BOTと暗号通貨で経済へ貢献!

検索

ユーザー ハッシュタグ

山形 誠

代表取締役社長兼プログラマー

現在値 0.001500BTC
時価総額 1.500000BTC
発行VA数 1000VA
株式会社クラウズ 代表取締役社長兼プログラマー。

千代田区にある株式会社クラウズの代表やってます。
プログラマーの地位向上を目指し、経営者になってもプログラマーの肩書きは下ろしません!w

そんなこんなでPythonで暗号通貨BOTで奮闘中。
checkio.orgにも登録してます。
山形 誠

ゲームショウに出展します。

https://www.jiji.com/sp/article?k=000000005.000026515&g=prt

クラウズプレイカンパニー、おしゃべりシリーズ第2弾「おしゃべり!カケジョ!」の配信を開始。 :時事ドットコム

[株式会社クラウズ]TOKYOGAMESHOW2018に出展!「おしゃべり!ホリジョ!」「おしゃべり!カケジョ!」の両タイトルをプレイアブル展示。クラウズが行っている女子プロダーツプレイヤー応援サ...

時事ドットコム
山形 誠

Aボタンを押すタイミングが全てのランアクションゲームをリリースしました。

https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000014286

Nintendo Switch|ダウンロード購入|おしゃべり!カケジョ!~奪われたドットコインを追え!~

超!疾走感! 可愛い女の子たちのジャンプアクションで 奪われた仮想通貨を回収せよ!

任天堂ホームページ
山形 誠

アービトラージシステム、リアル取引の結果ですが、、、、、
エラーでコケてましたw
原因は、BTCBOXのAPI仕様が変わっていてそのため、認証エラーを吐いていました。
修正はすでに終わっていますので、再度、システムを走らせてみます。

今後もこういった事がありそうですので、継続サポートは必要ですね。

山形 誠

本日は、ちょっとしたトラブル対応と、AIについての技術的質問対応、それから予定通りにアービトラージシステムのリアル取引テストを開始しました。
トレードボリュームはとても小さくしています。(裁定取引が成功すれば10円くらいずづ稼げる予定w)
ただし、ここのところ取引所間のスプレッドが小さくなってきていますので、裁定機会は少なくなってきています。
ある程度の動作が確認できましたら、先物取引をからめたアービトラージの開発に移りたいと思います

山形 誠

弊社のゲーム部門であるプレイカンパニーのプレジデントがシシララTVに出ます。
新作ゲームのプレイ実況をする予定になっています。

https://www.4gamer.net/games/135/G013574/20180907118/

シシララTV,9月10日配信会は「おしゃべり!カケジョ!」を実況プレイ

新作アクション「おしゃべり!カケジョ!」をつくった人と実況配信元シシララTV配信日2018/09/07<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>  今回のシシララTV「つくった人が...

山形 誠

9/4にあったプレゼンは弊社の技術力がきちんと伝わったようで、さっそくIPOへ向けた体制づくりのお話になってきています。
最後まで、どうなるかは分かりませんが、いまのところは順調と言っていいでしょう。

さてビットコインですが71万台でいくつか仕入れましたので、アービトラージの実際の取引を含めたテストができるよう今週末に開発を進める予定です。
あとは、ビットコイン先物を使ったアービトラージというアイディアもあるのですが、これは今の取引所間アービトラージがひと段落ついたら作り始めたいと思います。

山形 誠

BTC相場は完全に予想の逆を突かれました。
アセンディングトライアングルとみるべきでしたね。
しかし、ネガティブ要素をものともせずに上昇するというのは、現在の投資家心理はポジティブなんでしょうか。

ショートは今朝の上げでかなり減少しました。
ロングは増加傾向。
このあたりをどう読むか、ですね。

山形 誠

BTC昨日の値動きは73万を見て反発したんですね。
短期のテクニカル的にはペナント下抜けに見えますので、もうちょい下降すると予想しています。

中国方面でネガティブなニュースも出ていますし。
ロング/ショート比率もロングがたまっていますので、下への圧力が掛かってくる局面ではないでしょうか。

http://virtualmoney.jp/I0003355

中国2大決済システム「仮想通貨決済禁止」|アリババ「中国政府の仮想通貨”OTC取引”監視に協力」と発表 | 仮想通貨まとめ

中国ではさらに仮想通貨への規制が厳しくなりそうです。中国における2大決済システムであるアリペイとウィーチャットが、仮想通貨決済を禁止すると発表しました。また、アリペイ運営をするアン...

