AI技術を活かしたコンパクトなホスピタルを目指す!

キーワードを入力

ユーザー ハッシュタグ

永江 航

医療法人永江内科 医師

現在値 0.000760BTC
時価総額 2.280000BTC
発行VA数 3000VA
医療法人永江内科小児科医院(佐賀市)をしております。専門は総合診療部(ドクターGの類)です。全人的に患者様を治療することを年中考えています。将来はAI技術を生かしたコンパクトなホスピタルを目指しています。新たな医療デバイスなども積極的に使用してより良い医療を提供できるようしております。そしてもう一つが「医者嫌い」の方を少なくしたい!と思っています。医者のイメージを変えられるように頑張ります!いつでも何でも困ったことがあれば、ご相談ください。既婚、心身ともに健康です。趣味はサッカーとサッカー観戦です。サガン鳥栖の大ファンで、ファン歴18年の中堅どころです。あと、食べ歩きも好きです。てきとーに自分のセンサーだけで食べるお店は決める派です。競馬も20年以上見てきて、勝つ馬や構想する馬は少しわかります。(ここ10年は7勝3敗です)では、よろしくお願いします!

FACEBOOKのメッセンジャーでアクセスしていただけると助かります!
永江 航

★ソニー、米大とAI開発 第1弾は調理ロボット

 ソニーは19日、人工知能(AI)を搭載したロボットを共同開発する契約を米カーネギーメロン大と結んだと発表した。第1弾として調理や配送ができるロボットの研究を進める。ソニーは外部の知見を取り入れ、注力しているAIの開発を加速させる考えだ。

 開発するロボットは、メニューの選択から調理や配膳、配送まで一連の流れを担う。5年以内に一部技術を実用化することを目指す。需要が見込まれる機能を網羅しており、今後の研究でさまざまな事業へ拡大できる可能性があるという。

 ソニーは1月、AI搭載の家庭向け犬型ロボット「aibo(アイボ)」を発売。生活に役立つロボットの開発に取り組むため、AI分野に強いカーネギーメロン大と協力することにした。

第一弾は調理ロボットですか!?配送もできるロボット..
無人デリバリーが
しかも、5年以内ですか。どうなるかわかりませんが、これは少し期待したいですね。
あと、懸念事項は実用化されてからのお値段でしょうかね(^_^;

参照:2018年4月19日(木)共同通信社ニュースより一部抜粋。

永江 航

松本孝一@エグゼクティブスーパー儒医XP様、VALUの買い増しご購入、ありがとうございます!

いつもボトルメールラジオでお世話になっている松本さん。
楽しく聴かせてもらってます!
今後とも、よろしくお願いいたします。

https://valu.is/koichi89

松本孝一@エグゼクティブスーパー儒医XP on VALU

【はじめに】VALU界のユニコーン銘柄をめざします! 17年12月11日-17日期間にピックアップ掲載 【本職】本業は東洋思想研究家を目指しております。 キャリア15年超の開業鍼灸師であり経...

VALU
永江 航

★日本人の市町村別寿命が発表!!

皆様、こんばんは!
明日も仕事なのに金曜日なのでなぜか夜長しております。
皆様、明日は休日でしょうか?仕事でしょうか?

4日前の17日に厚生労働省は「平成27年市区町村別生命表」の概況を取りまとめ、公表しました。平成12年から始まって、5年(国勢調査年)ごとに作成され、今回が4回目となります。

平均寿命の分布を市区町村別にみると、男性では80.5年以上81.0年未満(平均80.8年)、女性では86.5年以上87.0年未満(平均87.0年)に最も多く分布していました。
平均寿命100歳まではまだまだ遠いですね..

ちなみに私の住む佐賀県は男性80.7歳、女性87.1歳とまあ平均的な感じ..
私としては10年後くらいに佐賀市が上位10位に食い込める一助になれるように日々仕事で努力していかねばと感じました。

上位の市区町村では、男性では神奈川県横浜市青葉区が最も高く、女性では沖縄県中頭郡北中城村が最も高くと、やっぱり沖縄女性は長生きですねー(^^)/
下位の市区町村では男性、女性共に大阪府大阪市西成区が最も低い結果となっております。
余計なお世話じゃ!って言われそうですね(^-^;

あんまり興味ないかもですが、とりあえず、上位と下位の10位をあげておきます。
自分の市町をお調べしたい方は下のリンクの「統計表1 市区町村別平均寿命」をご覧ください!どんな感じでしょうか?

