キーワードを入力

ユーザー ハッシュタグ
中村 幸也
五児の父であり、「あきらめる勇気」の著者です。http://amzn.to/1lmkfGZ

最近は・・・っていうかずっとだけど、自分の書きたい事を毎日ブログで書き続け、もうじき七年です。中卒、元暴走族の物書きです。

子どもたちと接しながら感じるのは、子どもたちを自由に生きさせてあげれば、凄い可能性を発揮するという事。我が家の子どもたちも色んな事に挑戦していますが、どんどん成長しているのがわかります。

これからの時代は自分の好きな事、やりたい事をしながら生きられる時代。色んな事に挑戦しながら、作家としてもバンバン活動していきます(^^)
See More
VALUを売買する
金澤倫臣/M.Kanazawa 10VA
レゴシャッチョウ@元レゴ好き社長 5VA
セミ丸T.A 3VA
Yukawa 2VA
ドイツ語話せるエンジニア@名古屋 2VA
鈴木和樹@フードバンク推進中 1VA
Kazuo Teramoto 1VA
まつうら ゆうこ 1VA
北畠徹也@VALU生き字引(バンコク) 1VA
Naoki Shiho 1VA
中村 幸也

【二十三年前の今日】
 
友人の家で寝ていた僕は、
激しい地震の揺れで目を覚ました。
 
二十三年前の今日。
阪神淡路大震災。
 
その数週間前、
パンチパーマでメッシュを入れ
刺繍入りの制服で家に帰ったら、
母親に大声で怒鳴られた。
 
 
「出ていけー!」と(笑)
 
 
小学生の頃から僕は事あるごとに、
よく家を追い出されていた。
 
「家出したのか?」とよく人に聞かれたが、
そうではない。
 
家を追い出されたのだ。
 
家を追い出された僕は友人の家から学校へ行き、
悪さばかりをして過ごしていた。
 
 
二十三年前の僕は中学生だ。
 
 
眠っていた僕と友人は
激しい揺れで目を覚ます。
 
「いま・・・揺れたよな?」
「おぉ・・・揺れた・・・」
 
その直後に更に激しい揺れが襲い、
棚から本が飛びだしてくる。
 
「ヤバい!!!」
 
友人と僕は飛び起きて地震が静まるのを待った。
やがて揺れが収まり、僕たちは再び眠りにつく。
 
 
朝になってテレビのニュースを観て驚愕した。
 
 
兵庫県、特に神戸市市街地の被害が甚大で、
とんでもない事になっていたのである。
 
家の事が心配になった僕は家に帰った。
 
すると母親はこう言った。
「何しに帰ってきてん!」と。
 
 
あれから二十三年・・・。
 
 
今、こうして僕は生きている。
そう、生かされてきたのだ。
 
すべての命というのは、
「生の死」の上に成り立っている。
 
だから僕にもあなたにも必ずいつか
死ぬ日が訪れる。
 
でも死から目を逸らすのではなく、
死を受け入れて生きていこう。
 
僕たちは誰もが生を授かり、
今この瞬間を生きているのだから。
 

中村 幸也

【終わりは始まり】
 
人生というのは常に変化の連続である。
一瞬といえでも同一性を保持できない。
 
まさに「諸行無常」だ。
 
この世のあらゆるものが常に変化し、
不変のものは何ひとつないのである。
 
しかし多くの人が安定を求めるあまり、
変化を恐れてしまう。
 
「いつまでもこのままでいたい」
「いつまでも同じであってほしい」と。
 
 
でもそれはあり得ない。
 
 
自らが何かを変えようとしなかったとしても、
誰も変化していくものは止められないのだ。
 
だから変化を恐れるのではなく、
自ら創造していこう。
 
だって人生とは変化の連続なのだから。
 
生きていると時に人生を変えるくらいの
大きな変化と出会う瞬間もある。
 
 
そしてそれはほとんど予測不可能だ。
 
 
良い方に変化する事もあれば、
悪い方へと変化する事もあるだろう。
 
しかし必要以上に変化を恐れてしまっては、
前にある新しい可能性を見逃してしまう。
 
なぜなら、扉というのは常に前に開くもので、
後ろを向いていては気づかないからだ。
 
だから変化を恐れず、
創造する人であろう。
 
 
そして前を向いて進んでいこう!
 
