レターポットから生まれた初めての本を出版する!

検索

ユーザー ハッシュタグ

中村 幸也

作家

現在値 0.001000BTC
時価総額 10.000000BTC
発行VA数 10000VA
「あきらめる勇気」という本を出してます。
http://amzn.to/1lmkfGZ
極貧状態で妻と四人の子どもたちを連れて、大阪から沖縄に移住してきた自由人‼️
「必要な言葉は必要な時に必要な人へと届く」を信条に、七年以上毎日欠かさず、ブログを書いている言葉の伝道師です📝

レターポットで「幸せレター」贈っていて、レターポットから生まれた初めての本を出すに挑戦中📪 https://letterpot.otogimachi.jp/users/7693
中村 幸也

【ゆたぼんがラジオにゲスト出演】
 
ゆたぼんがラジオにゲストとして出演する事が決まりました。
 
放送局はFMコザで番組名は「たまきパーティー」、出演は来週、9月29日(土)22時からの生放送です。
 
先日、参加させてもらった結マルシェでFMコザでパーソナリティを務めている小春さんとこうくんと出会い、お二人がゆたぼんにとても興味を持ってくれました。
 
「こんな素敵でオモシロい子がいるって事を多くの人に知ってもらいたい」と言ってくださり、ゆたぼんもやる気満々で出演決定です。
 
そして今回こうして出会う事ができたのは僕たちを結マルシェに誘ってくれて、僕たち家族と二人を繋げてくれた三線ガール稲嶺幸乃さんのおかげです。
 
 
本当に感謝しています!
ありがとうございます(^^)
 
 
人との出会いって本当に有り難く、そしてそこからどんどん広がっていくからオモシロいですね。
 
特に沖縄では「いちゃりばちょーでー」や「ゆいまーる」という言葉もあって、繋がりをとても大切にしているのがわかります。
 
ちなみに僕も来月放送のラジオにゲスト出演させて頂く事になりました。
 
僕が出演させて頂くのはインターネットラジオ「ゆめのたね」で番組名は「マイルストーンラジオ」https://www.yumenotane.jp/
 
パーソナリティはスナックキャンディ那覇店の「ダイさま」こと堤大策さんです。
 
これも沖縄に来てからの出会いで繋がり、本当に感謝、感謝です!
 
ゆたぼんも僕も初めてのラジオ出演なので、とっても楽しみで、ゆたぼんも「めっちゃワクワクする」と言っています。
 
9歳でラジオ出演って凄いなぁ。僕ならビビって出れないだろうな笑
 
目いっぱい楽しみながら、ゆたぼんらしさをドンドン出してくれたら嬉しいです(^^)
 

中村 幸也

【途中でやめた事も無駄じゃない】
 
人生を損特勘定だけで考えるんじゃなく、もっと生きている実感を感じて過ごそう!
 
何かを始めたり、挑戦してみると「思っていたのと違うなぁ」と感じる事もあるかもしれない。
 
そんな時、それでもとりあえず続ける人もいれば、思いきってやめる人もいるだろう。
 
でも「途中でやめたから」といって、それまでの経験すべてが無くなるわけじゃない。
 
なぜなら、経験した事すべては学びとなり、いつかは点と点が線となって繋がるかもしれないから。
 
小さい時に習っていた習い事や、途中でやめてしまった趣味、今までの恋愛で結婚に辿りつかずに終わった恋とか。
 
 
それらもすべて無駄じゃない。
 
 
もし無駄だというなら、なんでそう思うんだろう?結果がでなかったらダメなのかなぁ?
 
僕はそう思わない。
 
たとえ結婚に辿り着けなかった恋愛だったとしても、自分の心を揺るがす相手と出会えたってだけでも、凄くステキな事だと僕は思う。
 
だって、出会いたくてもそんな人と出会えずに、人生を終えてしまう人だって中にはいるんだから。
 
自分の経験と同じように、自分の抱えたどんな感情もやがて過ぎれば思い出になる。
 
思い出なんかにしたくないような出来事だって、やがては自分の人生の過去の思い出となっていくのだ。
 
必死だった。
周りが見えなくなった。
夢中になった。
 
苦しんだ。
悩んだ。
迷った。
泣き明かした。
 
 
すべてが決して無駄なことなんかじゃない。
 
 
あなたは懸命に生きてきた。
それだけで十分じゃんか!
 