上位・下位の市区町村順位は次のとおり(上位10位を抽出)。
■上位10位の市区町村:( )内は平均寿命[年]
【男性】
1)神奈川県横浜市青葉区(83.3)
2)神奈川県川崎市麻生区(83.1)
3)東京都世田谷区(82.8)
4)神奈川県横浜市都筑区(82.7)
5)滋賀県草津市(82.6)
6)大阪府吹田市(82.6)
7)大阪府箕面市(82.5)
8)長野県大町市(82.5)
9)奈良県生駒市(82.4)
10)神奈川県川崎市宮前区(82.4)
【女性】
1)沖縄県中頭郡北中城村(89.0)
2)沖縄県中頭郡中城村(88.8)
3)沖縄県名護市(88.8)
4)神奈川県川崎市麻生区(88.6)
5)石川県野々市市(88.6)
6)神奈川県横浜市都筑区(88.5)
7)熊本県菊池郡菊陽町(88.5)
8)東京都世田谷区(88.5)
9)神奈川県横浜市青葉区(88.5)
10)神奈川県川崎市宮前区(88.4)

■下位10位の市区町村:( )内は平均寿命[年]
【男性】
1)大阪府大阪市西成区(73.5)
2)大阪府大阪市浪速区(77.5)
3)青森県東津軽郡平内町(77.6)
4)青森県むつ市(78.1)
5)青森県北津軽郡中泊町(78.1)
6)青森県上北郡東北町(78.1)
7)青森県三戸郡階上町(78.1)
8)青森県西津軽郡深浦町(78.1)
9)青森県平川市(78.1)
10)大阪府大阪市大正区(78.2)
【女性】
1)大阪府大阪市西成区(84.4)
2)北海道稚内市(85.1)
3)福島県西白河郡西郷村(85.2)
4)青森県東津軽郡蓬田村(85.2)
5)岩手県釜石市(85.3)
6)大阪府大阪市浪速区(85.3)
7)福島県双葉郡広野町(85.3)
8)青森県三戸郡三戸町(85.4)
9)青森県北津軽郡板柳町(85.4)
10)大阪府大阪市平野区(85.4)
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/ckts15/index.html

永江 航

≪今日のプチ発見≫
マックのチキンナゲットのソースは、バーベキューとマスタード二つ頼める事が判明!!

今日、間違えて二つ言ったら、なんと注文通りました!!

実は常識ですか!?これ(^^;

永江 航さんが優待を追加しました。
子供さんの受験相談、何でも受け付けます!! 私は両親の影響で小さいころから受験病強をしてきました。
それが良いか悪いかはわかりませんが..
しかし、1つ言えると思うのは、お子さんの偏差値が上がると、将来の職業選択の自由が増えると思います。
(皆様ご存知と思われますが(^_^;)

私の場合も、親の力もあり、中学受験では灘中学に合格することができました。また、兄二人は東大理Ⅲと九州大学の医学部に合格しています。

もちろん、これからの世界では偏差値を上げることの意義は下がってきていることを感じます。

この記事自体に不快感を持つ方もいると思います。

そのこともわかって需要があるかもしれないと思い、優待にさせていただきました。

もしも、お子さんの偏差値を上げることは悪くないと考える方がVALU内(少ない可能性が高いですが(^_^;)にいらっしゃったら、どんどんご質問頂いて結構です。場合によってはメッセンジャーの電話相談でも承ります。

VALUERS(2~50) 2018/04/20~2018/06/30

永江 航

≪看護師さんはなぜ立っているのか問題≫

これは推測ですが、効率を上げるため、立って仕事をするように文化が昔形成されたと思いますが、さすがに時代遅れになってきたのではないでしょうか?しかし、医学界のその辺の進歩は遅いもんで、大学病院クラスでも一部はほぼ立って仕事をするか、もしくは背の高い椅子がかろうじてあるのが現状です。

また、クリニックの場合は、もしナースが座りながら仕事をしていたら、患者さんからみて「この病院はなんでナースが座っているんだろう」「怠慢だな」など思われるケースもあるかもしれません。ですので、これを解消するには、医療側、そして患者さん側も意識を少しずつ変えていかなければならないテーマだなぁと個人的には思います。