 
何かが終わりを迎えた時というのは、同時に
新しい何かが始まる時でもあるのだから。
 
あらゆる変化を受け入れて、
それを楽しんでいこうぜ(^^)
 

中村 幸也

【着せられた服を脱ぎ捨てよう】
 
日本には江戸時代からの価値観で、
「恥をかいてはいけない」というのがある。
 
江戸時代の武士は恥をかくくらいなら、
切腹して死んだ方がマシだと考えた。
 
日本人にはその価値観が未だに残っており、
恥をかかない事を第一に考えて、
行動している人が多い。
 
幼い頃から「恥をかいてはいけない」
という服を着せられた子どもは、
失敗を恐れて何事にも挑戦しないまま
人生を終えてしまったりする。
 
しかし自分自身を成長させたいのであれば、
たとえ日本の美学に反したとしても、
恥をかいて生きた方がいい。
 
なぜなら、恥をかく事を避けると、
新しい事に挑戦しにくくなるからだ。
 
 
挑戦に失敗はつきものである。
 
 
新しい事に取り組むとうまくいかずに
恥をかく確率も高くなる。
 
でも恥をかく事を避けていては、
何も行動しないまま人生を
終える事になるだろう。
 
失敗を恐れて挑戦しない人生は、
大きな失敗もしないし、
恥をかく事もないかもしれない。
 
でもそれだと新しい出会いもないし、
自分の隠された可能性を
発見する事もできないだろう。
 
 
だから着せられた服を脱ぎ捨てよう!
 
 
「恥をかいてはいけない」なんて服を脱げば、
もしかしたらもっと自分に合ったドレスも
見つかるかもしれない。
 
「その服のサイズしかあなたに合わない」
なんて、ただの思い込みだ。
 
そもそも人生に正解なんてない。
 
だから目的に合わせて色々な服を着て、
自分なりに試してみるしかないのである。
 
うまくいく事もあれば、
うまくいかない事もあるだろう。
 
でも、ダメならダメで
何回もチャレンジすればいい。
 
 
それでもダメならやり方を変えてみればいい。
 
 
一時の恥を避けて人生を終えるより、
一時恥をかいても成長する方が、
きっと楽しい人生になるんじゃないかなぁ、
と僕は思う。
 

中村 幸也

【周囲の成功者が羨ましく見える時】
 
現代は情報過多な時代である。
 
色んな人たちの活動がSNSなどで
リアルタイムで流れてくる。
 
そうした活動を見て、
自分がちっぽけに思えて
落ち込む人もいるかもしれない。
 
周囲が成功して羨ましく思ったり、
リア充な人たちに嫉妬したり・・・。
 
そんな時は心を落ち着け、自分が
持っているものに目を向けてみよう。
 
 
誰だって必ず何かを持っているはずだから。
 
 
自分にないものを数えて嘆くばかりでは、
いつまで経っても心は満たされない。
 
「コップに半分しか水がない」と叫ぶより、
「コップに半分も水がある」と言える人の方が、
心に余裕があると感じるだろう。
 
心に余裕を持てば周りに流される事もなく、
他人と比較して嘆く必要もなくなる。
 
そう、みんなが頑張っているからといって、
自分も頑張らないといけないわけじゃない。
 
 
自分は自分であればいいのだ。
 
 
頑張りたいなら頑張ればいいし、
自分が好きなように今を生きればいい。
 
「友がみな われよりえらく 見ゆる日よ
花を買ひ来て 妻としたしむ」
 
これは明治の歌人、石川啄木の歌である。
 
周りに負けまいと無理をして、
自分の意志に反する行動をしなくても、
日々の幸せを感じるだけでも幸せじゃないか。
 
他の誰かとわかりあえない時だって、
僕たちは誰もが「自分」という最強で
最高の味方を持っている。
 
 
その自分を信じればいい!
 
