検索

ユーザー ハッシュタグ

ヤノヨシタカ

写真家

現在値 0.010000BTC
時価総額 10.000000BTC
発行VA数 1000VA
|写真家 / PHOTOGRAPHER|
1982年、広島生まれ。写真家。
広島でアートギャラリーカフェCafeBressonを経営しながら制作拠点である東京を中心に全国各地で活動しています。

|ARTIST STATEMENT / 気軽に肖像写真を楽しむ時代を創る|
現代に生きる肖像写真家としてできることは、なにか。我らの時代の人間を、我らの時代の強さを、写真で語る為に活動しています。

|THOUGHT / さらに大きなスケールで進化を|
常に新しい表現を探しています。写真表現を軸として新しい認識、次の時代との関係性を写真作品にすることが私の仕事です。

|WATCH / ウォッチ登録|
ほぼ毎日アクティビティを更新しております。
ウォッチのご登録、お気軽に。

|MEDIA / TV・ラジオ出演、雑誌取材情報|
TV・ラジオ
2014.4 「エキキタ!」(RCC中国放送/TBS系列局)
2014.5 「Canvas」メインMC  (RCCラジオ)
2014.6 「満点ママ」(テレビ新広島/日本テレビ系列)
2016.5 「ランキンLand!」(RCC中国放送/TBS系列局)
2017.9 「テレビ宣言」(テレビ新広島/日本テレビ系列)
雑誌
TJ.WINK.他多数

|OFFICE AND STORE / CAFEBRESSON|
〒732-0057 広島県広島市東区二葉の里3-4-4 1F
http://cafebresson.net
ヤノヨシタカ

今回は初めてアパホテルに宿泊。

普段の安宿に比べるとアメニティも充実しており、お風呂も綺麗でした。
それ以外は劇的に普通でした。

アメニティが充実と言ってもひげ剃りは刑務所で配給されるような安物だったし残念。
ジョリジョリ感が皆無でした。

また泊まりたいかと言えば答えをゴニョゴニョ濁しそう。

某俳優がポイントカード作ってまで浮気してたホテルって聞いてたんで期待してたんですが、正直このホテルでそこまでして浮気してたのかと。
高校生の恋愛みたい。

Wi-Fiの回線速度が鬼ほど遅かったのがマイナスポイント。
「さすがアパ、下り最速!」を期待してましたが、どこかの部屋で回線使いまくって国外にサイバーテロを仕掛けてるのか何なのか、絞りに絞られて川の源泉くらいチョロチョロとしか回線速度がありませんでした。
それで何読み込めっていうの。

マイナスポイントというか
そこで採点やめたのが
部屋に置いてあるアパ社長の自叙伝「強運」。
一番目立つところに”ドーン”と。

アパホテルは至る所で社長の顔写真に出会えます。
フロントから部屋の中まで強制的に最低3回は顔写真を目にします。
輪ゴム持ってたら無意識で写真に向かって思い切り撃ってる自信がある。

本のタイトルは「強運」。

全身全霊を込めた自慢話の予感。

扇風機じゃないんだから
そんな簡単に大半の事を強目にしないで。

運だけの自慢話の本とか
かれこれ3000年間生きてやる事なくって暇で死にそうでも読まんわ。

なにが嫌かって(嫌って言ってしまった)
モナリザ効果により、自叙伝表紙のアパ社長の視線と私の視線がどこに移動しても合うのです。

さすがにホラー。
嫌よ、イヤイヤ。
引き出しの中に本を隠しました。
さすがにずっと見つめられるのはキツい。

強欲お婆ちゃんに一晩見つめられるとか
朝起きたらエナジー吸い取られてカリカリになってそう。

アパホテルでポイント貯めながら不倫してた某俳優は、アパ社長にずっと見つめられていたのかな?

すごいな。
なにその知床に夏の訪れを告げそうな性欲。

アパ社長は不倫する2人を「強運」から見ていたのかな?