それでも結果がでなけりゃダメ?
失敗したらもう無駄なことになるの?
 
それって悲しいことだと思わない?
それじゃ人生つまんなくない?
 
 
それよりもっと自分の人生を楽しもうよ。
 
 
恋愛、仕事、趣味、遊び、結婚、出産、家事、育児。
 
あなたが経験してきたその瞬間その瞬間の中にこそ、生きてきた証がある。
 
だから損特勘定で人生を考えるんじゃなく、もっと生きている実感を感じて過ごそう!
 
 
人生は損か得かの二元論じゃないのだから。
 

中村 幸也

【モバイルハウス〜不動産から可動産へ】
 
今日はモバイルハウスの話を聞きに沖縄国際大学に行ってきました。
 
モバイルハウスは車輪付きで移動できる小さな家の事です。
 
モバイルハウスとキャンピングカーの違いは、モバイルハウスは住まいなのに対して、キャンピングカーは住まいとしてというより、レジャーで使うイメージですね。
 
軽トラックに自分で作りたい家を作り、そこに住みながら行きたい所に自由に移動する事ができるから、その時々で住みたい場所に住めるという事です。
 
DIY(Do it Yourself)で動く小さな家。それがモバイルハウスです。
 
家というと固定された建物で動かないものだという固定観念を壊してくれる発想が凄いと思いました。
 
従来の不動産という世界観に車輪をつけて、「可動産」とすれば、固定資産税を払わなくて済んでお得だし(笑)
 
我が家では特にゆたぼんがモバイルハウスに興味津々で、「住みたい」と行っています。
 
僕はやっぱり動かない家の方がいいかなぁと思っていましたが、目の前で見てみたら楽しそうですね。
 
住んでみてこそわかる良さがあるだろうし、住まなきゃわからない良さもいっぱいありそうです。
 
最後の質問コーナーで「モバイルハウスのデメリットは何ですか?」という質問に「ないんですよね〜」と答えていたのが印象的でした。
 
ゆたぼんも「台風の時に倒れたらどうするんですか?」と質問してました。
 
沖縄の台風は東から風が来る事が多いそうで、前もってどんな台風が来るかを調べておいて、安全な場所に移動するそうです。

さらにモバイルハウスが集まればみんなでワイワイできるし、移動型公民館なんて発想も出ていて、オモシロいなぁと思いました。
 
固定観念に囚われない発想からはオモシロいアイディアがバンバン出てくるし、実際に僕たち人類はそうやって進化してきたので、頭を柔らかくしていたいですね。
 
そうすればまだまだこれからも、より生きやすく、より自由に楽しく生きる方法もたくさん発見できるはずだから。
 
自分のことワクワクに従おう(^^)
 

中村 幸也

【付属品を集めてアピールする虚しい人】
 
沖縄に来てから、魅力的だと感じる人たちとたくさん出会う。
 
その人たちはみんな笑顔で、内面の輝きが自然と伝わってくるから不思議だ。
 
内に魅力がある人は多くの人に必要とされるし、たくさんの人にリスペクトされ、笑顔に囲まれて過ごしている。
 
 
そして笑顔はさらに多くの笑顔を集める。
 
 
外の付属品集めばかりに必死になって、内面を磨くのを疎かにしている人は、魅力的だとは思えないし虚しいだけだ。
 
自分がどれだけの事をしてもらったかを必死でアピールしても、ほとんどの人が君に大して興味を示さない。
 
なぜなら、求めてばかりで何も与えない人からは、やがて周りも離れていくからだ。
 
 
ウィンストン・チャーチルはこう言った。
「人は得るモノで生計を立て、与えるモノで人生を築く」と。
 
ヘンリー・フォードはこう言った。
「成功とは手に入れるものではなく、与えるものだ」と。
 
アルベルト・シュバイツァーはこう言った。
「人生は与えることによって豊かになる」と。
 
 
自分自身の心の内を鍛えるか?自分自身の外の付属品を集めるか?どちらを選ぶかで人生は変わる。
 
どうせだったら、自分の心を磨き内側を輝かせながら、与える人でありたいな。
 
そういう人は人に会った時の笑顔も違うし、穏やかな語り口調で人と接する事ができるから。
 
僕も自分の内面をもっと磨きながら、笑顔で過ごしていこうと思います(^^)
 

