される状態が続き、血管が拡張することにより片頭痛が引き起こされるといいます。

これまで男性の片頭痛へのホルモンの関与はあまり注目されていませんでした。

今回の研究では、月に平均3回の片頭痛発作がある男性の片頭痛患者17人と片頭痛の既往がない男性22人を対象に、男性ホルモン(遊離テストステロン)に加えて女性ホルモン(17β-エストラジオール)の血中濃度を測定して比較検討しました。

その結果、片頭痛の既往がない人に比べて、片頭痛患者では発作時の女性ホルモンの濃度が高いことが分かりました。一方で、男性ホルモンには両群間で差はみらませんでした。

片頭痛の治療法は今のところないですが、予防薬を服用するほかにも、水分不足や不規則な食事、寝過ぎや寝不足、飲酒など片頭痛の誘因となる行動をなるべく避けるようにしたほうが良いと思われます。

参照:国際医学短信 2018年7月10日

永江 航

★自閉症児の行動療法に役立つ可能性のあるロボットの可能性!!

Nao(ナウ)というこの教育用人型ロボットを自閉症のある子供さんへの行動療法に併用した結果、ロボットを使用しなかった場合に比べてソーシャルスキルの大幅な向上が認められたとオランダの研究グループが報告しました。

自閉症の子どもは社交性や共感性に乏しく、他人と目を合わせてコミュニケーションを取ることが難しいと言われています。

また、笑顔やしかめっ面といった表情から社会的なとっかかりを得ることが苦手で、自分を表現するのにも困難を伴います。このような子どもには、遊びを通した行動訓練による指導法が数十年前から用いられています。社会的に望ましい行動を学びたいという意欲を高めてもらおうという行動療法の一種です。

今回の研究では、そのような行動訓練単独と比べて、ロボットを併用した方が、自閉症児により持続的な影響を与えるかどうかを調べたものです。

採用されたNaoはフランスの会社が製造する身長60cmの人型ロボットで、歩行や会話、ダンスができ、子どもたちとコミュニケーションを取ることで、人の表情を読み取ったり、適切なアイコンタクトをとったりする能力を向上させるように支援します。子どもが課題に成功するとハイタッチまでしてくれるそうです!!

研究では、自閉症児を対象にセラピストが週1回、計20回のセッションで、ロボットを用いて物や行動を要求する、助けを求める、質問をするなどのスキルの向上を目的とした7段階9種類のゲームを行いました。

セッション終了から3カ月後、ソーシャルスキルに関する質問表を用いて、親に子どもの自閉症の症状を判定してもらいました。その結果、行動療法単独の指導を受けた子どもに比べて、ロボット教育を受けた子どもの方が自閉症症状が軽減したことが分かりました。

研究グループは、「一般に子どもは皆ロボットと遊ぶのが大好きだが、自閉症児は特にロボットによく反応することが、先行研究により分かっている」といいます。

自閉症児は興味があることを繰り返し聞きたがる傾向があります。親や教師ではうんざりして、対応し切れないことがありますが、ロボットはこうした子どもにも対応できる側面を持っています。これは、とても重要なことだと個人的には思います。
ですので、現実逃避のように見えますが、VR技術なども応用できる可能性があるのではないかと勝手に妄想いたしました。

また、追記ですが、現在のロボットは(少なくともNaoは)人間に比べて反応が単純なのも良いようです。

永江 航

★統合失調症患者における自殺のリスク因子に関するメタ解析の結果

※統合失調症とは昔、「精神分裂病」と言われていた病気のことです。

※メタ解析とは・・複数の研究の結果を統合し、より高い見地から分析することです。普通の一つの研究結果よりより信憑性の高い結果と言えます。

統合失調症患者の自殺に関連する生涯リスクは、自殺で5%、自殺企図では25~50%といわれています。

米国・テキサス大学健康科学センター ヒューストン校は、統合失調症患者の自殺率に関連するリスク因子を明らかにするため、メタ(大規模な)解析を実施しました。

主な結果は以下のとおりでした。

・分析対象として、96研究、8万488例が抽出されました。

・自殺企図(自殺しようとすること)との関連に最も一致した変数は、以下でありました。
 ●飲酒歴(p=0.0001)
 ●精神医学的疾患の家族歴(p<0.0001)
 ●身体合併症(p<0.0001)
 ●うつ病歴(p<0.0001)
 ●自殺の家族歴(p<0.0001)
 ●薬物使用歴(p=0.0024)
 ●喫煙歴(p=0.0034)
 ●白人(p=0.0022)
 ●抑うつ症状(p<0.0001)

・自殺との関連に最も一致した変数は、以下であった。
 ★男性(p=0.0005)
 ★自殺企図歴(p<0.0001)
 ★若年(p=0.0266)
 ●高い知能指数(p<0.0001)
 ●治療アドヒアランス(内服しないや病院に受診しない等)の不良(p<0.0001)
 ●絶望状態(p<0.0001)

特に★をつけた3項目は前向きな大規模研究でも有意差が認められました。

研究グループは、この結果で将来の自殺の予防戦略において役立つ可能性を示唆しています。
我々内科医も、特に★をつけたこの3項目で幻聴や幻視といった統合失調症に特徴的な所見を見つけたら、迅速に専門の精神科に紹介しなければならないというわけです。

参照論文要約:Cassidy RM, et al. Schizophr Bull. 2018;44:787-797.

永江 航

私のようにいいねのハードルが低い人は、すごくいいねも作ってほしいなんて思います。今日は自分の中ではすごくいいねが2つありました。いいねはたくさんありました。すごくいいねがあると必要以上に褒めなくて済むようになると思います。シェアして褒めると時々なんか自分が媚びてるような気がして、気持ち悪くなることもあるんで(^^;