すごいな。
なにそのデルタ。

想像するだけで宇宙のどこかの小惑星が爆発しそうです。

現場からは以上です。

ヤノヨシタカ

私は今、人生で感じたことのない怒りに体を震わせている。
必死に怒りを抑えてこの文章を書いている。
これからの表現に乱暴な言葉があったとすれば、それは先に謝っておかなければならない。

昨晩、
私はレンタルビデオ屋で
パイレーツ・オブ・カリビアンを借りた。

ああそうだ

間違いない

私は確かにパイレーツ・オブ・カリビアンを借りた。

自宅に戻り
私は意気揚々とDVDプレイヤーの電源を入れた。

パイレーツ・オブ・カリビアンのDVDを挿入し、
私はリモコンの再生ボタンを押した。

中身は

「釣りバカ日誌」だった。

誰だ。
いや、どこの組織だ。
こんなすり替えを計ったテロ組織は。

パニックを起こした私は
どうにか冒頭15分まで
これはパイレーツ・オブ・カリビアンだと
自分を騙して観ていた。

が、

無理だ。

主人公は大海原へと船を出すが
パイレーツがない。

パイレーツは後半にあるかもしれないが
カリビアンに至ってはゼロと言ってもいい。

この映像は
カリビアンでも何でもなく、
釣りをするバカの記録映像だ。

中年太りの優しそうな日本人男性が
ジジイの社長と釣りをしているアジア圏の映像だ。

チクショウめ。

私はどうすればいい。

電話するか?
「パイレーツ・オブ・カリビアンを借りたのに、釣りバカ日誌でした」と電話してゴネて
半笑いの店員が待つ店に釣りバカ日誌を持って行くと言うのか?

おかしな話はよせ
そんなことができるか。

店側のミスを指摘することは困難だ。
この店舗はパッケージからDVDの中身を抜き取ってレジで精算するシステムを採用している。
つまり、中身をすり替えられていたとしてもパッケージから抜き取ってしまうと、陳列してあったパッケージとの関係性は無くなる。
防犯カメラの映像を確認すれば確実に無実は証明できるが、たかたがこれしきのことでマジな奴だと思われたくない。

くそぉ!

なんでなんだっ!

私はハリウッドスター観たい
派手なアクションが観たい

海のアレだから
セクシー水着のお姉さんもチラチラ映るんだろう!

私はそれが観たい!
むしろお姉さんを中心に観たい!

そんなテンションの時にジャパニーズビジネスマンの苦労話なんて観たくない!

ああチクショウ
泣き寝入りするしかないのか!

こんなにも…
こんなにも卑劣な真似をするテロ組織が国内に潜伏していることが許せない。

ここまで読んで
既にお気付きになられた方もいるかもしれない

そうだ、
その通りだ。
まだ事件は終わってない。

あの店の釣りバカ日誌には
パイレーツ・オブ・カリビアンが仕込まれてる。

これは偶然なんかじゃない。
巧妙に仕組まれた罠だ。

パイレーツ・オブ・カリビアンを観たくて
釣りバカ日誌も強烈だが、

釣りバカ日誌を観たくて
パイレーツ・オブ・カリビアンは
もっとダメージがある。
世界観のシーソーゲームだ。

釣りバカ日誌をレンタルする年齢層は
データによれば高齢者層、

勤労感謝の日に
孫から買ってもらったDVDプレイヤー、

孫に教えてもらって
やっと覚えたDVDプレイヤーの使い方、

孫に付き添ってもらって
やっと作れたレンタルビデオ屋の会員証、

やっと借りれた
大好きな釣りバカ日誌、

これまで手伝ってくれた孫の顔が
夕陽に浮かんで涙が込み上げてくる、

一本の釣りバカ日誌を大切に持ちながら
手を繋いで歩いて帰る
おじいちゃんとおばあちゃん。

「今夜は孫と一緒に釣りバカ日誌だね、婆さん」
『あの子達は喜んでくれるかのぉ、お爺さん』
「きっと喜んでくれるじゃろ。楽しみじゃな、婆さんや」
『そうですね、お爺さん』

「早く、帰ってみんなと一緒に観よう」

やめろおおお

ダメだ
そのDVDをプレイヤーに入れるんじゃない!

そんなの一発目に借りて来たとか
アグレッシブすぎる高齢者だと思われるだろう!