中村 幸也

【ゆたぼんと樹木希林さんの言霊】
 
三日前に樹木希林さんが亡くなられた。75歳だったという。
 
さらに今日は僕の大好きな格闘家、山本KIDさんが亡くなったとニュースで知った。
 
 
とてもショックだ。
 
 
今から約二年ほど前に僕はコラムで樹木希林さんの「死ぬときぐらい好きにさせてよ」という衝撃的なキャッチコピーを紹介させてもらった。
 
肉体の死は誰にでも訪れるし、僕もあなたもいつか必ず死ぬ。
 
でも大切なのは、死から目を逸らさないで、今を全力で生きる事だと思う。
 
なぜなら、どれだけ死から目を逸らしたとしても、死から逃れる事はできないのだから。
 
 
「死」は生きとし生ける者すべての宿命。
 
 
古代ローマでは必ず将軍が凱旋パレードで「メメント・モリ」という言葉を口にしたという。
 
「死を忘れるな」という意味で、他にも「今を生きろ」や「今を楽しめ」といった意味もある。
 
僕たちは誰もが命のバトンを受け継いで、今この瞬間を生かされている。
 
だから僕は長男のゆたぼんにもしっかりと生と死について話して聞かせる事にした。
 
すると自分なりに何やら考えて、言葉をメモして動画を撮り始めた。
https://youtu.be/ez8sr16ZWoY
 
 
ここがゆたぼんのすごい所!
 
 
9歳の頃の僕だったらこんなふうに話す事はできなかったし、自分で言葉を考える事もできなかった。
 
そして何より「感謝する」という事を知っているのがすごい!
 
僕が親や周りの人たちへの感謝を知ったのは大人になってからだったし、未だに親に面と向かって感謝の気持ちを言えない。
 
本当にゆたぼんはグングン成長していっているんだなぁ、って思う。
 
ちなみに樹木希林さんの言葉を伝えたのは僕ですが、これは樹木希林さんが生きづらさを抱える人たちへ向けて贈った命のメッセージ。
 
樹木希林さんはこの言葉を「何でも好きに使ってください」「二次使用はどうぞご自由に」と仰ったという。
 
樹木希林さんの言霊がゆたぼんの言霊と一緒に、学校に行く事が辛いと感じている子たちや、生きる事が辛いと感じている人たちに広がっていく事を僕は祈っている。
https://youtu.be/ez8sr16ZWoY
 

自殺はアカン!樹木希林さんから学んだ事とは?

「ハイサイ少年探偵団」のゆたぼんです✿✿✿ ‪今日は自殺はしたらあかんって事と、親にかんしゃする事について話した!‬ ゆたぼんがツイッター(Twitter)やってます。 フォロー宜しくお願いしま...

YouTube
中村 幸也

【結マルシェ】
 
今日は三線ガールの稲嶺幸乃さんに誘ってもらい、結マルシェに行ってきました。
 
食べ物や雑貨、手作りアクセサリーなどさまざまなものが並び、何よりみんなが家族のように暖かくて凄く楽しかったです。
 
ライブでは本当にみんなが一体になって、とてもいい感じでした。
 
我が家の子どもたちも色んな人と仲良くなって、はしゃぎまくってました。
 
大阪から沖縄に移住して来て三カ月ですが、有り難いことに色んな人と出会い、その輪が広がっています。
 
「袖振り合うも多生の縁」という言葉もありますが、ご縁とは本当に不思議で、そして有り難いですね!
 
