折りたたみ家具界のナンバーワンに!

Takashi Tsunoda

デザイナー

現在値 0.000380BTC
時価総額 1.900000BTC
発行VA数 5000VA
おもちゃからアウトドア家具まで、自身でデザインし、工場を見つけ製造、営業と販売(卸とウェブ通販)まで全てを手がけています。

アウトドア家具YOKAシリーズを、よりいろいろな場面に届けていきたいと思っています。

------------------------------------------------------

出身は群馬県前橋市。大学は京都市立芸術大学でグラフィックデザインを専攻しましたが、在学中からバンド活動にハマり、卒業後も就職はせず「反重力ジョニー」などいくつかのバンドで活動していました。HIPHOPのトラックを作ったり、ギターをひくときもありますが、基本的にはドラマーです。しかし音楽活動に限界を感じ、バイト先であった㈱コトに入社。ゲームデザイナーの道へと進みました。

その頃は2つ折りのケータイゲームで、ドット絵のキャラなどを描いていたのですが、そのころ覚えた「いかに少ない要素で、物事を表現したり、伝えたりするか」ということが、今の僕に多大な影響を与えています。

ゲームを作るうちにプログラムにも興味を持ち、FLASHでのアクションパズルゲームを作れるくらいになり、「企画をたて、キャラクターを作り、実際に遊べるサンプルを作れるデザイナー」に。

5年くらいたったころ、別部署で始まったプロジェクト(新聞紙からユーザーが紙パイプを作れる機械を売り、それで工作をしてもらおうという企画)に首を突っ込むうちに、印刷された紙パイプを切って組み立てると人形が出来上がるという商品「パイプロイド」を考案。当時は主に受託仕事が専門だった会社の中で、唯一「自分がデザインしたものを製造し、販売もする」という一人部署が出来上がりました。

デザインから製造、販売までをノンストップで手がける手法を他のものにも広げるべく、2009年に独立。新たに商品を作り出しました。東日本大震災で、ものづくりへの姿勢がリセットされる体験をしましたが、気持ちを新たに考案した木と紙の工作「プレイデコ」はグッドデザイン賞を受賞。

2013年、株式会社トゥエルブトーンとして法人化しました。

2014年までは小物を中心に販売していましたが、2015年からは木の工作のアイデアを生かし、薄くたためる、板からできたアウトドア家具「YOKA」シリーズを考案。

現在はこれを製造、販売すると共に、キャンプシチュエーションのスタイリング、イベント運営などでも活用しています。