釣りバカ日誌を借りたのに
中身がパイレーツ・オブ・カリビアンとか
ダイナミックな痴呆症だと思われるだろう!
翌日、老人ホームのパンフレット見せられるぞ!

ああ神よ
なんという試練を私に与えるのだ!

神よ
私はどうすればいい?

今すぐ手元にあるパイレーツを店に返却し
全てをなかったことにもできる

そうすればこれから老夫婦が起こす悲しい事件も防げるかもしれない

だがしかし

だかしかし、神よ

私は
もう家に帰って
“ゆっくり”してしまっている

言ってしまえばもうベッドに横になっている

ああチクショウ
寝心地が良い

今日に限って寝心地がとても良い
馬鹿みたいに寝心地が良い

外は雨だ

私は雨が大嫌いだ
行くか。こんな事で外に。
アホちゃうか。

神よ、私を許して下さい。

ついでに白状しますが、

もう既に一度観た「シン・ゴジラ」を間違ってパッケージごとレジに戻っていこうとしてしまい、
返す棚が分からなかったので
「どうぶつ大好き!」のコーナーに返しました。

ごめんなさい。

ヤノヨシタカ

「野比のび太」って凄い名前ですよね。
親が粋って名付けたとしか思えない。

私の場合に置き換えるとですよ
「矢野やの太」ですよ。

酷いったらありゃしない。
私なら物心つくと同時に親に申し開きを願います。
「やの太って何。理由を述べよ」と。

と、思ったら

のび太のお父さんの名前は
「野比のび助」でした。

まさかの確変2連チャン目。
だからって息子までのばすことないじゃない。

気になったので野比家の家系図を調べました。

のび太のお爺ちゃんの名前、
「野比のびる」でした。

のびる て。
ど真ん中、どストレート投げてきよった。

先祖代々、子々孫々
飽きもせずに馬鹿みたいに
何をのばしてるのよ。

(野比家 家系図)

のび太

のび助

のびる

のび吉

のび作

のび左衛門

のびろべえ
(以下略)

待て待て待て。
落ち着け。
そんな張り切って受け継がすな。

のばすな。

サロンパスか、お前ら。

のびろべえってヒドイ。
基本的にどいつもコイツもだけど
最もテキトーすぎる。

まぁこうして歴史を調べると
案外「野比のび太」は由緒ある名前でした。

じいちゃんのじいちゃんからのびてたら
そりゃのび太ものばさないとね。
納得、納得。

(野比家 家系図)

…。

…ん?

のび太の玄孫(やしゃご)※5代目の孫

「野比セワシ」

のばせや!

ヤノヨシタカ

国家の陰謀だと思うわけです。

「Tポイントカードはお持ちですか?」

これだけ何年も何回も何百回も何千回も何万回も何億回も全国津々浦々で同じ内容を連呼してもまだ聞いてくるか。

もう聞くな。
聞いてくれるな。

10年以上は聞いてくるぞ。
10年以上も持ってない人間は
もう持つ気がないんだよ。
気付くのだ、ファミマよ。

3650日以上、Tポイントカードの情報を強制的にインプットされ続けても1ポイントも貯めなかった、貯めなくても生きて来たこの俺が、何でもない週末の午前に女子高生のオススメで「あっ、アタシも持とうかな。Tポイントカード♪」と気が変わるとでも思ったか?

持つ気がないからあれから10何年後もこうしてヨロシク元気にTポイントカード持たずに生きてるわけです。

Tポイントカードを所持してなければ全国のファミマ店員から命を狙われるっていうのなら持つよ。
もうそれほどの事が起きない限り持たんよ。
意地よ。こうなりゃ意地ですよ。

しかし次から次にTポイントカード勧誘の刺客を送り込んで来やがって。

そろそろバイトさんに相手の瞳を見て「あ、Tポイントカード持ってないな。というか持つ気がない人なんだな」って分かるスキルを身につけさせてくれ。頼む。

これからファミアでバイトを始める人は各地域の地下施設で聖水飲ませて超感覚を覚醒させてお客さんの瞳を見ただけでTポイントカードを持っているかどうか分かるようにしてくれ。頼む。マジで。