でも、当院の従業員さん(当院では小さな椅子を休憩用などに数個置いています)に話を聞くと、「あまり座りすぎると腰が重くなって、仕事がかえってはかどらないかもしれない」などの異見も出ました。

あんまり皆さん、気にならないと思うのですが、私と同じで、このことに少し違和感を感じる方は、次回もし病院やクリニックに行った際に、ナース用の椅子があるのか、ずっと立ち仕事をしているか、注目してみてみてください。

ではでは(^^)/

永江 航

皆様、おはようございます!
今日の九州は相当暑くなりそうです。夏に向かって、いいですね(^^)/

これは既存の喘息治療では効かない人にむけて光が差し込んできましたね!!
それに加え、COPDにも効果があるかもしれないとのこと。
今後の展開が気になる新薬です。

★重症喘息患者に期待の新薬発売

アストラゼネカ株式会社は2018年4月18日、「気管支喘息(既存治療によっても喘息症状をコントロールできない難治の患者に限る)」を効能・効果とした、ヒト化抗IL-5受容体αモノクローナル抗体製剤ベンラリズマブ(商品名:ファセンラ皮下注30mgシリンジ)を発売した。

ベンラリズマブは、ADCC(抗体依存性細胞傷害)活性により、ナチュラルキラー細胞が、血中・気道の好酸球を直接的かつ速やかに除去する。第I相試験により、好酸球が24時間以内に速やかに除去され、また、気道組織中・喀痰中の好酸球も除去することが確認されている。

わが国では約800万人が喘息に罹患していると推定され、そのうち5~10%が、治療にもかかわらずコントロール不良の重症喘息であると言われている。重症喘息患者の約50%で好酸球値が高い傾向があり、好酸球レベルの上昇によって気道炎症や気道過敏性が引き起こされ、その結果、喘息増悪や呼吸機能が低下し、喘息増悪リスクが上昇、喘息が重症化するとされている。既存の喘息治療では症状コントロールができず、頻回の喘息増悪や呼吸機能の低下、生活の質の著しい低下を余儀なくされている重症喘息患者に、新しい治療選択肢として期待されている。

ベンラリズマブは、針刺し防止機能付きプレフィルドシリンジの注射剤で、初回、4週後、8週後、以降8週間隔で皮下注射する。薬価は35万1,535円。

また、現在、慢性閉塞性肺疾患(COPD)治療薬としても開発が進んでいる。

参照:アストラゼネカ株式会社 プレスリリース

永江 航

トリプロデューサー@J-POPランキング様https://valu.is/toriproducer、VALUのご購入誠にありがとうございます。

トリプロさんから早速お題を頂きましたので一部引用しながら..
長すぎるようなので二回に分けます。すいません。

「あっ、そうだ。この投稿見て、永江さんにお聞きしたいことがあるのですが。自分は、鬱を鬱病と呼ぶことに否定的なんですが。というのも、自分は鬱を病気ではないと思ってまして。鬱を鬱病と呼ぶことで、周りから病気だという行動を取られてしまうからってのが、主な理由なのですが。
永江さんの「鬱病」という言葉の認識を聞かせて頂ければな〜と。」

とのことです。

私なりに認識や解釈を書きたいと思います。
精神科の医師ではないのでセミプロですがご興味ある方はお読みいただければ嬉しいです!

まず、私は「うつ病」という言葉が嫌いです。鬱という漢字も重々しく、暗いイメージが付きまといます。アメリカやヨーロッパでは「気分障害」と主に言います。これだと少しいいのではと思います。しかし、これも「障害」がついているのでいまいちという意見もあります。

こう思っていることを前提として、あえて「うつ病」と書かせてもらいます。
(何回も気分障害と書くと少々ずれてくるので(^_^;..)

説明のためにうつ病の指標となる表をお示しします。

次の症状のうち、5つ以上(1か2を含む)が2週間以上続いた場合は、うつ病の可能性がある。

・暗く悲しい気分が1日中続く
・これまで好きだったことが楽しめない、興味がわかない
・食欲がなくて体重が減ってきた、または、食べすぎる
・毎日眠れない、または寝過ぎてしまう
・イライラして、怒りっぽい。あせる
・疲れやすくて、元気がない。何もやる気がしない
・自分が役に立たない人間だと感じる
・集中力がなくなって、物事を決断できない
・将来に希望がもてず、死んでしまいたいと思う

どうでしょうか。
なんとなくだったら、5個以上ある人も意外と多いのではないでしょうか?

