キーワードを入力

ユーザー ハッシュタグ

現在値 0.005000BTC
時価総額 25.000000BTC
発行VA数 5000VA
画家・アーティスト

私は絵描きです。
現在は日本のみならず、フランス・アメリカ・オーストラリア等で
個展やワークショップを開催。
東京、埼玉、福島で絵画教室をしています。
2008年以降毎年フランスに長期滞在し制作をしてきました、
その度に自分のパレットの色目が変わり
作品に向かう意識が変わってきました。
私の制作テーマは「幸せで包み込む光、孤独から解放する音」を
絵画を通して表現する事です。
作品を通して見る人を幸せにすることが出来ればと思っています
VALUの存在を知り通常のSNSとは違う
意識の高い交流が出来る事、新たな期待を感じています。
日本のアートに於ける現状はまだまだ遅れています
若い世代の人たち様々なジャンルの違う方々とも繋がりを持ち
感性を磨きながら日本のアート界を共に盛り上げて行きたいと思っています。
村田 旭

今年は
夏に向けて幾つか展覧会を控えている為
目下必死で作品に向かっています
その向かえる時間に感謝しています
ちょっと前までは
制作中の顔!とても他人には見せられない
怖い表情でしたが、きっと…
今は心の変化によって(笑)
ニコニコしながら優しい顔で描いています
作品が何か喜んでいる気がします!

村田 旭

「蝉しぐれ」油彩 91/73cm

作品とは全く関係のないお話です
でもちょっと不思議な話です
興味のある方はお付き合いください

昨日私の故郷に友人(外国人)訪ねてきました
友人と言っても友達の友達で
2~3度メールのやり取りをした程度

一日観光をして温泉に泊まっての一人旅
車で案内しながら楽しい時間を過ごしました

彼は私と生年月日・・・生まれた年も日にちも
全く一緒です
それだけでもびっくりなのですが
皆さん…
もっと驚いてください

なんとね、手相が同じです
しかも 左右です  笑 もう鳥肌ものでしょ!!!!
そして
結婚記念日も一緒でした~~ひえ~~!!ありえません!!

私は普通の絵描きですが
彼はかつて東南アジアで事業を展開
メチャ金持ちです。。。

そこだけ大きく違いました・・・沈

村田 旭

「艶」水彩・パステル 55・78cm

私の郷の近くに樹齢1000年以上とも言われる老木のしだれ桜
「滝桜」があります
ご存知の方も多いと思います

2011年の震災の時こそ人は少なかったものの
毎年大勢の見物客が全国から訪れます
が、これが中々タイミングが難しく
せっかく遠方から来られたのにまだ咲いていない、、とか散ってしまったとか
皆さん一年前から予約されての事ですから
予想が外れて残念!という結果もままあるようです

身近にいる私はというと最近はあまり見に行かない、というより行けないのです
なんだか必死に咲いているこの樹を見る度に
とてもせつない気持ちになるからです

そんな思いは私ぐらいかもしれませんけど。。。
テレビで中継を見て「ホントにおつかれさま..」と今年も声をかけました

村田 旭

「艶」水彩・パステル(2018スケッチ)

あれほど桜が咲くのを待ちこがれてたのに
あっという間に咲いてしまって、それこそ瞬く間に散ってしまった
歳を重ねて毎年思う事ですが
桜が散ったら今年はもうすぐ終わり。。。
のはずなのですが
結構様々なイベント、企画が続き
ありがたい事ですが休ませてくれません
これから夏にかけて
またここでワクワクするお話をアップ出来るといいなぁと
思っています

村田 旭

春」油彩 F20

良く言われるのは
油彩は難しいから水彩が描けるようになったらはじめます。。

私はそう思いません
油彩の方がはるかに簡単ですし
油彩をはじめると絵について分かることがたくさんあります
前に書きましたが、このDUOという画材は油画にして
水で洗え臭いがしません。。手軽です
そして何と言っても絵の王道です!
存在感や重厚感、発色はこれに勝るものがありません
絵を始めたいと言う方には
私は「油彩」をまずおやり下さいとお勧めします

村田 旭

◆「添削レッスン」パステルを使って作品をドラマチックに◆

混合技法のレッスンでは
従来の水彩にパステルを加えることで
作品をドラマチックにそして色彩に幅を持たせて
さらに輝かせます
ドラマチックにする為には光りと陰を強調します

村田 旭

[ ブルーバード]水彩/パステルのドローイング

郡山にある我がアトリエの2階には
バレエスタジオがあります
実は私がバレリーナを描きたくて
入って頂いたと言うのがホントです
確かに実際のダンスはとても素敵ですが
バックヤードの所作
舞台に出る前の彼女達の表情