本当に最近のレジ接客の会話の長さたるや。
しっかりと接客されて
しっかりと返事したら
そこそこ会話が成立してしまう。

狂ってるとしか思えないよ、日本って国は。

おにぎり1つ買うのにも知らない人と冷めついたトーンでTポイントカード持っているかどうかの世間話をしなくちゃならん。

先日の話です。

お会計後に店を出て
出た瞬間、買い忘れた物を思い出して
またレジに行ったら
また聞いて来よりました。

サイコか。

30秒前にTポイントカードは持ってない男が
30秒後に作ってきたと本気で思ったのか。

手品か。

わしゃカッパーフィールドか。

頭パッカー割れて
今まで無理矢理聞かされた沢山の「T」がフィールドにホラ、楽しそうに飛んでいくわ。

君も掴まってごらんよ、そのTに。

僕はこのTに掴まるから。

あの雲の向こうまで一緒に行こうよ。

頭にTを突き刺してごらんよ。
まるでタケコプターじゃないか。

あははは
楽しいね。

回ってないね。
だってTだもんね。

レジ接客で質問される内容が多くなれば多くなるほど、私は生活の中で首を横に振る回数が増加します。

「持ってません」
この度にスイング。
「作りません、要りません」
ことある度にスイング、スイング。

そのスイング回数を生涯ベースで合算すると誰でも気軽に脳しんとうを起こして倒れる回数になります。

人間の脳はプリンみたいなものです。
左右に振り続けたらどうなるか、ファミアの入店音と共にご想像下さい。

つまり、Tポイントカードを持ってないだけで
死に至る原因が一つ加算されるわけです。
ポイントだけに(裏声)

私は死にたくないので
ここ最近、いろいろな実験を行いました。

「どうすれば最近のコンビニ接客から起きる健康被害を抑えられるか」です。

最も有効的なのが無言でした。

向こうが永遠と話しかけてくるなら
こちらは逆手でサイレントです。

何を聞かれても時を止めます。
瞬きもせず相手のトークが全て終了するまで静止。

終わったところで「ありがとう」と告げて帰ります。

サイレント戦法、効果的ですが弱点があります。

凄まじく印象悪いです。
当たり前ですけど。

勝手に永遠と話しかけられるわけで
それに対して反応するかしないかは私の自由です。
嫌なら相手がセールトーク辞めたらいいだけの事ですけど、それでもやっぱり印象悪いです。
お互いの心が痛くなります。

最近の新戦法は
「ものすごくゆっくりとマブタを閉じる」です。
私はクローズ・ユア・アイズと呼んでいます。

質問と同時にゆっくりと目を閉じます。
BGMはWindowsのシャットダウン音を想像して下さい。
店員さんが「ポイントカード持ってないんだな」と切り替わったら目を開けます。
そしてまた何か勧めてきたらまたゆっくりと目を閉じます。
これがサイレントに次いで体力を温存できる作戦です。

言葉を使用する場合は
「NO」とシンプルに言う戦法もあります。

しっかりと発音すると強くなりすぎるので
「にょー」と「もぉー」の中間あたりの発声に濁点を付けます?まだ地球のどこの言語も採用していない発声で応えます。

「持ってません、作りません、要りません、結構です」これを毎回言えば済む話です。
ですが正直辛い時があります。
今は風邪を引いているので応えるだけでゴホゴホです。
首をフリフリするしかありません。

8年通ってる近所のコンビニなので、そろそろ持ってない事を覚えて欲しいのですが、絶対に覚えない、覚える気がないので私も心を鬼にしています。

次に考えている戦法の名前は「エレベーター」です。
どうするかと言うと
質問してくる度に膝を曲げて下がって行くという内容です。
クイっとヒザを曲げる「クイック」も考案しましたが相手が気がつかないので却下しました。

最終奥義も考えてあります。
戦法の名前は「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」です。
内容は、YES・NOボタンをレジに置いて
セールストークが始まった瞬間に早押しでNOボタンをピンポンする作戦です。