ですので、これで5項目以上だったらもううつ病でーす!というわけにはいかないと思うのです。
医療の現場では「治療的診断」と言って、抗うつ薬や抗不安薬を飲んでみて、効いたらうつ病というやりかたも普通に行われることがあります。(当院ではいたしませんが、特に精神科ではない医療機関がそういう医療プロセスを辿る場合があると思います。)
きちんとした精神科の医師なら、診断から治療という順序だった方針でいくと思いますが..

しかし、最後の

・将来に希望がもてず、死んでしまいたいと思う

これだけ異質だなぁと、お気づきになった方も多いと思います。
これがYESだと私は即座に「うつ病」を強く疑います。
よってすぐに精神科の病院に紹介します。

私の中の「うつ病」の定義は「死ぬのが怖くなくなる病気」です。

これはほぼすべての重度のうつ病の患者さんに共通する特徴だと思います。
(もちろん賛否あるでしょうが、大まかには間違ってないと思います。)
この概念で行くと、「うつ病の患者さんは治りかけの行動力が出てきた段階が最も自殺が多い」という統計データとも一致してくると思います。

うつ病は意外と内科の医師が見ることが多い病気でもあります。
なぜなら、患者さん側もまだまだ精神科や心療内科は敷居が高いとか、見られたくないといった意識が存在しているからです。気持ち、すごーくよくわかります、自分も。
だから、公にしている人はある意味オープンな価値観を持っている方と捉えることもできます。

自殺とうつ病の関連性は非常に高く、20-30代の死因のトップは自殺です。

また、うつ病は(治る場合は)平均約20か月で治る場合も多いと精神科の医師は言います。
そして、患者さんもしっかり病識(病気であるという意識)をもって、無理をせず、安静、休養、治療に専念した場合に治ることが多い気がします。

なので、結論として言葉は別として、「うつ病」と診断する、そしてきちんと治療するといったプロセスは非常に大事になってくると思います。

脳の病気(体だったら、インフルエンザできつい状態のような感じが精神におこっている)と患者さんもまわりもきちんと認識することが重要だと思います。

永江 航

また、追記ですが、
うつ病と世間的に言われているものの中には、「不安神経症」や「適応障害」、「双極性障害(いわゆる昔の躁鬱病というものです)も入ってくると思いますので、その辺は全然対応が違ってくるのでやはり最初の診断は非常に重要だと思います。

そこで、またトリプロさんのご意見に戻りますが

自分の中では、鬱って病気ではなく「状態」なんですよ。
鬱状態という表現が適切だと思っていて。(←この意見に同意します。)

例えて言うなら、二次方程式を解くのに式が3つあるような状態なんですね。制約が多すぎる状態が鬱という認識です。なので、鬱状態から脱する方法は、「余計な制約を外す」しか無いと思ってるんですよ。それが、常識だったり親や上司の発言だったりと、環境由来だと制約を外すことは難しいと思うのですが。でも、方法としてはそれしか無いと。

(↑環境由来でうつ状態になっている場合は「適応障害」という病名で言われることが多いです。余計な制約を外すというのは適応障害の一番の治療法であることは間違いないです。ですが、外せない環境下で適応障害、欝状態になっている方って今の日本ではとても多いと思います。制約が多いですからね、今の世の中は(^_^;))

で、「鬱病」と言って病気扱いしてしまうと、この制約を外すというのをより困難にさせられるんですよね。鬱でおかしくなってると思って、周りが止めに入るんですよ。
(↑周りが無理しないように本人を気づかうというのはとても理にかなった考え方だとは思います。
しかし、制約を外すのが難しくなる!これ、よくあることですよね!回りが気をつかいすぎて本人もよりう鬱っぽくなってしまうという悪循環。よって、私は希死念慮(死にたいという気持ち)があるうつ病とそれがないうつ病を分けて考えるべきだと思います。ない場合やうつ病なのか微妙な場合はあまりまわりもそういった対応を取りすぎないことも重要だと思います。この辺りは差別とも似てますよね。ですから、一番難しいところでもあります。トリプロさんはそこを見事につかれています。

