検索

ユーザー ハッシュタグ

山田勇魚【美術作家】


現在値 0.003425BTC
時価総額 3.425000BTC
発行VA数 1000VA
東京藝大で助手をしながらアニミズムをテーマに作品を制作しています。

【アーティスト向け優待】
VALUは様々なジャンルのクリエイターさん達が他のSNSとは異なる価値基準で出会える稀有な場だと思っています。
このチャンスを生かすための優待の一つとしてアートイベントへの応募権を優待に設定しました。
単発のオフ会チックな展示会ではなく、継続的に高クオリティなアートイベントを行う予定です。

【個人的な作家活動】
現在は模型の沈没船(主に第二次世界大戦中に沈んだ日本の軍艦)を樹脂に封入する「帰港」シリーズをメインで制作していますが、ゆくゆくは模型ではなく実物の一部をサルベージして巨大な作品にし、広島県の大和ミュージアムに寄贈したいと企んでいます。
他にもグラスの中に海底都市を表現した水没都市シリーズや、古くなった道具が妖怪化する付喪神シリーズなど様々な作品を制作しておりますので一度ホームページをご覧いただけると幸いです。
http://yamadaisana.strikingly.com

【近々の展示予定】
8/9〜15 伊勢丹新宿店5階 個展

【クラウドファンディング】
CAMPFIREで月500円から始められる一口パトロンも募集しておりますので作品に興味を持っていただけた方は暖かいご支援をよろしくお願いいたします。
https://camp-fire.jp/projects/view/36322

【略歴】
1988年 神奈川県生まれ
2014年 東京藝術大学美術学部デザイン専攻卒業
2016年 東京藝術大学大学院修了
修了制作 デザインN賞 受賞

【代表作】
透明なクジラの体内に六道輪廻の世界を表現した修了制作「輪廻」が2016年の初めにTwitterで話題となり、テレビやwebニュースなど各種メディアで取り上げられました。

【海外での活動】
国内の個展やグループ展はもちろんのこと、ニューヨークやベルリンでのグループ展の他、フィリピンや台湾など海外でのアートフェアにも出展しています。
山田勇魚【美術作家】

代官山蔦屋で個展を開催しております。
http://real.tsite.jp/daikanyama/event/2018/03/from-tee-seabed.html
作品はもちろんの事、活版印刷ポストカードやトートバッグ、Tシャツなども販売しております。
山田勇魚個展「From The Seabed」
2018年03月26日(月) - 2018年04月30日(月) 蔦屋書店2号館 1階 ギャラリースペース

山田勇魚【美術作家】

個展無事終了しました!これから搬出です

山田勇魚【美術作家】

年明けに新宿のACTギャラリーで個展を開催いたします!

代表作「輪廻」も所有者のご厚意により個人蔵作品としての展示が実現いたしました。この機会にぜひご高覧ください。

■期間 2018年1月30日(火)~2月11日(日)月曜休館

■時間 11:00-20:00 (展示最終日変更有)

■場所 The Artcomplex Center of Tokyo (ACT) ACT1

〒160-0015 東京都新宿区大京町12-9

また、3月には代官山蔦屋書店での個展も開催予定です。こちらもご期待ください!

山田勇魚【美術作家】

HITAKIBAの告知をしていますが、詳細がわからないと行きづらいですよね!
なので展示作品の一部を軽く紹介します。
画像は一枚ずつしか貼れないみたいなので。
何回か連続投稿しますがご容赦ください。

まず1つ目「Poetic structure 04 / 息を建てる」青沼 優介

タンポポの綿毛を10000本ほど使用して機能の無い建築物を56棟建てた作品です。
ちょっとした鼻息でも揺れるような柱と屋根で、息の形を表現しています。

山田勇魚【美術作家】

今週の土曜日はHITAKIBAレセプションパーティー!
15名以上の出展作家が勢揃い。
アーティストトークやパフォーマンス、ライブペイントなどのイベントもあります。
歴史ある銭湯でドリンク片手にアーティストと語りましょう!

