奈良県内で主に奈良を代表するイチゴ「アスカルビー」の生産販売
自社農園をはじめ奈良県産農産物を使用した加工食品の企画販売を行っております。
一般的なサラリーマン家庭で育ち研修などを経て認定農業者となり農業分野に新規参入しました。後継ぎではなく創業1代目になります。

農業をはじめてから様々なことを経験し農業は多くの部分で利益を搾取されていると体感し、現在「搾取されない新しいスタイルの青果店×α」を開業できないかと計画中。

ホームページ:http://www.narazen.net
スポンサー:随時募集中です。

〔調達資金の活用項目〕
─────────────────────────
■ イチゴ高設栽培用の土の購入
 (現在50mハウス1棟に高設ベンチ建設中)
■天理圃場の広場に敷く人工芝の購入
 (子供が遊んだりドッグラン、BBQなどイベント広場として活用)
■ イチゴ栽培規模拡大のための中古ビニールハウスの購入
■ 中古ミニユンボ(1,2tクラス)の購入
 (土地の整備やビニールハウス建設に活用、使用しないときはレンタルで貸し出し)
■ ブルーベリー狩り圃場の整備、ブルーベリー苗の購入

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『 奈良を真に楽しみ感じる観光へ 』

奈良県には年間を通じて多くの観光客が来られます。
その多くは大阪や京都に宿泊し"日帰り"で奈良へ来られ、奈良公園周辺のみで観光を楽しまれます。

「なぜ日帰りなのか?」
それは奈良公園周辺だけであれば1日である程度楽しむことが可能なことなどが日帰り観光に影響しています。

奈良公園周辺には何の工夫もしなくても観光客が訪れ、ある程度の商売が成り立つためその商売方法を「大仏商法」と言われ奈良県の中部や南部などの開発が疎かにされています。

近年になり中部や南部へホテルの建設など開発が進んでおりますが、ホテルがあるから宿泊者数が増えるのではなく
楽しめるコンテンツがあるからこそ奈良へ訪れ宿泊いただけるものと考えております。

Nara善は大阪や兵庫、京都からも近く自然が多く残る奈良に体験・観光型の農園を県内各地に創出することで奈良市から奈良県中部、南部へも観光にお越しいただけると確信しております。

体験観光型の農園を創出すことで1つの観光コンテンツが増え、奈良県内での滞在時間が増します。
その結果として奈良に宿泊いただけるきっかけになると確信しております。
奈良には多くの自然がありますが、ただ自然があればよいのではなく実際に自然を体感し楽しめる観光コンテンツを増やし他府県にはないもので差別化していくことが肝心であると考えております。

イチゴ狩りなどの観光農園へお越しいただくお客様の多くがカップルやお子様連れ、お孫さん連れのお客様です。
お客様の多くに共通しているのは「想い出づくり、食育、実際に体感したい」ことなどがあげられます。

ただ農作物を生産、販売するだけではなく、農業を体感し楽しめる観光農園を創出することで大切なご家族や恋人と楽しい思い出を作れる価値をご提供できれば幸いです。

これまでの歴史的文化財のみだけの観光だけではなく
もっと奈良を真に体感していただける観光にすることでお客様の年齢層に幅が生まれ、さらなる観光ジャンルや業種が生まれ地域経済の活性化、発展に繋がると考えております。

これまでの下請けのような農から自らが企画、挑戦し地域が発展していく農業へと尽力してまいります。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『 農家から農業家へ 』

農家と言われる方たちの多くは家族経営で農を行ってこられ、家族経営により人件費などのコストが曖昧に管理され、無駄な手間と必要な手間の認識が正しくされず新しい技術や挑戦を嫌う傾向があります。
それゆえ効率的な生産を行えず正しい利益を上げられないことで家族の誰かが体調を崩したりすれば栽培規模を縮小したり廃業しなくてはなりません。
正しい利益を上げられない企業が廃業することは自然の流れであり、農を行っている人、自らが農ではなく業としての農業へと変革しなくてはなりません。

しかし、国内の農業は農を行っておられる多くの方々に底支えいただいているにも関わらずその対価とはかけ離れ、多くを搾取される環境が続いてきました。

ホウレンソウが1つ100円という価格で売られている場合、中間マージンや人件費を差し引けば農家の利益は20円にも満たない可能性があります。
さらに収穫後でも農産物が痛むことなどで廃棄する物の損失も含めれば利益はさらに薄まります。

このような農では適正な利益を得られることは少なく新しい設備や施設への投資も行えません。
次への投資ができないということはタイムリミットが決められた状態でその時が来るのをただ待つだけの経営となります。

結果として十分な利益が出なければ生活も不安定になり後継者も後を継ぎたいとは思いません。
正しい利益を得て農業を行っている農業家は発展し内外からも魅力的に見えることで後継者も積極的に現れ将来に悩むこともなくなります。

Nara善は地域経済の発展に寄与することが大切であると考えており、一企業として正しい事業循環を創り上げ
農家ではなく地域の業「農業」「農業家」として運営することで適正価格での販売を行い、正しい対価を得ることで利益を上げ新規の施設投資や地域雇用の創出に繋げてまいります。
Manifesto
Posted Activities