店員「てぃ
(ピンポン!)「NO」

この奥義を繰り出す前になんとかします。

そんなこんな、色々考えて久しぶりにマクドナルドに行ったら店員さんに聞かれした。

「お客様、dポイントカードはお持ちですか?」

血の気が引きましたね。

やれやれ。
Tの次はDか。

あと何年かしたらアルファベットを全部レジで言うてくる時代が来ますね。
そうなったら会計後は走って逃げないと7分ぐらい永遠とマニュアルの独唱です。

困った困った。

そんな感じです。

ヤノヨシタカ

日頃から政治的なネタに関しては発言を避けているのだけど
福田淳一財務事務次官のセクハラ被害について色々と思うところがある。

音声データに関しては合成という日本音響研究所の見解もある。
プロが音声解析して言うのだからそうなのだろう。
背景音からして様々な環境下の音声が合成されている。
ジャズが流れてホステスが居て鉄板焼きがあるキャバクラなどの風俗店の可能性が高いそうな。
キャバクラの会話をMADにするとはマスコミもファンタステッィクな手を使うじゃないか。

すなわちジャズが流れてホステスが居て鉄板焼きがある場所で記者と会食したということになる。

絵に描いたようなハニートラップ。
申し訳ないが笑ってしまった。
「今夜、俺、イケそうな気がする」とトイレでガッツポーズ決めてる福田淳一財務事務次官が目に浮かぶ。

そりゃジャズが流れてホステスもいて目の前の鉄板で肉を焼かれてお酒飲んだら本性バルブ全開でしょう。
ルパン3世くらい全部分かって騙される器がないと、結果こうなるという良い教訓。

騙した方も悪いが、騙された方も悪いとしか言えない。
あくまでも全て私の憶測だが
過去に同じ手で良い想いをした人間じゃないと
ここまでワキは甘くならない。発言の内容がそれを物語っている。
というか、ワキが甘いレベルではなくワキが開きっぱなしである。
木の上で寝ているチンパンジーに負けないくらい両脇フルオープン状態。

今はどう反論しても焼け石に水どころか石油にマッチ踊りながら放り投げるようなものなので
自分の落ち度を猛省してやらかしたケジメはつけて
一件が片付いた後に残った本当の友達と呼べる人たちに
あとで慰めてもらうことを心から祈っている。南無。

ヤノヨシタカ

下手な写真とは何か。

店で何年も写真愛好家の皆様とディスカッションしてきたテーマであります。

私は「下手な写真」はこの世に1枚も存在しないと思っています。

理由と説明を述べます。

理由その1
どのような結果でも、撮影者の哲学を通して撮影されているので「意味」と「意図」が必ず存在する。

説明
下手な写真とは言葉を足せば「意思の表現が下手な写真」になるのだろう。しかし、何と比べて下手なのかが伝わらなければ何故下手なのかが分からない。
芸術とは読み手が作る感情なので、読み手が何かを1mmでも感じられたら役割は達成される。
下手な写真かどうかは本来、本人が関与したり決めるものではない。

理由その2
どのような写真でも、ただ宇宙の一片を切り取ったもの。

説明
文章や絵画のようにゼロの世界から創り上げるならまだしも、写真は風景を切り取った産物に過ぎない。この宇宙のどこかに「下手な風景」や「下手な光景」があるなら「下手な写真」も存在する。
が、そんな奇妙な風景や光景はこの宇宙に存在しない。

要するに
「下手な写真」とは
「気に入ってない写真」であります。

下手だから下手な写真ではなく、
気に入ってないから下手な写真に見えるわけであります。

この考え方はすごく大切だと思っております。
理解すれば倍速で表現力が増します。

技術向上を図っても肝心の「自分の気に入るもの」を知っていなければ砂漠にヒヤシンスを植えるようなものです。
逆を言えば「自分の気に入るもの」を知っていれば、どう撮っても納得に至る写真になります。

ヤノヨシタカ

太陽の陽を浴びてなさすぎ、運動しなさすぎということで
こりゃどうにかせんといかんと思い、最近は普段より2時間早く起きて近所を散歩しております。
仕事の事など色々考えながらカメラ片手にフラフラと一汗かくまで太陽の方向に向かって歩いております。

夜は半身浴したり、代謝を上げるために白湯やらココアとか飲んでます。
OLのお姉さんみたいな生活を送っております。
するとどうでしょう、数日で笑えるくらいに体も軽くなり肌の様子も回復してきました。
もっと早くからこうすれば良かったと反省しております。