■会場オープン 15:00

■オープニングパーティー 17:00~20:00

■アーティストトーク
グループ1 17:00~17:30
グループ2 17:30~18:00
グループ3 18:00~18:30
グループ4 18:30~19:00

…………………………………………………………………………

HITAKIBA

昭和レトロな浴場に
18人のアーティストが集まったら
楽しくて美しくて不思議な
異空間ができました。
 
男湯、女湯、脱衣所、待合室、普段は決して見ることができない居住スペースや窯場まで、銭湯を探検しながらアートを楽しめるイベントです。

開催日 2017年12月1日〜24日の金・土・日曜日
開館時間 15:00 – 20:00
会場 東京都文京区根津2-19-8 宮の湯
出展者 青沼優介/青柳諒/麻生啓史/井桁宗亮/一ノ瀬健太/金田郁実/小金澤京/佐久間露涓/塩出麻美/玉瀬亮平/永井寿郎/中村茅乃/橋本瞭/福岡英輝/藤村駿斗/三宅世梨菜/山越真衣/山田勇魚
チケット 大人1100円 学生500円
(中学生以下は無料)
期間中、何度でも入館できます。
http://cirq-cirq-cirq.com/letter/

山田勇魚【美術作家】

12/1から始まるグループ展に向けて、錆びた鍵の付喪神を制作しています。
巣箱はヒタキバ裏手の壁面に、鳥籠は吊るして展示する予定です。
付喪神の神性を強調するため、薄暗い空間に浮かび上がる真っ白な作品に仕上げました。
http://cirq-cirq-cirq.com/letter/

山田勇魚【美術作家】

徐々に搬入が進み、展示会場らしい雰囲気になってきました!
根津の元銭湯を舞台にしたグループ展「ヒタキバ」は12/1(金)から始まります
cirq-cirq-cirq.com/letter/

お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください!

山田勇魚【美術作家】

ヒタキバの制作と並行して客注作品も少しずつ進めております。
写真は前回の個展でご注文いただいたジンベエザメたち、中に入っているのは戦艦大和です。

山田勇魚【美術作家】

先ほどの画像が小さかったのでDMの写真だけ再アップ!
名刺サイズなので気軽に渡せて便利です。

山田勇魚【美術作家】

根津駅から徒歩1分の元銭湯「宮の湯」で12/1からグループ展を開催します。

男湯、女湯、待合室、脱衣所、居住スペース、そして火焚き場。
通常では見られない銭湯の裏側も全てが展示会場です。
ただ眺めるだけではなく、触って楽しめるインタラクティブな作品も!
通常のギャラリーとは一味違う銭湯ならではのアート観賞が経験できる展示です。

道路に面した洗濯機置き場にDMが置いてありますので、お近くにお越しの際は是非お持ち帰りください。

HITAKIBA~芸術家と文通する日~
開催日 2017年12月1日〜24日の金・土・日
会場 東京都文京区根津2-19-8 宮の湯

チケット 大人1100円 学生500円
(中学生以下は無料)
期間中、何度でも入館できます。

開館時間 15:00 – 20:00
http://cirq-cirq-cirq.com/letter/

山田勇魚【美術作家】

代官山蔦屋書店の文具売り場にて作品の展示販売中です。
期間は1月上旬まで

山田勇魚【美術作家】

先週日曜日から芸大デザイン科の先生1人、学生2人、助手1人の計4名でベトナム美術大学を訪問しております。
現地の学生を対象にした講義では、先生と学生が藝大の概要と各自の研究の発表をし、私はおまけで付喪神作品と日本の民間伝承の関係について話しました。
来週には帰国する予定です。

山田勇魚【美術作家】

ハノイの美術大学訪問のため、ベトナム出張中です。
ベトナム風つけ麺のブンチャーが美味しすぎる!!

山田勇魚【美術作家】

先週土曜日にグループ展の顔合わせをしました。
優待でご応募いただい絵描きのタマさんhttps://valu.is/nudiebeansも参加決定!
会場である元銭湯「宮の湯」の下見と展示内容の打ち合わせ、作品の取り扱いや搬入出方法など基本的な事項の確認を行いました。