まあ、おそらく鬱が長期化して抜け出せなくなってる状態を鬱病と呼んでるんだと思うのですが。その「鬱病」という言葉の弊害が強いな〜と感じてまして。「鬱病」と呼ぶことが「鬱」の改善を遠ざけてるんじゃないかなと。
(↑このあたりは、私のうつ病という言葉が嫌いという主張と共感できる部分です。)

なんか、あんまりまとまりのない文章になりましたが。自分の、「鬱」と「鬱病」に関する解釈は、こんな感じです。(←いえ、逆に私がとても勉強になりました。)

まずは、以上です。

これからコメント等を頂いてさらに広げていくのも大歓迎ですので、皆様、お時間に余裕のある時で結構ですので、ご意見聞かせ願えればと存じます。

永江 航

アロマテラピー、VALUにもお好きな方がいらっしゃるのではないでしょうか。
いま、認知症や高齢者のうつ病などにアロマテラピー、マッサージが効果があるのではと注目されています。
今回の試験でのアロマの配合は御覧の通り。
1%の濃度に希釈されたスイートアーモンドオイルに、ラベンダー(Lavandula angustifolia)、スイートオレンジ(Citrus sinensis)、ベルガモット(Citrus bergamia)を2:1:1で配合したエッセンシャルオイル50μL(1滴)
結構強そうですね、香りが(^_^;)

結果としては、アロマセラピーやマッサージによって、高齢者のうつ病が少し改善したという結果です!
しかも、5-HTといっていわゆるセロトニン(うつ病の人は脳内のセロトニンの量が足りないという説があります)の血中濃度も上昇しているとは。。

当院も理学療法の一環として、マッサージはしておりますが、アロマも導入してみようかと思いました!

ではご興味のある方は以下をどうぞ!

★高齢者のうつ症状に対するアロマセラピーの効果のイメージ

 高齢者のうつ病は、中国における公衆衛生上の重大な問題である。中国・成都医学院のMei Xiong氏らは、地域住民高齢者の抑うつ症状に対する、8週間のアロマセラピーマッサージおよび吸入による介入の効果について比較を行った。Journal of alternative and complementary medicine誌オンライン版2018年3月22日号の報告。

 本研究は、抑うつ症状を有する60歳以上の地域住民を対象とした、プロスペクティブランダム化比較試験として実施された。対象者は、ラテン方格で、アロマセラピーマッサージ群、吸入群、対照群(各20例)にランダムに割り付けられた。マッサージ群には、8週間のうちに2回/週、5mLのオイルを用いた30分間のアロマセラピーマッサージが行われた。このオイルは、1%の濃度に希釈されたスイートアーモンドオイルに、ラベンダー(Lavandula angustifolia)、スイートオレンジ(Citrus sinensis)、ベルガモット(Citrus bergamia)を2:1:1で配合したエッセンシャルオイル50μL(1滴)を混ぜ合わせたものであった。吸入群には、8週間のうちに2回/週、10mLの精製水と混ぜ合わせた50μLのエッセンシャルオイルの鼻腔吸入が30分間行われた。対照群には、介入は行われなかった。すべての群において、試験開始前と終了時、フォローアップ6週目および10週目に、効果を評価するため、老年期うつ病評価尺度簡易版(GDS-SF)と健康アンケート(PHQ-9)を用いた。5-ヒドロキシトリプタミン(5-HT)濃度を、試験開始前および終了時に評価した。

 主な結果は以下のとおり。

・介入後、マッサージ群および吸入群は、対照群と比較し、GDS-SF、PHQ-9が有意に低かった。
・試験前と比較し、マッサージ群および吸入群における抑うつ症状のGDS-SF、PHQ-9スコアは、試験終了時(8週間後)、フォローアップ6週目(14週間後)および10週目(18週間後)において低いままであった。
・対照群におけるGDS-SF、PHQ-9スコアは、4つすべての時点において、差は認められなかった。
・マッサージ群および吸入群における試験終了時の5-HT濃度は、開始前の値より増加していた。

参照論文要約:Xiong M, et al. J Altern Complement Med. 2018 Mar 22.

永江 航

今日は、あまり身近な話題ではなく、最先端ばかり紹介しているような気がしますが(^_^;)
今回は「人工皮膚が国から製造承認された」というかなりのビッグニュース!
やけどや外傷などで皮膚を失った人たちに希望の光が差し込むのではないでしょうか(^^)/

以下、共同通信社からの一部抜粋です。ご興味のある方はどうぞ!