 
特に優れたものが何もなくても、
「私はこれでいいんだ」と言ってみよう。
 
才能も実績も根拠もなくていい。
「自分に自信がある」と認めてあげよう。
 
こんな最高な自分と今日も好きなように
生きられるのだから。
 
自分のペースで自分らしく、
自分だけの人生を生きていこうぜ(^O^)
 

中村 幸也

【自分で自分を認めればいい】
 
誰かに認められる為に、
必死で頑張っている人がいる。
 
「弱い自分じゃダメなんだ」
「強くならなきゃダメなんだ」って。
 
誰かの共感を得る為に自分を押し殺したり、
誰かの役に立とうと無理をしながら・・・。
 
「フラフラしてちゃダメなんだ」
「しっかりしないとダメなんだ」って。
 
 
でも本当にそうだろうか?
 
 
人は誰もが強い時もあれば、
弱い時だってある。
 
ブレない時もあるし、
ブレる時だってある。
 
それが人の人生だと僕は思う。
 
本当に強い人ほど、
弱い自分がいる事も知っている。
 
そして今は強くあれたとしても、
いつか強くなれない自分になる事だって、
覚悟しているのだ。
 
 
それが真の強さじゃないだろうか?
 
 
完ぺきを求める人は、
完ぺきな自分自身になれば、
完ぺきな世界に住めると信じている。
 
しかし完ぺきな人なんて、
どこにもいない。
 
本当に強い人はいつか泣く日が来る事も覚悟し、
自分の弱さを受け入れながら生きている人なのだ。
 
だからありのままの自分を
自分がまず承認してあげよう。
 
あなたの人生を決めるのは他人ではなく、
あなた自身なのだから。
 
 
自分が自分を認めてあげれば、
生きるのはもっと楽になる。
 
承認欲求が強くなりすぎると
周囲から認められる為だけに、
無理をして自分を追い込んでしまう。
 
だから他人があなたに望む
「他人基準の人生」ではなく、
自分が望む「自分基準の人生」を生きる事だ。
 
あなたが生きているのは
誰かに認められる為じゃなく、
自分の人生を生きる為なのだから。
 
 
まずは自分が自分を認めてあげようぜ!
 

中村 幸也

【人生は壮大な遊び場だ!】
 
楽しそうに毎日を過ごしている人は、
「人生は壮大な遊び場だ」と考えている。
 
だから何か行動する時にも、
ちょっとした遊び心を入れたり、
ユニークな行動を取ったりする。
 
するともっともっと人生がオモシロくなり、
世界が大きな遊び場となっていくのだ。
 
たとえば、普通の人は決められた場所へ行き、
決められた機械的な行動を取るのに対し、
楽しそうな人は誰も行かなそうな場所へ行ったり、
通った事がない道を選んだりする。
 
 
そこで新しい発見をする!
 
 
誰も挑戦した事がない事に挑戦したり、
思いついたアイディアをとりあえず実行したり、
世界を遊び場にしているのだ。
 
しかし真面目で勤勉を美徳と考える日本人は、
何かと我慢しながら生きてしまいがちだ。
 
もちろん、真面目で勤勉なのが悪いわけではないが、
与えられた事をただ遂行するだけでは、
そこからユニークな発想は生まれない。
 
逆に適度に力を抜いてリラックスし、
ちょっとした“遊び心”を持った方が、
自然と心に余裕が生まれるものだ。
 
 
だから自分が楽しむのを大事にしよう。
 
 
これは仕事に関しても同じで、
遊びのように楽しむのが一番だ。
 
仕事と遊びの境界線がなくなる事を「フロー」と言い、
それが自己実現に近づく王道と言われている。
 
だから自分がやりたい事や好きな事に、
周囲の人が引くくらい夢中になって、
とことん遊び尽くしてみよう。
 
遊びの先には必ず、
新しい“何か”がある。
 
そうやって世界を遊び場にし、
人生そのものを遊び場だと考えれば、
きっと毎日は今以上に楽しくなるはずだから。
 
何をするにしても遊びだと考えて、
気軽に色んな事をやっていこうぜ(^O^)
 