 
感謝、感謝です。
 
 
これからもこのご縁を大切にしながら、家族で楽しく過ごしていこうも思います。
 
いちゃりばちょーでー
ゆいまーる(^^)
 

中村 幸也

【沖縄県読谷村の漁港が凄すぎる!】
 
今日は沖縄県読谷村の都屋漁港に家族で遊びに行ってきました。
 
毎週第3日曜日にここで「うみんちゅみなとピクニック」が行われている事をGoMeの大八木夫妻に聞いてやってきたのですが、凄く良かったです。
 
うみんちゅ手作りご飯の販売やウミガメとの触れ合い体験、更にマグロの解体ショーなどもあり、メチャメチャ楽しめました。
 
しかも大人200円、高校生以下は無料という破格の値段で海の幸が堪能できるのでお得過ぎるくらいです。
 
子どもたちも大好きなマグロを食べて、ウミガメのプールに手を入れ、魚さばき体験をして、ウミガメが海に帰って行くのを見守っていました。
 
現代は魚離れしていると言われていますが、このイベントは新鮮な魚を食べたり、魚と触れ合う事で、その流れを食い止めたいという想いが込められているそうです。
 
この値段でこんなに楽しめるのは本当に驚きで、もう毎週第3日曜日は必ずここに来るしかない!と思いました。
 
 
その後はみんなで海に行って遊びました。
 
 
この時期でも海で泳げる沖縄はやっぱり最高ですね!
 
海で目いっぱい遊んだ後はみんなで恩納村の癒しのカフェバー「GoMe(ゴーミー)」へ。
 
もうすっかりGoMeにハマっている僕たち家族ですが、今日は先日見れなかった夕陽が沈んで行く瞬間を見る事ができました。
 
 
そしてみんなでワイワイBBQ!
 
 
子どもたちも魚さばきで自分たちでさばいたアジの刺身を食べて凄く満足そうでした!
 
僕もメッチャ楽しい時間を過ごせて最幸です(^^)
 

中村 幸也

【M-1本番前に安室フィーバーで路上漫才】
 
今日はよしもと沖縄花月でゆたぼんとココア男爵さんのコンビ「天の川クレイジーナイト」のM-1グランプリ出場の日でした。
 
本番を前に二人が待ち合わせたのは、なんと沖縄国際通りのてんぶす前。
 
実はゆたぼんの提案でM-1グランプリ出場前に国際通りで路上漫才をやろうって事になったのです。
 
ココア男爵さんことMitsuhiro Gendaさんもやる気満々でやってきて本当に二人でゲリラライブならぬ、ゲリラ漫才を決行しました!
 
ちょうど明日で引退を迎える安室奈美恵さんの影響で沖縄はどこもかしこも安室ちゃんフィーバー!
 
てんぶす前のテレビでは安室ちゃんの秘蔵映像が流れていて、すごい人だかりでしたが、その前で見事に路上漫才をやってのけました。
 
 
天才です!この二人!
https://youtu.be/z4RN9QlUCGI
 
 
そしてその勢いでよしもと沖縄花月へと向かい、M-1グランプリに出場!
 
路上漫才の時は少し緊張気味だったゆたぼんでしたが、本番では実に堂々と漫才をして、会場中が笑いに包まれました。
 
しかし結果は残念ながら、二回戦進出ならず・・・。こんなにオモロかったのになんでやねん!と僕も悔しかったです。
 
さすがのゆたぼんも悔しさから妹たちに気づかれないように涙を流していました。
 
 
コンビ結成から一週間。
 
 
この一週間という短期間でネタを覚え、そして大勢の前で漫才を披露したゆたぼんは、本当にカッコ良かった!
 
結果は残念でしたが、本当に良くやったと思うし、ゆたぼんにとって凄くいい経験になったと思います。
 
ゆたぼんはすでに気持ちを入れ替え、次の挑戦について考えています。
 
これからもゆたぼんらしく色んな事に全力で挑戦しながら、目いっぱい楽しんでくれたら嬉しいですね(^^)
 
M-1グランプリは撮影NGでしたので、路上漫才した際の動画をYouTubeにアップしました。
 
沖縄だけでしか見れないという安室ちゃんの秘蔵映像も偶然少しだけ映っています笑
 
良かったら見てください!
https://youtu.be/z4RN9QlUCGI

【M-1グランプリ出場】安室ちゃんフィーバーで盛り上がる沖縄国際通りで路上漫才を披露!

天才YouTuberゆたぼんとココア男爵! 二人揃って「天の川クレイジーナイト」です✿✿✿ M-1グランプリ一回戦の当日、よしもと沖縄花月へ行く前に沖縄国際通りのてんぶす前でゲリラ漫才を披露しまし...

