世界中の人たちが笑いながら自由に生きられる世の中に!

検索

ユーザー ハッシュタグ

中村 幸也

作家

現在値 0.001000BTC
時価総額 10.000000BTC
発行VA数 10000VA
「あきらめる勇気」という本を出してます。
http://amzn.to/1lmkfGZ
妻と四人の子どもたちを連れて、大阪から沖縄に移住してきた自由人‼️
「必要な言葉は必要な時に必要な人へと届く」を信条に、七年以上毎日欠かさず、ブログを書いている言葉の伝道師です📝

レターポットで「幸せレター」贈っています📪 https://letterpot.otogimachi.jp/users/7693
中村 幸也

最初は誰もが初心者だ。だから恥ずかしがらずに失敗すればいい。だって失敗こそが挑戦した証でもあるのだから。
恥ずかしさから逃げずに挑戦すれば、きっとそこから少しずつ上手くなる!まぁボチボチいこや!

中村 幸也

【熱中症で倒れる児童が相次ぐ】
 
全国的に厳しい暑さが続き、
熱中症が原因での死者まで出ている。
 
幸い僕の住んでいる沖縄は涼しく、
家ではエアコンをつけていない。
 
常夏のイメージが強い沖縄だけど、
実は大阪とか東京のほうが暑い!
 
 
その理由は「ヒートアイランド現象」だ。
 
 
ここはビルやアスファルトが少なく、
緑も豊かである。
 
それに比べて都市部は人口が集中しており、
ビルやアスファルトに覆われている。
 
さらに人口排熱の増加で、
気温が上昇しているのだ。
 
沖縄に引っ越してきて、
「大阪より沖縄のほうが涼しいよ!」
って言うとビックリされる。
 
常夏のイ メージが強い沖縄だから、
気温もかなり高いと思われているのだ。
 
 
でも実際は超涼しい!
 
 
大阪に住んでいた頃は、
夏は35度を越えるは普通だった。
 
しかし沖縄では35度を越えることは、
ほぼほぼない。
 
日本全国の天気予報を見ても、
北海道の次に気温が低いのが、
沖縄だったりするくらいだ。
 
って、実は僕も沖縄に引っ越してくるまで、
こんなに過ごしやすいなんて
全然知らなかったんだけど笑
 
 
でも熱中症には気をつけなければならない。
 
 
つい先日、愛知県の小学1年生の児童が、
熱中症で亡くなった。
 
ほかにも校庭での写真撮影中、部活動中、
体育館で講演を聞いている最中など、
全国で倒れる 生徒が相次いでいる。
 
ある学校では熱を出した児童が、
2時間プールサイドで見学させられたり…。
 
もう、ホント滅茶苦茶やな。
 
教師の中には「自分もそうしてきた」
という自己正当化する者もいて、
まるっきり現状を理解できていない。
 
 
なぜなら、バイアスがかかっているから。
 
 
「昔から学校はそうしてきた」とか、
「これが学校の方針なんです」とか、
それが完全に時代遅れだとしても、
思考が停止していて変えようとしない。
 
だから「今の子どもは我慢が足りない」
「もっと鍛えるべきだ」とか言い出す。
 
これは「認知の歪み」だな。
 
もちろん、そんな教師ばかりだと、
言うつもりはない。
 
しかしほとん どの教師の考え方が、
時代に追い付いていないのは確かだ。
 
 
そして親たちも…。
 
 
親が信じるべきは学校とか教師ではなく、
「子ども」である。
 
子どもを100%信じてあげれば、
子どもは自分の人生を自分で決める。
 
そして自分の人生に責任を持てるようになる。
 
我が家の長男ゆたぼんは、
学校に行くか、行かないか、
自分で決めている。
 
大阪から沖縄に引っ越してきても、
そのスタイルは同じだ。
 
4時間目が大好きなプールの日は、
4時間目が始まる少し前に登校する。
 
給食だけ食べたい時は、
昼休みが始まる少し前に登校している。
 
 
ちなみに今日もそう!
 