特に理由もなくカメラを持ち歩いて撮り歩くのも久しぶりなので楽しいです。
超インドア人間なので家から1kmも離れていない場所に知らない風景を見つけて感動します。

世間一般の休日を過ごされる方が四国辺りに旅行して味わう感動を私は自宅半径1kmで体験できます。
自慢して言うことではないのですが、インドアはインドアでお得です。

ヤノヨシタカ

もしも お釈迦様が現代のカメラを手にしたら
一体、何を撮るのだろう。
私の中で「釈迦スナップ」と呼んでいるテーマです。
お釈迦様ですから
それはそれはありがたい写真をお撮りになられると思います。
空が有力候補です。
ビックカメラでカメラを購入した方が、帰宅途中に取り敢えず撮りそうな被写体をお釈迦様もシューティングされるのではないでしょうか。
しかし相手はお釈迦様です。
一般人の私には想像もつかない光景を選んでお撮りになるのかもしれません。
お爺ちゃんの後頭部だけ
お坊さんの半目の笑顔だけ
とにかく稲、とにかく稲穂だけ、とか
高度すぎて理解できないスペイシーなテーマかもしれません。
複雑な被写体ではなくシンプルに身近なテーマをお選びになるかもしれません。
お寺の外観、木魚、数珠、袈裟など
「インスタ映え」ならぬ「仏教映え」も考えられます。
『悟りを開いたなう。
# オープン・ザ・サトリ
# ファインダー越しの悟りの世界
# なんだか動物達が集まって来た
# 仏教 # 悟りチャレンジ # 開けた』みたいな。
考えるだけで楽しいです。

ヤノヨシタカ

私が絶対にやりそうにないことを考えてみた。

「ふんわり♪ほっこり♪楽しいカメラ教室(美味しいランチ付き♡)」

やるわけがない。

”ふんわり”とか
空中に飛散するアスベストみたいなこと言ってないで
自分のオリジナルの表現方法を見つけたいなら
誰かが発狂するまで精神を削る時間にすべきです。

美味しいランチとか言語道断です。
サトウキビでもかじりながら
ギリギリ思考が保てる糖分を摂取して
ただひたすら写真に向かって苦悩してください。

「ルンルン♪会話を楽しみながらスナップ写真撮影講座(美味しいランチ付き♡)」

やるわけがない。

街に逃げ隠れた犯人を探す傭兵になったつもりで
自分に与えられたミッションを黙って遂行するべきです。
撃たなければ自分が撃たれると思ってください。

美味しいランチとか言語道断です。
どうしても食べたいのであれば
私の目を盗みながら
木の陰や物陰に隠れながら栄養を摂取してください。

「オシャレなカフェで写真好き同士の婚活パーティー(美味しいランチ付き♡)」

やるわけがない。

写真を恋愛のダシに使う人間は説教対象です。
カメラのお陰とも知らずに
上手な写真を撮れると勘違いして
調子コキ上げている芸術家気取りの男は
インスタグラムの写真をプロジェクターで大々的に投影して
痛烈という言葉が優しいと思えるほどの講評を始めます。

美味しいランチとか言語道断です。
飲み物は白湯(さゆ)
食べ物は粥(かゆ)です。
飛鳥時代のラインナップみたいな食事を楽しんでください。

一定のインターバルを設けながら
梅干しをテーブルに1つ置きますので
取り合って下さい。
譲り合って下さい。

——————

以上です。

一応、念のために言っておきます。
全部嘘です。

ヤノヨシタカ

こんにちは。
皆様、お正月休みいかがお過ごしでしょうか。
「写真家に全力で叱られたい・褒められたい優待」を設置しました。

ゴー・トゥー・ヘブン、ゴー・トゥー・ヘル。
天国と地獄を味わえる・選べる写真講評です。

写真は講評と共にVALUアクティビティ投稿に公開させて頂きます。
褒められたい方は天国へと導かれるようなひとときの愉悦を味わって頂けます。
叱られたい方は泣いてもこの手を止めません。思う存分に公開処刑を行います。

真面目に講評を受けたい方、
遊び半分で参加してみたい方、
マジでのカメラで撮影したマジな写真、
スマホで撮った適当な写真、
キャリア不問、真剣度不問でございます。

0VA優待なのでお気軽にご参加頂けたらと思います。
シェアなど大歓迎でございます。

沢山のご参加をお待ちしております!