YouTube
中村 幸也

【沖縄恩納村にある癒し空間「GoMe」】
 
沖縄本島のほぼ中央部西海岸にある恩納村。そこに緑豊かな自然に囲まれた最高に癒されるカフェバーがある。
 
店の名は「GoMe(ゴーミー)」
 
僕たち家族は先月「いちゃりばちょーでー納涼祭」で来させてもらい、すっかり気に入りました。
 
今日は妻の兄が沖縄に遊びに来てくれたので、夕食はGoMeで星空を見ながらバーベキュー!
 
実は前回のいちゃりばちょーでー納涼祭のビンゴ大会があったのですが、その時に娘が一等を当て、なんと手ぶらでBBQ券を四人分も頂いたのです。
 
超有り難いーってことで今日使わせてもらいました!感謝、感謝(^^)
 
海の見える絶景でBBQを楽しみながら、空一面に広がる星空は息を呑むほど綺麗で素晴らしかった。
 
 
やはりここGoMeは最幸の場所です!
 
 
青々と茂った木々に囲まれて、さらに海まで眺めながらのんびり過ごせる極上の癒し空間。
 
まさに沖縄の秘境と言えるカフェバーです。
 
居心地が良すぎてついつい話し込んで長居してしまいましたが、もう本当にサイコーに楽しかったです!
 
子どもたちもずっと「また行きたい!」と言っていたGoMeに来ることができて、大喜びでした。
 
来月も絶対に行く!と言ったので、来月も絶対に行きます(^o^)
 
いちゃりばちょーでー!
感謝、感謝!!!
 

中村 幸也

【大阪から沖縄に移住して三ヶ月】
 
今日で大阪から沖縄に移住してきて、ちょうど三ヶ月になりました。
 
家中の物をほとんど手放し、極貧状態でやってきた沖縄ですが、住んでみて本当にその良さがわかります。
 
思っていたのと違って涼しい!というのが一番驚いたことで、沖縄に来て三ヶ月になりますが、まだ家の中でエアコンを一度もつけていません。
 
今日も昼間は扇風機なしでも涼しくて、夜になると最近は窓を開けて寝ると少し肌寒く感じるくらいです。
 
これは周りに建物がほとんどないマンションの四階に住んでいるからというのもありますが、風が本当に気持ちいい!
 
大阪では3LDKのマンションでしたが、今は1LDKのマンションで、家族六人でギュウギュウですが、誰一人不満を言うこともありません。
 
なぜなら、沖縄に住んでいるってことが何よりも嬉しいからです。
 
 
もちろん、みんな大阪も大好きやけど、ね!
 
 
沖縄の気温は35℃を越えることはほとんどありませんが、紫外線の強さはハンパないです。
 
僕はカーテンなしの窓際で寝ているので、毎朝太陽の光に当たって目覚めていたのですが、紫外線の強さからか頭が痛くなりました。
 
だから最近は寝る向きを変えて、朝になっても太陽が顔に当たらないようにしています。
 
天気が良い日は玄関を開けると遠くに海が見えて、テンションが上がります。
 
子どもたちとも海、山、川、公園となるべくお金がかからないように出かけて、ギリギリながらもなんとか生きています笑。
 
今後は沖縄の歴史についても子どもたちと一緒に色々と見てまわり知っていこうと思っています。
 
沖縄は綺麗な海と食文化があるという観光地としてだけなく、近隣諸国や日本の影響を受けながらも豊かな琉球文化を育んできた歴史があります。
 
他にも第二次世界大戦後27年間、日本から分離され米軍の直接統治下に置かれた歴史や基地問題もある。
 
先日、9月9日に行われた選挙はまだ僕に選挙権がなかったのですが、次の9月30日の選挙の入場券は届いたので、色々と調べて考えた上で自分で決めたいと思います。
 
そういえば、大阪の枚方市に住んでいた頃は選挙の当日は臨時職員として投票所で働いてたなぁ。
 
 
懐かしくていい思い出、いい経験でした。
 
 
これから沖縄でも色んな人と出会い、色んな経験をしながら、自分を成長させ、今を楽しんで生きようと思います(^^)
 

中村 幸也

やる気が出ない時って、人に言われてもやる気になれない。言われても出ないのがやる気で、言われなくても出るのがおなかだ。って名言(迷言?)もある。そういえば最近おなかが出てきた。運動しよう!やる気になる前にその気になればいい(^^)ってことで運動開始!