中村 幸也

【結婚も子育てもシェアハウス】
 
ネットが普及した現代では、
互いにシェアリングできる自由がある。
 
車をシェアしあうカーシェアリングや、
共有と交流を楽しめるシェアハウスなど…。
 
さらには以前にもコラムで書いたが、
「シェアハウス わたしたちが他人と住む理由」
の著者、阿部珠恵さんと茂原奈央美さんは、
実際に妊娠してもシェアハウスな生活を送っている。
 
 
これは画期的な挑戦だと僕は思う。
 
 
日本人っていうのはどうも保守的で、
新しい変化を嫌う傾向が強い。
 
だからこれまでの常識がすべてだと信じ込み、
新しい生き方を否定しがちになる。
 
自分に理解できない事は否定し、
「気持ち悪い」と言う者もいる。
 
しかし何事もやってみなければわからないし、
常識なんてもんは時代の流れと共に変わっていく。
 
現に今はあたり前と思われている常識だって、
大昔の人から見たら非常識だったはずだ。
 
だから何をするにしても先駆けて挑戦する
「先駆者」は必要なのである。
 
 
そこから発見できる事がたくさんあるのだ。
 
 
結婚してもシェアハウス、
子育てもシェアハウスという
新しい生き方を提唱する事により、
これまでの常識の形が大きく変わる。
 
もしかしたらそこから
待機児童の問題解決への糸口が掴めたり、
保育のシェアという新たな形だって
生まれるかもしれないだろう。
 
そう、新しい挑戦には、
新しい発見があるものなのだ。
 
これから夫婦のあり方や家族のあり方、
ライフスタイルもどんどん変わっていく。
 
多様な価値観が認められる事により、
たくさんの価値観が広がっていく事だろう。
 
 
そして自分に合った生き方を選べばいい。
 
 
挑戦するからこそオモシロいし、
新しく見える世界も必ずあるはずだから。
 

中村 幸也

【働かないのは悪い事か?】
 
日本人というのは、
昔から「勤勉である事」を良しとし、
コツコツ働く事を美徳としてきた。
 
そして周りの人の顔色を伺って、
自分を押し殺して生きようとする。
 
多くの人が、
「真面目で勤勉であるべき」と思い込み、
そんな自分であろうと我慢して暮らしている。
 
しかし「働かない事」は、
そんなに悪い事なのだろうか?
 
 
「働かないヤツは怠け者だ」
 
 
なんて古い固定観念のおかげで、
うつ病患者は増加していく。
 
本当はやりたくもない仕事を嫌々して、
安い給料でそれを受けてしまうから、
人材の価値も時給も下落していく。
 
だからそろそろ働かない生き方を認め、
それを受け入れる社会にした方がいい。
 
本気で働きたい人がガッツリ稼いで、
そのお金を働きたくない人にまわせば、
みんながハッピーに暮らせるのではないか?
 
 
実は「蟻(アリ)」もそうやって生きている。
 
 
働いてばかりいるように見えるアリの中にも、
働かないアリが存在している。
 
そして働かない働きアリがいるからこそ、
アリは滅びる事なく集団存続できているのだ。
 
詳しくは働かないアリ研究者の
長谷川英祐氏著「働かないアリに意義がある」
を読めばわかるが働きアリだけのコロニーは滅びる。
 
 
そう、働かないアリも必要なのだ。
 
 
日本全体を良い方へと変えていく為には、
この辺の考え方から変える必要がある。
 
その為にベーシックインカムを導入し、
すべての日本人が最低限の生活費を得て、
誰もが自分の好きな事を仕事にすればいい。
 
これからは「働かないのが悪」
なんて時代じゃなくなる。
 
みんなが助け合って好きな事をして、
自由に生きていけばいいだけなんだから。
 
 
働かない人を責めても仕方ない。
 
 
その人のおかげで人類は
存続できているのかもしれないよ。