★皮膚修復 京大開発、国が製造承認
(2018年4月17日 (火)配信共同通信社)

血管の形成を促して、皮膚を早期、効果的に修復できる新しい人工皮膚「ペルナック Gプラス」を京都大のチームが開発し、国の製造承認を受けたと16日発表した。

やけどやけがで皮膚を失った人や、糖尿病性潰瘍で皮膚が欠損した患者らが対象で、来年1月から本格的に発売を開始する予定とのこと。

人工皮膚はコラーゲン、ゼラチンなどでできたシートで、血管の成長を促すタンパク質を含んだ液を使用前に散布する。

皮膚の欠損部に合わせて貼り付けると、タンパク質が1週間ほどかけて少しずつ患部に作用し、血流を再開、活発化させて皮膚修復を促進する。

肌着大手「グンゼ」との共同開発で医療機器としての承認は10日付。
2010~12年に現場の医師が主体となって進める「医師主導治験」を京大病院で実施し、
30~80代の男女17人に使用して約1カ月間、有効性や安全性を確かめた。

7種類のサイズがあり、価格は約5千~約21万円。保険適用で原則3割が自己負担となる。

永江 航

PINKのこのパフォーマンス、なぜか感動してウルっと来てしまう今日この頃です。。

https://www.youtube.com/watch?v=6koJ-gwGdro

P!nk - Wild Hearts Can't Be Broken (Live at the Grammy Awards 2018)

YouTube
永江 航

皆様、おはようございます!

・大谷選手、すごいですね!今日も頑張ってほしいです!
「今日先発するなら地上波でもするのかなぁ」とおもっていたら放映権はDAZNにあるようですね。NETFLIXも強いし、Jリーグ含め、巨大なパワー、圧倒的な資金力で飲み込まれる感じがします。
快不快は別として..

・今週のマイテーマは「未来の自分のために優しいことをする」です。
意外と自分に余裕がないときはできないものですが、例えば、「ごみ捨てなどなるべく早めにする」とか、「家に帰ってきたときにスッキリした気分を味わうために少し部屋をきれいにしておく」など、ちょっとしたことなんですが、なんでもものぐさな性分なもので、腰が重いこともあるので、そこを敢えて意識してやっていこうと思います。

永江 航

不妊治療の一つの有効な手段になりうる可能性のあるシステム!ですね、これは。
男性不妊が50%と言われている今、まさに実用化されるべきシステムだと思います。
日本人の減少も少し食い止められるかもしれないので、少し希望がありますね!
では、ご興味のある方のみ記事をどうぞ。

★精子発見、AIが手助け 不妊治療、人力作業の負担軽減

2018年4月17日 (火)配信朝日新聞より一部抜粋

 男性の不妊治療で、人工知能(AI)を使って精子を見つける支援システムを開発したと、横浜市立大と横浜国立大のチームが、京都市で19日から始まる日本泌尿器科学会で発表する。体外受精が増えるなか、培養士の負担を軽減し、精子の見落とし防止につながる可能性があるという。

 不妊の原因の半数は男性が関係するとされている。このうち、精液中に精子がない「無精子症」の場合、医師が精巣にメスを入れ、取り出した組織のなかから、培養士が精子を探し出す必要がある。精子が見つかりにくい場合は、2~3人がかりで数時間、探し続けることもあるという。

 横浜市立大付属市民総合医療センターを受診した患者の同意を得て、精巣組織に含まれる精子や白血球などが混在する顕微鏡映像を利用。培養士が精子約8千個、白血球など約2万5千個に分類した後、機械学習などが専門の横浜国立大の濱上知樹教授と大学院生の佐々木勇人さんらがAIに学習させた。

 その結果、AIが精子とそれ以外の細胞を見分け、精子の可能性のある場所を囲んで知らせるシステムの開発に成功した。精子の見落としを極力避けるため、精子と形が似た細胞もある程度、検出するように設計。精度を上げると、ほかの細胞が混じる割合も高くなるため、たとえば「精子を99%見落とさない」と設定すると、AIが示したうち、約半分はほかの細胞も入り込むという。この情報をもとに、培養士が治療に使う精子を決定する。

 同センターの湯村寧・生殖医療センター部長(泌尿器科)は「このシステムが医療現場で使えるようになれば、時間がかかる培養士の作業の手助けとなる」と話す。