描いてみたいテーマなのです

村田 旭

「水中花の咲く」水彩・パステル 38・55cm

最初の頃のアクティビティに書きましたが
この青は南仏ルシオンから持って帰って来た顔料です

ルシオンは赤い土の町でその土はオークルと言う顔料になります
オークルに熱を加えると深い蒼になるのです
はじめに見た時
その何とも言えない深い色に魅了され
持ち帰りました

光の反射で雲母のようにキラキラと輝くときがあり
とてもミステリアスなテクスチャーになります
この深い蒼を使って少しミステリアスなテーマで描いてみたかった作品です

村田 旭

21日 無事に作品展及び教室展終了いたしました
大勢の方に御出で頂きましてありがとうございました〜〜
会期中は始終バタバタしていて
失礼がありましたら心よりお詫び申し上げます

毎年この教室展で思うことですが
お仕事をリタイヤされた男性の生徒さん
お当番の日に何人ものお友達がお出でになります
懐かしいな=とご挨拶の後、出品した作品の前で皆で楽しそうにおしゃべり
その後は美術館を出た近所でその作品を肴に一杯
年に一度の宴会が始まります

もちろん男女問わずその時をよい機会として
離ればなれのご家族が一同に会したり、懐かしい旧友との再会の場であったり
きっとその日を心待ちにしておられたのでしょう
その場に遭遇する私も何とも幸せを感じるのです

村田 旭

明日からの作品展・教室展 今日全て準備がととのいました!!
おついでがありましたら
本当にお気軽にお立寄り頂けたら嬉しい限りです
16日から21日まで  JR大崎駅直結 O美術館にて

村田 旭

展覧会の告知をさせていただきます

◆とき 3月16日(金)~21日(水)
    10:30~18:00(最終日は16:0まで)

◆ところ 品川 O美術館(オー美術館) JR大崎駅 隣接

村田 旭 作品展 及 アトリエヴァーズノワール東京・大宮教室展

120点ほどの絵画作品が並びます
O美術館はゆったりとした落ち着く会場です
おついでのある方、お時間の許す方はぜひお出かけください
会場でお待ちしております

村田 旭

「HIKARI」」油彩 F−10 キャンバス

親子で描いて欲しいと頼まれる事があります
様々な想いがあって
それを全部受け止めて描ければ良いのですが
きっとその思いや願いの10分の一も描きとめることが
出来てないんだろうなぁ。。といつも思います
その時、その時期を記録として残すのではなく

上手く言えないけど、、共に成長して行くような
そんな作品をなんとか描き上げて「どう?」って見せたい、、な

村田 旭

「25ans」水彩/パステル

イタリアにファブリアーノという街があって
水彩紙が有名。。その町の名前 ファブリアーノという名前の紙が世界中で販売されています
そこで毎年国際水彩画連盟の大きな展覧会(お祭り)があります
おそらく水彩画の展覧会としては世界最大で
その期間たくさんの国から参加者が大勢集まります
私はまだ行ったことがありませんが
一昨年から参加していて、これは最初にエントリーしたもので
現在はファブリアーノの水彩美術館に所蔵されている作品です

村田 旭

「想う」油彩(DUO) キャンバス 62/78cm

水で描ける油絵の具、デュオと言います
水で描けると言うより水で筆を洗える、、と解釈しています
いずれにしろ石油を使わないから
匂いも無い!ギトギトの油を流さない!これは
とても大きな事だと思っています
台所で描いている生徒さんも居ます!!
残念ながら日本はまだ従来の油絵の具が圧倒的に主流ですが
アメリカはすでに逆転しています
何を使おうが良い絵が描ければそれで良いんだろうけど
近い将来には「描く」というスタイル
「描く」という人なりが一層注目されるような気がしています

村田 旭

「村の朝」水彩/パステル 78/55cm

2014年 南西フランスでのスケッチ作品です
早朝のスケッチは
眠いし、、重い画材を山のように抱えスポットまでのアップダウン
汗だくになり、老体には結構キツいですが
やはり最高に気持ちの良いものです
朝の音が聞こえます 風の音でも樹々や葉のこすれる音でもない
ピチ、パチっと空気の弾ける音です

村田 旭

「15の時の音」パステル 38/36cm

パステルという画材の魅力を語らせたら
もうそれは永遠と大変な事になっちゃいますが
少しだけ
水彩も油彩も基本は筆を使って(通して)支持体に描きますが
パステルの場合は指でこすりつけます
直接手を支持体にくっつける。。私は右左指5本ずつ
手のひら、側面あらゆる所をつかって強弱をつけながら紙にのっけます
「魂」ごとそのまま紙にのせる!と言う感じ