中村 幸也

【ゆたぼんM-1に向け猛練習中!】
 
今日はゆたぼんの相方であるココア男爵さんが来て、二人でM-1グランプリに向けて猛練習していました。
 
ちなみにコンビ名は「天の川クレイジーナイト」です。
https://www.m-1gp.com/schedule/detail.html?id=221
 
 
本番まで、あと三日!
 
 
二人で合わせたのは今日が初めてですが、ゆたぼんも家で一日中練習しているので、なんとか行けるかな?って感じです。
 
持ち時間が二分なので、その時間内に終われるように二人でネタを削ったりしながら、何度も何度も調整し、ずっと頑張って練習していました。
 
練習風景を撮って少しだけ動画をアップしました。ネタバレになるのでほんの少しだけです。
 
ちなみに本番は9月15日(土)よしもと沖縄花月で13時からですので、お時間ある方はぜひ来てください(^^)
 
実は僕もよしもと沖縄花月に行くのは今回が初めてです。
 
まさかこんな形で行くことになるとは夢にも思いませんでしたが、凄く嬉しいです。
 
本番では大勢の前で漫才を披露するので、緊張するだろうなぁ。
 
 
僕ならガチガチになりそう笑。
 
 
でもゆたぼんはこれまでにも路上ライブしたり、大勢の前でお笑いを披露したり、プレゼンしたりしてきたので、堂々とやってくれると思います。
 
何よりゆたぼん自身がやる気満々なので、目いっぱい楽しんでやってほしいですね。
 
いろんな経験を通して、そこから何かを学びながら、ゆたぼんらしくのびのびと(^o^)
 

中村 幸也

【同時多発テロから17年】
 
2001年9月11日にアメリカ合衆国内で発生した同時多発テロから今日でちょうど17年だ。
 
 
あの日、僕はテレビの前で愕然とした。
 
 
文化の違い、考え方の違い、価値観の違い、そして互いの正義の違い。
 
「自分は間違っていない」
「自分は正義だ」
 
こんなふうにどちらが正しいかを主張しあうと、そこに必ず“争い”が生まれる。
 
ある国にとっての正義は、ある国にとっては侵略となるし、誰かが正義の名の下に誰かを殺害すれば、その愛する誰かを殺された者がまた誰かを殺す側に立つ。
 
そして正義の名の元に戦争が始まり、憎しみの連鎖が止まらなくなる。
 
 
「争い」は正義のぶつけ合いから生まれる。
 
 
人は「自分が正しい」という思いが強くなればなる程、自分の中の攻撃性が見えなくなるものだ。
 
「自分は正義だから!」という思いに囚われると、相手に気持ちに対しても無慈悲になる。
 
だから「自分は正義の側にいる」と思った時こそ冷静になって、違った角度から物事を見てみる事が大切だと思う。
 
誰にだってそれぞれの正義があるけど、その正義が間違う時だってあるのだから。
 
 
完ぺきな人間なんてどこにもいない。
 
 
だからもし誰かを攻撃してしまいそうな時は、「自分だって完ぺきではない」という気持ちを忘れずに「正義に固執しない」ようにしたいな。
 
自分を含め、人は誰だって完ぺきじゃないと知っていれば、良いとか悪いとかだけで他人を裁いたりもしないはずだから。
 
互いの正しさをぶつけ合って争うのではなく、互いの「楽しい」の違いを認めながら、
自分が楽しいと思う生き方をしていこう(^^)
 

中村 幸也

【あきらめる勇気10冊到着!】
 
ハート出版から僕の著書「あきらめる勇気」を10冊購入しました。
 
沖縄に来て色んな方と出会い、僕が本を出している話をしたら、有り難いことに「購入したい」と言って下さる方がいます。
 
これまでは僕の手元に「あきらめる勇気」が無かった為、Amazonで買って頂くしかありませんでした。http://amzn.to/1lmkfGZ
 
しかし、やはり直接サインしてお渡ししたいと思い、出版社から10冊購入し、送ってもらいました。
 
 
僕の本は自費出版ではなく、商業出版です。
 
 
本の在庫は出版社にあり、すでに印税も受け取っているので、本が必要な時は僕も購入する必要があります。
 
今回10冊購入したので、購入して頂ける方はぜひお声かけください。
 
宜しくお願いします(^^)
 