 
今日はゆたぼんの小学校の終業 式で、
沖縄では児童はみんな終業式に
「式服を着て登校するという。
 
さらに終業式でも給食があるらしい。
 
しかし我が家のゆたぼんは、
相変わらずのフリースタイル。
 
「給食だけ食べてくる」と言って、
昼休み前に登校した。
 
 
普段通りの服装で。
 
 
休みたい時に休みたいと言い、
帰りたい時は帰りたいと言う。
 
嫌なことは嫌だと言い、
「おかしいな」と思うことに対しては、
自分を信じて行動する。
 
そういう人間に育つ為には、
親が子どもを100%信じてあげて、
それをサポートしてあげるべきだ。
 
だから学校に行くか、行かないかは、
子どもに決めさせればいいと思う。
 
 
だって学校はおかしなこと ばっかりやん!
 
 
「喉が渇いても水を飲んじゃダメ!」
「学校に水筒を持って来ちゃダメ!」
「授業中にトイレに行っちゃダメ!」
 
あれはダメ!これもダメ!
 
そして「先生がダメだと言うから」
と、親も児童も盲目的に信じるんではなく、
「本当にそうなのか?」を考えよう。
 
世の中の大多数が「そうだ」と言っても、
間違っていることはいっぱいあるのだから。
 
 
沖縄はホント涼しーさー(^^♪
 
 
台風10号が接近中で凄い風だけど、
だいぶ慣れてきた笑
 

中村 幸也

台風10号!沖縄に接近中!!

中村 幸也

今日は妻の手作りの沖縄料理「フーチャンプル」山盛り笑!初めて食べましたが、メッチャ美味くてバクバク食べれました(^^)

中村 幸也

【理想を現実にするアクションを!】

自分の理想の人生を思い浮かべ
それが現実になるように行動しよう。

僕たちの多くは大人になる過程で、
現実的な解決策や処世術を身に着け、
うまく生きるコツを覚えてきた。

しかしそれと引き換えに、
「理想と現実は違う」と言って、自分の
理想を追うのをやめてしまった人もいる。

若い頃は自分の理想について考え、
理想的な自分の未来像を作り上げたはずなのに、
いつしか自分の理想をあきらめてしまったのだ。


でも理想を現実にするのは可能である。


そもそも「理想」というのは、
自分が考える最高の状態のことだ。

だから理想の自分について考えるのは

とても大切なことなのである。

そしてあなたが理想をイメージできるのは、
それが現実になる可能性があるということだ。

もちろん、現実の世界を離れ、
妄想しているだけじゃ何も変わらない。


大事なのは「アクション」だ!


自分の最高の状態を思い浮かべ、
その状態になる為にアクションを起こすことだ。

現実という枠の中だけで生きていては、
自分の理想を現実にすることはできない。

だから自分の理想の人生を思い浮かべ、
それが現実になると信じて行動しよう。

あなたがイメージできることはすべて、
現実になる可能性があることなのだから。


PS.スマホの二年縛りから解放されたので、
使っていたスマ
ホを解約して、
新たに格安スマホを契約した。

乗り換えではなく新規契約なので、
色々とお得なことがあったし、
料金も今までの半分以下に!

有難いなぁ(^^♪

中村 幸也

【巨木も最初は小さなドングリ】
 
巨木を見ると「自分はそうはなれない」
と思うかもしれない。
 
でも巨木も最初は、
ドングリからのスタートだった。
 
 
どんな巨木も最初は小さな種だったのだ。
 
 
あなたから見て凄く魅力的な人だって、
産まれた時は赤ん坊だったし、
あなたが目指しているあの人だって、
みんな最初は小さなドングリだったんだよ。
 
色んな人たちを見て、
「自分はそうはなれない」
と思うかもしれない。
 
でもその人たちだって、
最初からそうだったわけじゃない。
 
みんな最初は小さなドングリからスタートし、
少しずつ、少しずつ、育ってきたのだ。
 
 
どんな偉業も小さな 一歩から始まる。
 
 
もちろん、誰もが同じように
巨木になれるとは限らない。
 
生まれ持った才能やセンス、
時には運が勝敗を分けることもあるだろう。
 
しかし巨木だけが魅力的とも言いきれない。
 
巨木の陰で人知れず咲いている小さな花に、
心が癒されることだってあるはずだ。
 
 
そう、あなたはあなたでいい。
 
 
原っぱで落ちているドングリだって、
それぞれ違った形をしているよね。
 
人間もドングリのようなもので、
それぞれが独自の特徴を持ち、
ユニークな個体として生まれている。
 
小さなドングリが時間をかけながら、
巨木になっていく可能性があるように、
僕たちの中にも可能性が圧縮されている。
 
だからそれぞれの持ち味を生かしながら、
自分らしく咲き誇ろう!
 