山形 誠

予想通りBTC価格が落ち着いてきてますね。
もう二段階くらいおちついたところで仕入れます。

山形 誠

アービトラージシステムの途中経過(デモトレードまで)をGPL3でgithubに上げました。

実際のトレードの部分についてですが、アービトラージではその仕組み上、一定の数量のビットコインを在庫しておく必要がありますので、もうすこし価格が落ち着いてからテストを開始します。
売買については現時点での動作では有効にしていませんが、ソース上は実装を進めています。

アービトラージの動作の仕組みをおさらいすると、二つの取引所間の価格差を利用した裁定取引となります。

取引所Aと取引所Bがあり、取引所AがBよりも5,000円高い値を付けていた場合、取引所Aで売り、同時に取引所Bで買います。(その後、価格差が落ち着いてきたタイミングで反対売買を行いポジションの解消をします)
つまり、売る分のビットコインを予め持っている必要がでてきます。
であれば、なるべく安く買いたい(笑)(価格が上がった時にビットコインをシンプルに売る事でも利幅を取りたい、という思いがでてきます(笑))

個人的には現時点では少し買われすぎの相場だと感じていますので、下落した後に仕入れる予定です。

信用売りを実装する事で在庫がなくても可能なのですが、片側しか約定しなかった時のリスクが大きいかなと感じていまして、現物取引に限定しようと考えています。
(ロングは家までショートは命まで、という格言(?)もあるようですし。。空売りは怖い)

https://github.com/yamagata-makoto/btcarb

yamagata-makoto/btcarb

btcarb - bitcoin arbitrage bot

GitHub
山形 誠

BOXでchunked uploadを実装する人の参考になれば幸いです。

https://github.com/yamagata-makoto/box_chunked_upload

yamagata-makoto/box_chunked_upload

Contribute to box_chunked_upload development by creating an account on Github.

GitHub
山形 誠

昨日、IPOのプロフェッショナルチームとミーティングさせていただきました。
詳細はかけないのですが、全員すばらしい経歴の持ち主で、本当に勉強になりました。
次のステップとして、現状の社内の管理体制をみてもらいます。

アービトラージシステムのほうですが、本業が忙しくなってきましたので、土日に集中的に実装という事になりそうですが、地道に進めます。

優待について、ソースコードのライセンスより詳細な設置マニュアルや運用ノウハウのほうが良いのではないか、という意見がありました。
ソースコードはオープンソースにして、マニュアルやノウハウを公開していく形でも考えてみたいと思っています。

山形 誠

寝込んでる間に手に取ったトレーディングの心理学系の本がとても興味深く、開発の手をとめて、一旦これを読み込もうと思います。

アービトラージだけでは利幅が小さいので、他のbotトレードについても研究しようと思っていた矢先に、いい本に出会いました。

山形 誠

夏風邪なのか朝から頭痛がひどく少し休養をとります。

山形 誠

ICOを成功させた会社との会食は非常に有意義なものでした。
取引所の裏話なども聞けて、怖いなぁとも思いましたが(笑)

私は、一昨日から昨日まで札幌支社のほうへ出張しておりました。
ゲームは主に札幌で開発しているのですが、リーダーがなかなか育たず組織として不完全なのが心配のタネです。
技術は良いものをもっているのですが。

本日より帰省の予定ですが仕事はリモートで行います。


VALUの優待期限はもちろん延長させていただきます。

ただもう少し内容を整理して、例えばアービトラージシステムも開発途中のソースもすぐにでも使えるようにしたいと思います。

それにはGPL3とMITのデュアルライセンスにてオープンソースとし、MITライセンス適用の条件としてVAの保有としたいと考えています。

山形 誠

急遽、某TV局の案件の相談が入ってきてしまい、私のほうで調査をする事になりました。
経営とプログラマの二足の草鞋なので、これまた仕方なし。
ここをうまく対処すると、とても良い取引先になりそうです。

アービトラージシステムはリアル取引部分の実装を進めました。
注文が通る事と、注文をキャンセルできる事、入っている注文を閲覧できる事、という3点をプログラミングして実際に動かして確認しました。

注文量の決定、BestASK/Bidのピックアップ、指値の決定はできていますので、基本的には繋ぎこめばOKなハズです。
ただ、そこには相手先のサーバーエラー等、いままでのシミュレーションでは想定していなかった事態が出てきますので、一筋縄ではいかない事も理解しています。

ひとまず、某TV局案件のほうを進めてしまいます。
ある程度、ビジネス的な目途が立ったのちに然るべき担当者へスイッチします。

老害プログラマにならないよう、新しいプログラミングは常に学んでいます。

ファイナンスのほうは、大きな進展はありませんが、明日、ICOで大きく資金を調達した会社のCTOの方と会食してきます。
これはこれで、いろいろと勉強になりそうなので、ワクワクしています。