■参加方法■
私のTwitter( https://twitter.com/yanoyoshitaka )にVALUのURLと写真を投稿したツイートをお送り下さいませ。

ヤノヨシタカさんが優待を追加しました。
【0VA】写真家に全力で叱られたい・褒められたい【謹賀新年】 ■企画概要■
ゴー・トゥー・ヘブン、ゴー・トゥー・ヘル。
天国と地獄を味わえる・選べるヤノヨシタカの写真講評です。
0VA、誰でも参加自由です。
 
写真は講評と共にVALUアクティビティ投稿に公開させて頂きます。
褒められたい方は天国へと導かれるようなひとときの愉悦を味わって頂けます。
叱られたい方は泣いてもこの手を止めません。思う存分に公開処刑を行います。
沢山のご応募をお待ちしております。

■企画目的
「皆さんと一緒にVALUを楽しむこと」を目指して企画しております。

■参加方法■
私のTwitter( https://twitter.com/yanoyoshitaka )にVALUのURLと写真を投稿したツイートをお送り下さいませ。

参加自由・写真の経験不問です。
スマホで撮影した写真、本気の作品、何でも受け付けます。
お気軽にご参加下さいませ。

保有者全員 2018/01/04~2018/01/31

ヤノヨシタカ

お正月は店を営業しながら2018年前半の企画の準備。
今年は広島でも撮影企画を始める予定です。
自分を信じ目標にアタックを続けて、しっかり仕事を楽しんで、しっかり稼ぐ1年にしたいと思います。

ヤノヨシタカ

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

2018年も作家業に専念し、皆様に笑って頂けるよう、らしさ大爆発で活動していきたいと思います。
皆様にとっても良い年になりますように!

ヤノヨシタカ

UFOの目撃映像が話題になっています。
毎回思うことですが、なんで宇宙人は飛行物体でウロウロするんだろう。
車でウロウロしたらいいのに。

地上だとバレやすいからでしょうか。
いやいや、音速で飛行しながら機体をクルクル回せる馬鹿みたいな技術とテンションがあるわけですからバレずにウロウロできるでしょうに。

宇宙の技術を地球人に見せつけたいならもっと良い方法があると思います。
例えば音速で飛行しながら機体の色んな箇所がパカパカと開くとか。
機体の出入り口とか小窓がアホみたいにパカパカと開くわけです。
さすがに「凄いな」と感心します。

「UFOは地球を侵略するために偵察に来ている説」もよく耳にします。

いや、あんたら何年偵察してんだよ っていう。

私が小学生の時から偵察に来てます。
下手くそかよ。
偵察に向いてないにも程がある。

余程の馬鹿を現地に派遣しているのか
ハナから調べる気がないのか、どちらかです。
そんな軍団が襲来しても負ける気がしません。
武器すら要らないんじゃないかな。
ビンタとかで勝てそう。

「仲良しになりたい説」もありますよね。

どちらにしても早よせい、と。
あんたらが銀河レベルのシャイを爆発している間にワレワレ地球人は老いて死ぬから、そろそろ勇気だしてくれと。

そんな感じです。

サンタクロースが宇宙人説もありますよね。
ちなみに今夜、広島は雨らしいです。
残念ですね。ウケる。

屋外で夜景を観ながら好きな娘とメリークリスマスしようとしてたメンズの皆様には「ざまぁ」としか言えないのですが、女の子と二人でイブに何かできる時点で勝ち組ではあるので「この雨が雪に変わればいいのにね」と山下達郎を召喚して人様の迷惑を考えないロマンチックをほざきながら気温より寒い感じの中、幸せになって下さい。

