AI技術を活かしたコンパクトなホスピタルを目指す!

永江 航

医療法人永江内科 医師

現在値 0.005000BTC
時価総額 15.000000BTC
発行VA数 3000VA
医療法人永江内科小児科医院(佐賀市)をしております。専門は総合診療部(ドクターGの類)です。全人的に患者様を治療することを年中考えています。将来はAI技術を生かしたコンパクトなホスピタルを目指しています。新たな医療デバイスなども積極的に使用してより良い医療を提供できるようしております。そしてもう一つが「医者嫌い」の方を少なくしたい!と思っています。医者のイメージを変えられるように頑張ります!いつでも何でも困ったことがあれば、ご相談ください。既婚、心身ともに健康です。趣味はサッカーとサッカー観戦です。サガン鳥栖の大ファンで、ファン歴18年の中堅どころです。あと、食べ歩きも好きです。てきとーに自分のセンサーだけで食べるお店は決める派です。競馬も20年以上見てきて、勝つ馬や構想する馬は少しわかります。(ここ10年は7勝3敗です)では、よろしくお願いします!

はじめは、ツイッターのメールやFACEBOOKのメッセンジャーでアクセスしていただけると助かります!

追記:
【これからの日本をどうするかについての個人的見解!!】

私は、経済の専門家でもありませんし、AI技術には全く詳しくありません。
ですので、そんな何もわかってない人間の戯言だと思って読んでください。

今の世界情勢から考えて、近い将来起こりうることは
①大量生産が可能なハードウェアは、中国をはじめとした新興国に需要が集中し、その分日本人の雇用が少なくなる
②AI技術の発展で、肉体労働者、知的労働者のほとんどすべてが必要なくなる可能性がある。
③日本は少子高齢化から人口減少の流れとなる(技術の進歩で不老不死を手に入れているかもしれませんが(^_^;))。全体的な国力が落ちる。

そうなると、なにか高い値段を払ってでも購入したいユニークなサービスやモノ、ソフトウェア、そしてそれを「つくる」人の需要が残っていくはずです。今のamazonやfacebookを見ればおわかりです。それで今、アメリカ(正確に言うとシリコンバレーでしょうか?)は繁栄しています。これらのサービスは、極論をいうと衣食住には必要のないものばかりです。日本もベーシックインカムを制度化し、できたみんなの「ひま」な時間で新しいものを創造する国になった方が戦略的だと思うのです。もちろん、今まで通り働きたい人はどんどん働いてもらって結構、私はのんびりした生活がいいという人はベーシックインカムでやりくりできる社会。素晴らしいと思いませんか?

そこで、ひろゆきこと西村博之さんが考えたベーシックインカム案というものがあります。
☆概要
支給額:月額7万円想定(※18歳未満は3割)
☆必要予算
93.76兆円
(日本人人口1億2502万人、0~17歳 1915万人×25.2万円、18歳~ 1億0587万人×84万円)
☆財源
医療費全員3割負担 16兆円
生活保護費カット 4兆円
相続税1.5倍 3兆円 1兆円増
厚生年金と国民年金の支給額をベーシックインカムと同額にする 20.1兆円
 (↑BI月額8万円の場合は15.2兆円に減るため注意)
固定資産税5.6% 25.5兆円
解雇規制を無くすことで法人税10.8兆円(2015年度)から倍に 10.8兆円増
たばこを1320円にすることで 6.45兆円 4.3兆円増
パチンコ税35% 6.3兆円
現在の予算 88兆円
その他の財源候補
・ペットショップ税
・投資益を分離課税(20%固定)から、他の所得と合算しての累進課税に(ただし額の算出が難しく、年によって変動が激しい)
・富裕税(一定以上の資産に対する課税。ただし資産の把握が困難で実現(復活)は難しい)
・消費増税、国債や政府紙幣(とりあえずこれらは使わない方向で検討中)
☆給付対象
・日本国籍所持者

色んな団体からの圧力が凄まじそうですが、これはとても良い案だと思います。