この本を出版してもらう為に僕は、合計55社の出版社に企画書を送りました。
 
そしてハート出版さんからご連絡を頂き、2015年12月に「あきらめる勇気」を上梓することができたのです。
 
 
僕の初めての本でもあり、かなり思い入れのある本です。
 
 
「あきらめる勇気」が販売されてから、僕は書店まわりを開始し、全部で103店の書店をまわりました。
 
本を置いて下さっている書店には手書きのポップも一緒に置いてもらい、本を置いてない書店には受注書を渡して、置いてもらえるようにお願いしました。
 
自分の本は、まるで自分の子どものように可愛いし、今もこれからも多くの人に手に取って読んでもらいたいと思っています。
 
沖縄在住の方には直接お渡しできますし、郵送もOKですので、購入して頂ける方は、ぜひ、ご連絡ください(^o^)
 
ご希望の方にはサインもさせて頂きます!
 

中村 幸也

【間違った時には方向転換すればいいだけ】
 
何かを始めたいと思いながら、失敗を恐れ一歩も踏みだせない人や、何か成し遂げたい事があるのに、間違う事を恐れて行動しない人がいる。
 
確かに失敗するのは嫌だし、未知の世界は怖いものだ。
 
しかし、もしあなたが何か成し遂げたい事があるのなら、たとえ間違った方向でも一歩踏みだす方がいい。
 
なぜなら、今より前に進むことができたら、進む途中で方向転換することだってできるからだ。
 
 
まずは一歩踏み出すことから!
 
 
ずっと同じ場所に留まっていたら、どこに行くこともできない。
 
だから「とにかくやってみよう!」って気持ちで、とにかく一歩踏みだすことが大切だ。
 
もしかしたら失敗するかもしれないし、もしかしたら間違うかもしれないけど、何事もやってみないとわからないよね?
 
そもそも自分が進む道が正しいかどうかなんて、死ぬ寸前までわからないものだ。
 
それに間違った道を歩いたことによって、見つけることができる答えもあるかもしれない。
 
 
だから間違うことを恐れず進もう。
 
 
「あの時、進む道を間違えたな…」ってことも、もしかしたら数年後には、「あの時、道を間違ったおかげでここに辿り着けたな」って思っているかもしれないしさ。
 
間違いに気づいたら、それを素直に認めて方向転換すればいいのだけだ。
 
だから、過度に失敗や間違いを避けようとせずに、自分を信じて進んでいこう。
 
人生はいつからだって、方向転換する事ができるのだから。
 
 
楽しみがら、進もう(^o^)
 

中村 幸也

【ゆたぼんがM-1グランプリに挑戦!】
 
我が家の長男ゆたぼんがM-1グランプリに挑戦することが昨日急遽決定しました。
https://www.m-1gp.com/schedule/detail.html?id=221
 
予選第一回戦はなんと9月15日(土)で、よしもと沖縄花月で行われます。
 
 
あと一週間!
 
 
きっかけはココア男爵さんことMitsuhiroさんが声をかけてくれたからです。
 
ココア男爵さんとは二週間前に田端信太郎さんの著書「ブランド人がになれ!」を頂いたご縁で、子どもたちもその時に一緒に田端ジャンプ?しました。
 
もともとココア男爵さんは北海道の方とコンビを組んでM-1にエントリーしていたのですが、先日の地震の影響で沖縄に来れなくなり、ゆたぼんに声をかけてくれたということです。
 
昨日のスナックキャンディ那覇店でココア男爵さんとゆたぼんが会って話をし、ゆたぼんは二つ返事で引き受けました。
 
 
さすが、ゆたぼん!
 
 
また新たな挑戦へと進んだゆたぼんがとても逞しく感じます。
 
もともとお笑い好きのゆたぼんですが、この挑戦でさらに成長することでしょう。
 
色んな挑戦と経験を繰り返しながら、ゆたぼんらしく生きていってくれたら嬉しいな、と思います!
 
 
楽しみだなぁ〜(^^)