あなたは他の誰かになる為に
生まれたんじゃない。
 
あなたはあなたになる為に
生まれてきたのだから。
 
 
自分らしく生きようぜ(^O^)
 
 
PS.今日は出かけた帰りに沖縄県那覇市にある
崇元寺公園に行った。
 
ここには大きなガジュマルの木がある。
とても立派だ!
 
夜だから少し見にくかったから、
また昼間に見に行こうと思う。

中村 幸也

【人は可能性がないと迷わない】
 
人生は選択の連続だから、
何かを決める時には、
誰もが「迷う」という道を通る。
 
何かやってみたいことがあるけど、
やるか、やらないか、迷う。
 
どこか行きたい所があるけれど、
行くか、行かないか、迷う。
 
こんなふうに何かに迷うことは、
誰にでもあるだろう。
 
迷ったけど結局やらなかったことは、
当然やっていないことだから、
実際にやっていたらどうなっていたかは、
誰にもわからない。
 
だからやらなかったことは、
後悔が残りやすいのだ。
 
 
しかしやったことに対しては結果が出る。
 
 
それは成功という結果かもしれないし、
失敗という結果かもしれない。
 
だけど成功にしろ、失敗にしろ、
とにかく「結果」が出るから、
後悔したとしても後には引きずりにくい。
 
やらなかったことに対しては結果がでないので、
「あの時やっておけばどうなっただろう?」
という後悔が後まで残ってしまうのだ。
 
だから何かに迷った時は、
自分に「GOサイン」を出してあげよう。
 
なぜなら、「迷う」というのは、
できる可能性があるだし、
人は自分にできないことは迷わないから。
 
 
迷ったらGO!
 
 
そもそも何かで迷うということは、
それに関心があるからなのだ。
 
どこかに行くか行かないか迷うのは、
その場所に関心があるからだし、
何かに挑戦するかしないか迷うのも、
それに興味があるからだろう。
 
だから自分の直感を信じて、
「迷ったらGO」だ!
 
どんなことでも言えることだが、
何事もやってみなければわからない。
 
 
迷っている暇があったら踏み出してみよう!
 
 
人生はできる、できないかではなく、
やるか、やらないかだから。
 

中村 幸也

YouTubeに動画をアップしました。ここの滑り台は上から見るとほぼ垂直でスリル満点です!大阪府箕面市にある傾斜角度80度の滑り台。さて、我が家の子どもたちは滑ることができたのか?
https://youtu.be/MPnaD3Rt8E0

【激ヤバ】ほぼ垂直の傾斜80度のフリーフォール滑り台!彩都なないろ公園 大阪箕面

「うちなーYouTuber」のゆたぼん、ゆぅゆ、みーちゃんです✿✿✿ 大阪府箕面市にあるほとんど壁に近い 約90度の滑り台がある彩都なないろ公園に 行ってきました! さすがに怖かったようです(^^) ブ...

YouTube
中村 幸也

‪沖縄のソウルフード「タコライス」美味い!妻の手作り。タコは入ってないよ🐙‬

中村 幸也

【人生を変える方法は三つ】
 
人生を変える方法は三つしかない。
 
一つは時間配分を変える、
二つ目は住む場所を変える、
三つ目は付き合う人を変える、
この三つの要素でしか人間は変わらない。
 
もっとも無意味なのは、
「決意を新たにする」ことだ。
 
かつて決意して何か変わっただろうか。
 
行動を具体的に変えない限り、
決意だけでは何も変わらない。
 
 
これは経営コンサルタント大前研一さんの言葉だ。
 
 
今までと同じ時間の過ごし方をしていては、
人生を変えることはできない。
 
だから人生を変えたいと思うのなら、
この三つを変えるのが効果的だ。
 
たとえば、住む場所を変える。
 
住む場所が変われば目線も変わり、
新しく発見できる事がたくさんある。
 
新しい街の風景、新しく歩く道、
初めて会う隣人や初めていく店。
 
 
すべてが新鮮で刺激も貰える。
 
 
しかし住む場所を変えるとなると、
それなりのエネルギーも必要だ。
 
僕みたいに大阪から沖縄に
妻と子ども四人を連れて引っ越すとなると、
かなりのエネルギーがいる。
 
でもそこでパワーを発揮できなければ、
そもそも他の事もできないのではないか?
 