1mmもそんな事を思っていませんが
恋人同士で過ごされる皆さんにとって幸せなクリスマスになりますように。

ヤノヨシタカ

三蔵法師「この先はついに天竺だ、みんなよくここまで私について来てくれたな。悟空、ありがとう」

悟空「何を水臭いこと言ってんだよ、お師匠さん」

三蔵法師「悟空の力お陰でここまで来れたようなものだ。感謝してる。沙悟浄も、ありがとう」

沙悟浄「へへ、よせやい」

三蔵法師「沙悟浄の知恵のお陰で何度もピンチを潜りぬけることができた。感謝してる。
豚も、ありがとう」

猪八戒「え。 あ…はい」

三蔵法師「疲れた時、豚の顔を見て何度も笑わしてもらった。感謝してる」

猪八戒「い、いいえ。お役に立てたのなら嬉しいです」

三蔵法師「悟空、」

悟空「はい」

三蔵法師「最後の戦い、頼んだぞ」

悟空「おう、任せとけって」

三蔵法師「沙悟浄も、よろしく頼むぞ」

沙悟浄「はい、お師匠様」

三蔵法師「豚、」

猪八戒「はい」

三蔵法師「そうだ。そんな感じに皆んなが疲れたら面白い顔をしてくれ」

猪八戒「今は普通の顔をしているつもりですが、必要とあらば」

三蔵法師「悟空や沙悟浄も、豚も」

猪八戒「ちょっといいですか」

三蔵法師「なんだ豚」

猪八戒「出発前に盛り上がっているところ申し訳ないです」

三蔵法師「気にするな豚、言いたいことがあればなんでもブヒブヒ言ってくれ」

猪八戒「私、何かお師匠様の気に触るようなことしましたっけ?」

三蔵法師「あははは。このような時に何を馬鹿なことを言ってるのだ豚。冗談は顔だけにしとけよ。あははは」

猪八戒「なんだろう。おかしいなぁ…」

三蔵法師「猿も河童は何か異変を感じるか?」

悟空・沙悟浄「いえ、特に」

三蔵法師「猿も河童もそう言ってるぞ」

猪八戒「そ、そのようですね。私の気のせいみたいです」

三蔵法師「気にするな、家畜。」

猪八戒「てめぇ」

ヤノヨシタカ

写真対決展、フォトレイツ。
本日無事に終了致しました。

まずはお越し頂いた全ての皆様に深くお礼申し上げます。誠にありがとうございました。

結果は…ごめんなさい。
負けてしまいました。
実力が足りませんでした。

もっと面白い人間になります。
その為に、もっと努力します。
これからも皆様に楽しんで頂けるようフルパワーで頑張りますので、変わらぬご支援ご声援の程宜しくお願い致します。

——————————————-

イベントを総括させて頂きます。

企画・立案・参加・会場進行
で、負けるという
壮大なノリツッコミで私の初挑戦は終わりました。

第一弾目としては大成功でした。
週末は両者の応援団で会場は溢れかえり、写真の話はもちろん、「作家を評価する」という普段は聞こえてこない話題もありました。
皆様には新鮮な感覚を楽しんで頂けたと思います。
少なくとも「地方はアートに無関心」ではない空間でした。子供からお年寄りまで、写真ファンも写真が分からない人々も皆で楽しむ空間でした。
つまり「地方はアートに無関心」は単なる言い訳で、参加する人間の本気と、そこに賭ける大切な物を増やしていけば土地は関係なくなるということです。

短い言葉で言うなれば「緊張感」です。
それが心地良く会場に流れていたのだと思います。

いよいよ動きだしたフォトレイツ構想。
それは競争を作り出し、業界に頼るだけではなく自らの手で業界を盛り上げる計画です。

次戦にご期待下さいませ。

番外編として「ヤノヨシタカ炎の10番勝負」を来年から始めようと思います。

ヤノヨシタカ VS イラストレーター
とか
ヤノヨシタカ VS 音楽家
とか
ヤノヨシタカ VS アニメーター
とか
ヤノヨシタカ VS 主婦
とか
私が皆様にご紹介したいステキな方々とガチンコで闘おうかなと。

主婦の子育て奮闘記 VS ヤノ
とか、異種格闘技を超えて四次元過ぎてクールです。
センスしか問われていません。

でも、新しい発見があったり
見たことない世界がありそうで楽しそうです。

これからも皆様を巻き添えにして参りますのでお付き合いのほど宜しくお願い致します。