 
人は年齢を重ねるごとに体力も低下する。
 
 
これからの自分の中で最も若いのは、
まちがいなく「今」だ
 
最も若い「今」できないことが、
体力が低下してからできるはずがない。
 
よく「老後は●●に引っ越して~」
なんて言う人がいるけど、
今、自分の人生を変えるエネルギーを発揮しない人が、
老後になってから何ができるのだろう?
 
 
だから大切なのは「今」この瞬間なのである。
 
 
さらに引っ越すとなると自分にとって何が必要で
何が不要かを考えるきっかけになる。
 
自分がいかに余計なものに
時間やエネルギーを使っていたかよくわかるから、
強制的に断捨離できるのだ。
 
無駄なものに時間を費やすことがなくなると、
時間配分も変えられる。
 
現状を維持する為に使っていた時間を減らし、
自分のやりたいことを達成する為に
時間を使うようにすればいい。
 
 
環境を変えれば思考の習慣も変わる。
 
 
もし人生を変えたいのなら、
決意を新たにするのではなく、
三つの方法を試してみよう。
 
自分で自分にいる環境を変えて創っていけば、
人生も大きく変わってくるから。
 

中村 幸也

今日は「海の日」という事で、家族で沖縄県東海岸にあるクリード西原マリンパークへ。実は東海岸に来るのは初めて!沖縄本島の海というと、リゾートホテルが立ち並ぶ西海岸エリアに注目が集まりがちだが、逆側の東海岸もやっぱりキレイ!今日は泳がずに海岸と西原きらきらビーチを散歩して、おやつは妻の手作りのサーターアンダギー。子どもたちはケブカガニを見つけて大はしゃぎ(^^)

中村 幸也

‪先日パソコンがぶっ壊れて修理に四万円以上かかると言われ難儀していた所、母が大阪からノートパソコンを送ってくれた。メッチャ助かるし、メッチャ有り難い!いい本書くぞー‼️‬

中村 幸也

【人生は思ったとおりに進んでいく】
 
誰もが自分の思ったとおりの世界に住み、
自分が思ったとおりの人生を歩んでいる。
 
「思ったとおりになっていない」と言う人は、
「思ったとおりにならない」と思っている。
 
だから、思ったとおりのことが、
実現していると言えるのだ。
 
 
そう、「人生は思ったとおり」に進んでいく。
 
 
あなたが思うことは、
あなたの人生に大きな影響を与える。
 
「私はこんな人生望んでいない」
 
そう言う人も実はそう思っているからこそ、
その人生を歩んでいるのだ。
 
すべて自分の内側から生まれ、
外側に現れている。
 
 
これは言葉も同じだ。
 
 
どれだけ 恵まれた環境で育っても、
自分の不幸の部分ばかりにフォーカスして、
「私は不幸だ」という人はやっぱり不幸だ。
 
「つまらない。つまらない」と言う人は、
つまらなそうな人生を歩んでいるし、
「疲れた」が口癖の人は疲れた顔をしている。
 
マザーテレサはこう言った。
 
「思考に気をつけなさい。
それはいつか言葉になるから」と。
 
言葉は行動になり、行動は習慣になり、
習慣は性格になり、性格は運命になる。
 
 
だからまずは自分がどう思うかだ!
 
 
「思考」は凄い力であり、
やがて「思考」は「現実」になる。
 
時にはマイナス思考になり、
暗い気分になる時もあるかもしれない。
 
そんな時は「今の取り消しー!」っ て、
メンタルリセットすればいいだけだ。
 
 
過去の思考は過去のもの。
 
 
だから過去の思考に囚われないで、
今のあなたの思いを優先しよう。
 
あなたは思ったとおりの人生を歩んでいく。
だとしたら今、何を思う?
 

中村 幸也

えー!昨日の沖縄花火大会にミスチル来てたのか?行けばよかった!あー、ミスったー!

中村 幸也

人間というのは、自分に理解できない事柄はなんでも否定しようとするものだ。しかし否定し続けている限りは永遠に理解できないままだろう。

中村 幸也

子どもたちが沖縄の国際通りをぶらつきました!
https://youtu.be/gAwojtztWhY

【沖縄国際通り】うちなーYouTuber天才ゆたぼん兄妹の街ブラ!

「うちなーYouTuber」のゆたぼん、ゆぅゆ、 みーちゃん、ここさまです✿✿✿ 今日は沖縄国際通りをぶらつきましたー(^^) ブログもやってます(^^)↓ https://ameblo.jp/yymk-happy ゆたぼんがツイッ...

YouTube